+ ¥350 配送料
お届け日: 10月2日 - 4日 詳細を見る
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 chabu51
販売元 chabu51
出荷元
chabu51

販売元

+ ¥256 配送料
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 新品ケース交換済み。■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。盤面良好。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。

この商品をお持ちですか?

サウンド・オブ・サンダー デラックス版 [DVD]

5つ星のうち3.0 182個の評価

仕様
価格
新品 中古品
DVD 通常版
¥490
¥490 ¥1
DVD 通常版 ¥625 ¥232
DVD 1枚組 ¥1,454
DVD [DVD] ¥2,980
DVD 1枚組 ¥1
DVD [DVD] ¥1
今すぐ観る レンタル 購入
CD・DVD スタンプカード

DVD・ブルーレイ バーゲンストア
バーゲン品、在庫処分品、廉価版など、お買い得商品が盛りだくさん。 ⇒いますぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


登録情報

  • アスペクト比 : 2.35:1
  • Is Discontinued By Manufacturer : いいえ
  • 梱包サイズ : 18.03 x 13.76 x 1.48 cm; 83.16 g
  • EAN : 4988102264536
  • 監督 : ピーター・ハイアムズ
  • メディア形式 : 色, ドルビー, DTS Stereo, ワイドスクリーン
  • 時間 : 1 時間 42 分
  • 発売日 : 2006/7/21
  • 出演 : エドワード・バーンズ, キャサリン・マコーマック, ベン・キングスレー, ジェミマ・ルーパー, デビッド・オイェロウォ
  • 言語 : 日本語 (Dolby Digital 5.1), 英語 (Dolby Digital 5.1)
  • 販売元 : ジェネオン エンタテインメント
  • ASIN : B000FOTK6G
  • ディスク枚数 : 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.0 182個の評価

商品の説明

商品の説明

美品! 保存状態良!の商品です。丁寧に梱包し、迅速に発送させていただきます。

Amazonレビュー

   『サウンド・オブ・サンダー』は理解あるSF映画ファンの胸中で、特別な位置を占めている。野心的なB級テクノ・アドベンチャーだ。このジャンルに精通していれば、監督がピーター・ハイアムズだと知っても驚きはしないだろう。かつては期待されたSFのスペシャリストであり(いやいや、『2010年』は悪くなかった)、数年おきに『レリック』のような愛すべきB級映画を届けてくれた監督だ。本作は数年間ほど公開延期されてから、2005年の晩夏、ふいに劇場へ投げ売りされた。書きっぷりはあまり褒められないが、センスのいい世界の終わりを描いた脚本は、SF界の巨匠レイ・ブラッドベリ短篇を下敷きにしたもの。時の流れを前後するタイムトラベルでの偶然の出来事が、未来に予期せぬ影響を投げかけて、破壊的な結果をもたらすと警告する内容だ。この場合、些細な出来事が地球の進化そのものに影響を及ぼすことになる。2055年、トラヴィス(エド・バーンズ)は、強欲な企業家(ベン・キングスレー)が主催する“タイム・サファリ”のツアー客を率いていた。不運な客が、地球の進化を混乱させて未来を破壊的な状態に陥らせることになり、シカゴの街が、飢えたヒヒのような恐竜、翼竜ほどの大きさの吸血コウモリ、下水管に棲息する人食い大蛇といった街を破壊する異種な生命体の餌場と化し、タイムマシン発明家のソニア(キャサリン・マコーマック)が巻きこまれることになる。特殊効果は安っぽく見えるし、タイムトラベルの脚本はややガタがきているが、『サウンド・オブ・サンダー』は宣伝過剰な超大作とはちがったタイプの作品で、驚くほど楽しめる。それに……2003年の『タイムライン』よりずっといい。だから、少し大目に見てやっていいのではないだろうか?(Jeff Shannon, Amazon.com)

続きを見る