サウンド・オブ・ノイズ [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

サウンド・オブ・ノイズ [DVD]

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,910より 中古品の出品:2¥ 2,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: ベングト・ニルソン, サナ・パーション, マグナス・ボイエソン, ヨハネス・ビョーク, マルクス・ハラルドソン・ボイエ
  • 監督: オラ・シモンソン, ヨハネス・シェルネ・ニルソン
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2014/02/21
  • 時間: 102 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00GUBH2KO
  • JAN: 4988104083210
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 67,877位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

―街を楽器に! ?音楽で革命を起こす―
北欧発! 前代未聞の音楽テロ発生! !

▼驚異的な視聴数を叩き出した短編作「アパートの一室、6人のドラマー」は、2001年のカンヌ国際映画祭でゴールデンパルム賞にノミネートされ、世界中で30以上の賞を受賞。12年たった今でも一日に何千回とダウンロードされ、合計視聴数は1,000万回越え!
▼音楽大国スウェーデンから届いた先進的でスタイリッシュな新感覚エンターテインメント! ! 演奏者にプロのミュージシャンを器用し、"音楽"×"テロ"という誰も見たことのない物語が誕生!
▼第63回カンヌ国際映画祭 ヤング批評家賞最優秀劇映画賞受賞作品
▼新宿シネマカリテほか、全国で劇場公開され、大ヒット!

【ストーリー】
突如街に現れた謎の6人組。彼らはあらゆるものを楽器に見立て、とんでもない場所で音楽を作り上げる音楽テロリストだった! 彼らを追うのは、有名音楽一家に生まれながらも、音痴で音楽嫌いの警官、アマデウス。
街中に貼り出された4つのテロ予告。アマデウスは、ある事件の現場に取り残されたメトロノームを手がかりに捜査を開始するが・・・。果たして、彼らの目的とは?そして、アマデウスはテロを阻止できるのか?

【特典映像】(短編3本+予告編)
本作ベースになった短編「アパートの一室、6人のドラマー」のほか2本の短編を収録! !
「アパートの一室、6人のドラマー」(9分)
「聖なるクリスマス、6人のドラマー」(5分)
「サウンド・オブ・ストックホルム」(1分)

【仕様】
2010年/カラー/本編102分+特典映像/片面1層/16:9ビスタ/スウェーデン・フランス
音声:スウェーデン語 5.1chサラウンド/字幕:日本語

【キャスト】
ベングト・ニルソン/サナ・パーション/マグナス・ボイエソン/ヨハネス・ビョーク/マルクス・ハラルドソン・ボイエ/フレデリック・ミア/アンダース・ベステガルド

【スタッフ】
監督:オラ・シモンソン、ヨハネス・シェルネ・ニルソン

※ジャケットデザイン、仕様、特典等は変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

提供:コムストック・グループ 発売元:アット エンタテインメント 販売元:東宝

(C)2010 BLISS/DFM FIKTION/NORDISK FILM/WILD BUNCH/KOSTR-FILM/DFM/FILM I SKÅNE/FILM I VAST/EUROPA SOUND

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

6人の音楽テロリストに音楽コンプレックスの警官が立ち向かう姿を描いたクライムコメディ。街中に貼り出された4つのテロ予告。警官のアマデウスは、事件現場に取り残されたメトロノームを手掛かりに捜査を開始するが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 わいじょん トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/3/11
形式: DVD Amazonで購入
このソフトにもきちんと収録されていてポイント高い、youtubeでも御馴染みの10分の大傑作短編『アパートの一室、6人のドラマー』をもとに作られた映画。変わった映画大好きな私にとっては間違いなく最近の映画の中ではベストなのですが、ただあの短編の、勝手に人の家に入り込んで歯ブラシやらなんやらでリズムセッションしてしまうという、何とも人を食った可笑しさが前面に出されてなかったのは残念。やはり映画ですので、テーマやストーリーが必要なのは勿論なのですが、よくあるTVドラマやアニメの映画化と同じで、無闇にスケールの大きな話にしようとして本来の味が損なわれてしまっているパターンとなってしまったのは勿体ないなぁと思いました。あの短編の軽さが、もっと全体に生かされていれば・・・。街にあるものを何でも楽器にしてしまう音楽テロリスト集団という発想とその演奏はユーモアたっぷりで最高なのですが。テロリストということで刑事との攻防がストーリーの軸になるのですが、その刑事のオンチで音楽嫌いというキャラクターが膨らみすぎて、クライマックスが何か音楽をめぐる観念的なものになってしまったのが個人的には残念。もっと単純な追いかけっこストーリーの方がこの題材と、素晴らしいキャストの個性が生きたと思うのですが。それでも久しぶりに、何か面白い映画を聞かれた時に、取り合えずは絶対に見た方がいいよと薦められる1本だと思います。ラストシーンの音楽の演奏が、雰囲気がガラっと変わってまた素晴らしいんです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ジャンル分けは難しい。序盤はノリノリのリズムが刻まれていい感じ。途中から?な方向へ。

ラストで一応つじつまは合うけど・・・なんかな?でも今までこんな感じの作品は観たことなかった。

プロの打楽器奏者使ってるから彼らにはあんまりセリフが無いそうで。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
美術のインスタレーションなどと同じで、状況とシンクロした音楽の為、このジャンルの創作音楽はこの映画でしか見れ(聴け)ません。

北欧でテロリストを名乗る前衛音楽者集団は、カリスマドラマーを集めたグループで、突然公共スペースを占拠して、手術室、銀行、発電所などで回りものを使ってドラムセッションをします。自称「市民の為の音楽」、それがテロとして予告され、警察が捜査に乗り出します。

捜査刑事は音楽嫌いですが、しかし何か啓示を受けたように音楽家の弟に習い作曲をして、テロリストにこれを演奏しろと迫るというシュールな展開になります。その楽譜はテロリストにも「こりゃひどい」といわれるシロモノですが、唐突に音楽に目覚める捜査刑事。しかし太鼓でドンとか、リズムだけの音楽は楽譜アレルギーがある人にもやさしいのかもしれません。どんな音痴の人でももっている心拍数のビートとか。

ナンセンスというか、新しいです。ヨーロッパっぽいといえばヨーロッパっぽいです。

他の映画とのネタかぶりは一切ないため見て損した感じはしないですが、やや眠いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す