ポイント: 13pt  (1%)  詳細はこちら
通常配送無料 詳細
お届け日: 明日 詳細を見る
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp

販売元

サウンドトラック ハイスクール・オーラバスター 『... がカートに入りました
+ ¥510 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。

この商品をお持ちですか?

サウンドトラック ハイスクール・オーラバスター 『REUNION-0 空葬の章』

5つ星のうち4.8 2個の評価

仕様
価格
新品 中古品
CD, マキシ, 2013/1/10 マキシ
¥1,320
¥1,320 ¥270
CD・DVD スタンプカード

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サウンドトラック ハイスクール・オーラバスター 『REUNION-0 空葬の章』
  • +
  • ハイスクール・オーラバスターCD+BOOK1 Letters-for the World-
  • +
  • ハイスクール・オーラバスターCD+BOOK2 Gate for the Lovers
総額: ¥10,574
ポイントの合計: 105pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 梱包サイズ : 14.09 x 12.63 x 1.37 cm; 81.65 g
  • メーカー : MEGALO VISION & REUNION ARCHITECTS
  • EAN : 4560284408511
  • レーベル : MEGALO VISION & REUNION ARCHITECTS
  • ASIN : B00ATDD4G0
  • ディスク枚数 : 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.8 2個の評価

商品の説明

内容紹介

若木未生のライフワーク小説「ハイスクール・オーラバスター」シリーズをイメージした、ボーカル曲+ボイス入りCD。 イメージアルバム&OVAでオーラバファンから圧倒的支持を得た本田恭之(現・本田海月)が、ふたたび音楽プロデュースを担当。 本田とmiyoによるユニット《空夜coo:ya》が、オーラバサウンドを新たに生まれ変わらせる。 さらに、ゲストボイスとして、里見十九郎役の声優・岩永哲哉が参戦。 企画構成…若木未生 音楽プロデュース…本田恭之 歌…空夜coo:ya ゲスト出演…岩永哲哉

アーティストについて

日本の音楽シーンの王道からことごとくハミ出すへそ曲がりの、miyoと、元GRASS VALLEYのキーボーディスト本田海月(本田恭之)が、プロデューサーを介して出逢い意気投合して1998年に結成。 日本語の美しさ、情景の見える楽曲にこだわり、歌詞は出来る限り日本語を使用。誰しもが持つであろう、こころの光と影を、“陰側(Dark side)・陽側(Angel side)”と表し、作品の中で描き分けている。 ロック、ポップスなどといった音楽ジャンル、○○系といった作品のカテゴライズにこだわらず、各々のフィルターを通し、せつなく幻想的でいてリアルな独自世界を紡ぎ続けており、国内のコアなファンのみならず海外からも高く評価されている。 新作のリリースは不定期。また、楽曲の世界観を損ないたくないという本人たちの意向により、ライヴ活動は行っておらず、いわゆる“商用音楽の常識”からはまるでかけ離れた孤高のユニット。 -------------- miyo and Kurage Honda both skeptical of the mainstream "royal road" of the Japanese music scene, met in 1998 via a music producer. They immediately hit it off and formed the band coo:ya. coo:ya's lyrics are all in Japanese (except for their early works), due to miyo's love for the intrinsic beauty of the language (again, I made it simpler). Their songs weave yin and yang of emotions that are universal to all human beings. coo:ya continues to depict an agonizing, visional, and yet realistic world through their personal mind filters, without being confined to any genre of music. As coo:ya only releases songs that both miyo and Honda are truly satisfied with, the unveiling of new work is highly irregular. coo:ya does not perform live shows, which makes them a solitary band that is far away from "commercial music."