通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サキ短編集 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

サキ短編集 (新潮文庫) 文庫 – 1958/3/18

5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 464 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サキ短編集 (新潮文庫)
  • +
  • マンスフィールド短編集 (新潮文庫)
総額: ¥1,134
ポイントの合計: 36pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ビルマで生れ、幼時に母と死別して故国イギリスの厳格な伯母の手で育てられたサキ。豊かな海外旅行の経験をもとにして、ユーモアとウィットの糖衣の下に、人の心を凍らせるような諷刺を隠した彼の作品は、ブラックユーモアと呼ぶにふさわしい後味を残して、読者の心に焼きつく。「開いた窓」や「おせっかい」など、日本のSFやホラー作品にも多大な影響をあたえた代表的短編21編。

内容(「BOOK」データベースより)

ビルマで生れ、幼時に母と死別して故国イギリスの厳格な伯母の手で育てられたサキ。豊かな海外旅行の経験をもとにして、ユーモアとウィットの糖衣の下に、人の心を凍らせるような諷刺を隠した彼の作品は、ブラックユーモアと呼ぶにふさわしい後味を残して、読者の心に焼きつく。『開いた窓』や『おせっかい』など、日本のSFやホラー作品にも多大な影響をあたえた代表的短編21編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 225ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1958/3/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102026010
  • ISBN-13: 978-4102026014
  • 発売日: 1958/3/18
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 36,002位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 サキ(Saki)という作家の名前だけは以前から知っていたが、最近になって読んだところすっかり魅了されてしまった。何でもっと早く読まなかったのかと悔やまれた次第である。

 彼の135篇に及ぶ短篇小説(…というより掌篇・コントだが)から21篇を収録した本作。その多彩なラインナップの先鋒は、代表作「二十日鼠」だ。汽車の中で男性が1匹の二十日鼠にきりきり舞いする姿をユーモラスに描き、大どんでん返しの痛快なエンディングで締めくくる。これぞ短篇の傑作! この1作だけで彼のファンになってしまう人もいるだろう。

 また、「開いた窓」も<笑劇>的‼ 少女が語るホラーチックなストーリー、さてその結末は?……。その他、「おせっかい」「ある殺人犯の告白」「七つのクリーム壷」など、一読したら忘れられそうにない残酷と恐怖、冷笑とウイット、エスプリが渾然一体となった〈サキ・ワールド〉が格調高い硬質な筆致で展開される。

 本作に気をよくして、他作を渉猟したところ、発端から意外な結末まで緻密に構成された作品ばかりで、またまた“名刀の冴え”に引きつけられてしまった。そして、見えてきたのは何とも皮肉で辛辣な作家の姿である。高い地位に満足して納まりかえっている連中を目のかたきにして刀を振り下ろし、また大人と子供が対立する場合はいつも子供の肩を持つ……。常
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日本人が好きなO・ヘンリーほどサキは知られていませんが、これぞ短篇の醍醐味というべき鮮やかな結末を用意しています。ただし、前者が人情味のある味わい深い終わり方なのに対し、サキはいつも、見てはいけないものを見てしまったような奇妙な充実感?を与えてくれます。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yoshioki6 投稿日 2011/8/10
形式: 文庫
 短編のお手本のような作品集です。いずれも10頁程度の掌編なのですが、(ほろ?)苦い後味を余韻として残す作品ばかりで、読後しばし考え込むことが多く、休み休み読み、読了に結局二日かかりました。O・ヘンリとよく比較されますが、個人的には、中央公論社から700頁くらいの愛蔵版で20数年前に出た不二子不二雄の短編集に似た手触りを感じました。また、翻訳についてですが、サキについては新潮文庫の本書を約30年前に読んだのが最初で、その後、今は亡きサンリオ文庫の一冊目、そこでしばらく間が開いて久しぶりに本屋で見かけて買った筑摩文庫が前述のサンリオ文庫の、作品を発表順に並べ直しプラス新訳5編というほぼ同内容で、都合三回読んだのですが、分量的にも雰囲気的にも、新潮の中村能三訳が最もしっくりきたように思います。一読をぜひお勧めします。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
サキはまったく人間を信じていなかったのではないだろうか?サキの物語はそのどれもに明確にされない悪意が現れる。 代表作「開いた窓」は言わずもがな… あの短い物語の中にはその短さからは計り知れない「悪意」が描かれているのだ…
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
2作品とも、サキの魅力を知る上で欠かせない作品です。 これらが読めないのは中途半端な印象です。増補版を文庫化しないのは誠意がないです。複雑な事情があるのはわかるのですが…。
中村能三さんの翻訳はきれいな日本語で読みやすいと思いますが、 上記2作品の読める、ザ・ベスト・オブ・サキ(筑摩文庫)か、サキ選集(中村能三訳・創土社)を選択するのがベターでしょう。いずれも絶版中ですが、Amazonでは古書で入り手出来ます。
サキは原書が比較的容易に入り手できますので併せて読まれると良いと思います。
**新潮文庫版でしか読めない作品は、「ラプロシュカの霊魂」、「十三人目」。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
サキは、日本ではそんなに有名ではないけれど、欧米ではO・ヘンリと並ぶほど有名な短編の名手だそうだ。

私としては、サキの方が好みである。

シニカルさとユーモア、できすぎている偶然の悲劇がなんともおもしろい。

おすすめは「七番目の若鶏」「ビザンチン風オムレツ」「十三人目」。

どれもとても短いので、さっくりと読めて、なおかつ不思議な余韻が楽しめる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
私はこの手の短編集はロアルト・ダール、とこのサキに尽きると思っています。この中の「開いた窓」は私の最も好きな作品で最高傑作だと信じています。
中学生くらいから読めますのでぜひお読みください。虜になっても責任は持ちかねますがね^^。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー