中古品:
¥ 2,300
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ディスクに再生に問題のない程度のスリキズ少々あり/紙ジャケット仕様。紙ジャケットに傷み・1㎝程の折れた箇所ありますがひどく汚い感じではありません/他には特に目立った問題ありません。元から帯無し。歌詞カード付き。'80年作品、2007年発売 紙ジャケット仕様。通常2営業日以内にDM便[郵便受け配達](ヤマト運輸)にて発送致します。商品発送のご連絡より商品到着まで地域によりましては数日間かかる事がございますのでご了承下さい。商品は通販用に在庫確保しております。またコンディションが変更の場合はご連絡致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

サウダーデ(紙ジャケット仕様) Limited Edition

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:7¥ 2,300より
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 久保田早紀 ストア


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (2007/5/9)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: Sony Music Direct
  • 収録時間: 39 分
  • ASIN: B000NY142G
  • JAN: 4582192934357
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 449,195位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 異邦人
  2. アルファマの娘
  3. トマト売りの歌
  4. 18の祭り
  5. 4月25日橋
  6. サウダーデ
  7. 九月の色
  8. 憧憬
  9. 真夜中の散歩
  10. ビギニング

商品の説明

内容紹介

『久保田早紀のオリジナルアルバム7タイトルを紙ジャケで復刻!・完全生産限定盤』
【アナログ時代の帯も含め完全復刻】&【全曲デジタルリマスタリング】

シングル『九月の色』を含む久保田早紀のサードアルバム。前半の5曲はポルトガル録音、後半の5曲はもう少しポップなヨーロッパサウンド、とバラエティに富んだアルバム。
※完全生産限定盤につき通常盤はございません。

<オリジナル発売日:1980年11月21日/27AH-1148>

メディア掲載レビューほか

1979年のデビュー・シングル「異邦人」が大ヒットし、ファースト・アルバムの『夢がたり』も40万枚のヒット。本作はポルトガルで録音されたサード・アルバム。「異邦人」のニュー・ヴァージョンを収録。曲は全体的にポップな感じになり、新境地を開拓。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
難しいことはわかりません。

ポルトガルで録音されたかつてのA面(異邦人〜4月25日橋)は、独特のギターにリードされ、良い意味で久保田早紀の異国情緒・イメージを膨らましていきます。

歌詞もよい。翻訳のような情緒がある。どのような場所でどのような生活を送れば、「アルファマの娘」や「トマト売りの歌」が生まれてくるのだろうか?

「異邦人」だけではない。

その他にもよい曲が沢山あるので、是非聞いていただきたい。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
若干のヒスノイズが残るものの、デジタルリマスターにより音の輪郭が抜群に明快になった。ジャケットもオリジナルに忠実に再現され、装いも新たにサウダーデが再登場した。
A面は、「異邦人」も含めて、久保田早紀音楽がアレンジだけに留まらないことを立証した作品群である。アコースティックで音楽を創作すること自体が普通は困難なのだが、久保田早紀は5曲全て、それぞれ表情や毛色の異なるアコースティック曲を創作している。声も歌詞も音楽も非常に素晴らしい。基本的に久保田早紀はアコースティックの作曲能力が非常に高い。それは特に本作および久米小百合名義の作品群に顕著なように思える。
B面はアレンジされた音楽世界が戻ってくるが、こちらも手加減は全く無い。ガラス細工のような繊細なタイトルトラック「サウダーデ」、ニューミュージックに属さない純粋な歌謡曲として完璧な最高完成度を誇る「九月の色」、切なく哀しいバラード「憧憬」、賛否両論に分かれるが個人的には大好きなシンフォニー曲「真夜中の散歩」、ラストには美しく壮大な「ビギニング」でアルバムが締めくくられる。これだけの作品群を眺めてみると、久保田早紀のひたむきな音楽創作姿勢に心を打たれると同時に、彼女が秘めている恐るべき音楽能力に対して、感動と言うよりは畏怖さえ感じる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す