¥ 1,296
対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
サウンドトラック ハイスクール・オーラバスター 『... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

サウンドトラック ハイスクール・オーラバスター 『REUNION-0 空葬の章』 Maxi

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

仕様
価格
新品 中古品
CD Maxi
¥ 1,296
¥ 1,296
この商品の特別キャンペーン まとめ買い 1,000円OFF 1 件


キャンペーンおよび追加情報

  • 【1,000円OFF】オーディオとCD/レコードのまとめ買いキャンペーン実施中。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • CD (2013/1/10)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Maxi
  • レーベル: MEGALO VISION & REUNION ARCHITECTS
  • ASIN: B00ATDD4G0
  • JAN: 4560284408511
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 361,132位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. voice-the prophets
  2. Crimson of Butterfly - 空夜coo:ya edit
  3. voice-omega /
  4. END OF SILENCE - 空夜coo:ya edit
  5. voice-the rebellion
  6. SILENT EYES - 空夜coo:ya secret edit

商品の説明

内容紹介

若木未生のライフワーク小説「ハイスクール・オーラバスター」シリーズをイメージした、ボーカル曲+ボイス入りCD。 イメージアルバム&OVAでオーラバファンから圧倒的支持を得た本田恭之(現・本田海月)が、ふたたび音楽プロデュースを担当。 本田とmiyoによるユニット《空夜coo:ya》が、オーラバサウンドを新たに生まれ変わらせる。 さらに、ゲストボイスとして、里見十九郎役の声優・岩永哲哉が参戦。 企画構成…若木未生 音楽プロデュース…本田恭之 歌…空夜coo:ya ゲスト出演…岩永哲哉

アーティストについて

日本の音楽シーンの王道からことごとくハミ出すへそ曲がりの、miyoと、元GRASS VALLEYのキーボーディスト本田海月(本田恭之)が、プロデューサーを介して出逢い意気投合して1998年に結成。 日本語の美しさ、情景の見える楽曲にこだわり、歌詞は出来る限り日本語を使用。誰しもが持つであろう、こころの光と影を、“陰側(Dark side)・陽側(Angel side)”と表し、作品の中で描き分けている。 ロック、ポップスなどといった音楽ジャンル、○○系といった作品のカテゴライズにこだわらず、各々のフィルターを通し、せつなく幻想的でいてリアルな独自世界を紡ぎ続けており、国内のコアなファンのみならず海外からも高く評価されている。 新作のリリースは不定期。また、楽曲の世界観を損ないたくないという本人たちの意向により、ライヴ活動は行っておらず、いわゆる“商用音楽の常識”からはまるでかけ離れた孤高のユニット。 -------------- miyo and Kurage Honda both skeptical of the mainstream "royal road" of the Japanese music scene, met in 1998 via a music producer. They immediately hit it off and formed the band coo:ya. coo:ya's lyrics are all in Japanese (except for their early works), due to miyo's love for the intrinsic beauty of the language (again, I made it simpler). Their songs weave yin and yang of emotions that are universal to all human beings. coo:ya continues to depict an agonizing, visional, and yet realistic world through their personal mind filters, without being confined to any genre of music. As coo:ya only releases songs that both miyo and Honda are truly satisfied with, the unveiling of new work is highly irregular. coo:ya does not perform live shows, which makes them a solitary band that is far away from "commercial music."


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2013年1月16日
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告