通常配送無料 詳細
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サエズリ図書館のワルツさん 1 (星海社FICTI... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

サエズリ図書館のワルツさん 1 (星海社FICTIONS) 単行本(ソフトカバー) – 2012/8/17

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/8/17
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サエズリ図書館のワルツさん 1 (星海社FICTIONS)
  • +
  • サエズリ図書館のワルツさん 2 (星海社FICTIONS)
  • +
  • あやかし飴屋の神隠し (メディアワークス文庫)
総額: ¥3,164
ポイントの合計: 57pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



雑誌100円OFFキャンペーン
期間限定でファッション誌など対象の雑誌が100円OFF!9/30(金)23:59まで 対象一覧 へ

商品の説明

内容紹介

本が手の届かないほど遠くにあると思っていたこと。
本が母と娘を繋ぐ絆であったこと。
本が祖父への畏れであり、忘れ得ぬ思い出であったこと。
そして、強すぎる願いゆえに、たった一冊の本すら手放せないこと。
そこにあるすべての本には数え切れない“想い”があり、そこに集うすべての読者にはその数だけの“物語”があった。
さえずり町のサエズリ図書館。
それは本の“未来”が収められた、美しく、不思議な図書館。
紅玉いづきが詠う、すべての書物への未来譚(ラブソング)――。
あなたにとっての大切な一冊は、きっとここでみつかる。

内容(「BOOK」データベースより)

本が手の届かないほど遠くにあると思っていたこと。本が母と娘を繋ぐ絆であったこと。本が祖父への畏れであり、忘れ得ぬ思い出であったこと。そして、強すぎる願いゆえに、たった一冊の本すら手放せないこと。そこにあるすべての本には数え切れない“想い”があり、そこに集うすべての読者にはその数だけの“物語”があった。さえずり町のサエズリ図書館。それは本の“未来”が収められた、美しく、不思議な図書館。紅玉いづきが詠う、すべての書物への未来譚―。あなたにとって大切な一冊は、きっとここでみつかる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 296ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/8/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406138838X
  • ISBN-13: 978-4061388383
  • 発売日: 2012/8/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.3 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 413,867位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

『ミミズクと夜の王』と『雪蟷螂』を読んで、残酷な童話やシリアスなファンタジー風の作家という印象を抱いていました。
しかし、今回の作品はこれまでとは異なり、世界観全体に温かく優しい雰囲気が満ちています。
4話の構成で、それぞれサエズリ図書館を訪れる人たちとワルツさんの交流の物語が描かれます。
ただ、ハートフルな印象ではあっても、登場するキャラクターたちが善人とは限りません。もちろん、ワルツさんも。
書かれる世界は未来ではありますが、そこに暮らしている人々は、私たちの身近にいそうな人たちなのです。
彼女らは「本を愛している」あまりに、過激な行動に出てしまうだけなのです。
ぜひ、本を開き、サエズリ図書館を訪れて、ワルツさんたちに出会ってください。
この世界への旅は、心に残る思い出になるでしょう。

(蛇足。個人的にカミオさんが可愛くてたまりません。こんな子がいたら、お局さんでなくても、いじめたくなっちゃうと思います)
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最近はスマートフォンなどモバイル型情報端末機器の普及に伴って電子書籍なども普及し始め
「便利そうだけどなんか違うな〜」と違和感を覚えておられる愛書家も少なからずおられるかと思います

紅玉いづき女史の最新作はあらゆる情報が端末経由で得る物となり「本」というメディアが普通の人には
縁遠いものとなった時代が舞台です。そんな「本」が貴重品である時代に何故かとある地方に設けられた
サエズリ図書館の来館者と図書館の代表にして司書であるワルツさんの交流が優しい文体で描かれています

無論「本」が珍しい時代ですから登場する人物も「本など読んだ事が無い」という女性から
「本など道楽者が集める贅沢品」という男性まで現代の図書館利用者からは想像もつかないタイプの来館者ばかり
ですがワルツさんはデータだけでは伝わらない、本という形でしか伝えられないものがある事を伝えていきます

そしてその本という形でなければならない、データだけでは伝えられない物を重視する背景には第三次世界大戦の結果
人類の文明が崩壊寸前になり、障害児の出生率が上がり出生数そのものも落ちる一方の暗澹たる状況があります
愛書家であれば一度は感じるであろう自分が読んだ本、あるいは親しい誰かが繰り返した読んだ本に深
...続きを読む ›
1 コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
紙の本がほぼ失われた後の世界での「図書館」のお話。
本は「紙」派で、今の所どんなに電子図書が普及しても、一定の「紙派」は残るという確信めいたモノがあるので「本がなくなる」を本気で危惧した事はありませんが…。
本にまつわる出来事より、「で、この世界は、あとどういう設定が残ってるの?」「で、ワルツさんの頭の中の仕組みは?」など、道具立ての方に興味を抱いて読み進んだ感じです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
手が届かないものになりかけている紙の本。
それを求めた人たちが交錯する場所にいるワルツさんの人柄は決して善人なだけではない。
でも、善人なだけじゃ守れないものもあるんだなぁと。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
文章の大半が電子化し、本の多くが焼失した世界。
そんな中で生きている人達の、それでも本に関わっていく姿。
内容としてはそんな感じです。
最近の風潮を頭に浮かべて読んでいると、決してこれが空想だけの世界ではないと思いました。
物語を楽しむだけじゃなく自分達の未来を考えさせられるような、そんな本です。

自信を持ってオススメできる一冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック