中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サウスポー論 単行本 – 2011/10/26

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 875 ¥ 8

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

サウスポーにして同級生。チームメイトであり、ライバルーー。
今シーズンともに100勝を達成し、
福岡ソフトバンクホークス連覇を 支えた両エースが
その「野球哲学」「杉内」「和田」……すべてを語る!

今シーズン、圧倒的な強さでパ・リーグ二連覇を達成した福岡ソフトバンクホークス。
その屋台骨を支えたのが、
日本球界の誇るふたりのサウスポー、杉内俊哉と和田毅だ。
同級生であり、チームメイト、そしてライバル。
今シーズンともにプロ通算100勝を達成したWエースは、
お互いの存在を意識しながら成長してきた。
そのふたりが、100勝という節目の1年にシーズンを通して語り合う。
ふたりになげかけた15の質問から見えてくる、
野球への考え方から、その準備、ピンチでの心理、
そして配球、天才打者・イチローとの対戦、理想のステージ……。
さらに、今まで決して語ることのなかったお互いへのライバル心、友情、感謝。
配球、野球論から見えてくる アスリート至高の哲学。
苦しいとき、なにを考えているのか。どうすれば一流足りえるのか――。
ファンならずとも必読の1冊!

内容(「BOOK」データベースより)

福岡ソフトバンクホークス連覇を支えた両エースがその「野球哲学」を語る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 218ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2011/10/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584133476
  • ISBN-13: 978-4584133477
  • 発売日: 2011/10/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 455,522位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
すごく参考になりました。
サウスポー論というタイトルですが、右投手に対する左投手としての考えではなく、単に杉内・和田両投手の考えを述べています。
こうしたスポーツ選手を取り上げた書籍では、その選手が成功した原因を挙げ、あたかも成功の法則のようにごり押しで主張するものが多いように思いますが、本書は違います。
なぜなら、杉内・和田両投手の思考が全く正反対だからです。
ひとつ例にとると、和田投手は冷静な気持ちで投げないと力みにつながるといいますが、反対に杉内投手は感情を表に出して投げるそうです。
このように、両投手がきわめて対称的な考え方を持っているために、成功するためには何をすればいいか、ではなく、自分の特徴を踏まえたうえで、自分が何をすべきかを考える、という大切さを学ぶことができる、素晴らしい書籍だと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2011/11/2
形式: 単行本
プロ野球にはとっくの昔に興味を失ってしまったが、和田については「和田の130キロ台はなぜ打ちにくいのか」という本があり以前から注目していた。

謂わば、個人事業主であるプロの投手としての二人はその性格は対称的であるが体調管理を含めて自己コントロールが卓越している。
勝負術として意外であったのは、データをさほど重視していないことであった。それよりも、その場に臨んだ一対一の対決の生きた感覚を頼りにしている。
もう一つ、マウンド上では左程バッターを(ベンチも)見ていないということである。
そう言われれば、最もなことでもあり新鮮である。
そして、「プロ」には今流行の「試合を楽しむ」というのはない。勝ってナンボの世界だからと。この考えは本物の証明だろう。

組織という面が強い普通のサラリーマン世界よりはるかに厳しい世界であるが、この二人を見ていると羨ましくもある。
二人とも気骨があり一流のプロの日常が垣間見れる。
両者の性格の違いからくる生活各般にわたる相違、特に杉内の自己管理はユニークである。「残らない」つまり、尾を引かないことが全てに優先している。将棋の久保王将は同様、禅の「前後際断」を愛好している。因みに、和田は「気づく」であろう。
二人が同一のテーマでそれぞれ語るという斬新な
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2012/3/1
形式: 単行本
杉内俊哉と和田毅。ホークスを支えてきた2人の左腕の対談と、それぞれの独白で構成した本。ライバルとして、チームメートとして意識し、相互に高いレベルの刺激を受けて成長し、共にプロ100勝を達成したサウスポーである。

性格はずいぶん異なるようだ。少なくとも、2人は互いにそう思っている。杉内は徹底的に感情を高めて試合に挑む。ブルペンでは10球くらいしか投げない。叱咤されるのは好まない。何度か日記に挑戦したが、読み返すと感情が混乱して役に立たないので止めたという。一方、マイナス思考でいつも最悪のことを考えるという和田は、なかなかの論理派。チェンジアップは杉内からアドバイスをもらってレベルアップしたという。試合の流れを考え、終盤では継投後の展開についても頭に入れながら投球を組み立てる。枕をオーダーメードで作ってから良質の睡眠を得られるようになって、遠征時も自分の枕を持ってゆく。

一方で、共通しているところも結構多くある。結局投手である自分が抑えるしかないんだと思っているから、ある意味で自我が強い。野手がマウンドに近づいて声をかけても、何を言われているのかあまり覚えていなくて効果が薄いらしい。自己管理もしっかりしているし、さらによくなりたいという気持ちや、現役指向も強い。

スライダーが曲がりにくくなり、ツーシームやカットボールなど
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ROSE トップ500レビュアー 投稿日 2015/5/3
形式: 文庫
2011年11月5日が初版です。
もう二人ともソフトバンクのユニフォームを着ていませんが、身体に恵まれないこの二人がサウスポーの哲学を語っています。
15の質問に二人が答える形式です。この二人なかなか厄介な性格ですが1980年10月の杉内に対し、和田は1981年2月生まれの同学年です。
結構二人とも真面目に正直に答えているからこそ面白い内容です。
二人の5年後の対談が楽しみですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ときに
「投手はエゴイストでなければいけない」
と言われますが、
それがある意味正しく、ある意味で間違っていることが
本当によく分かりました。
「一喜はしても一憂はしない」(杉内)
「常に最悪の状況を想定する」(和田)
投手の繊細なメンタリティこそ、
その根源にあるからです。
ちょっとしたボールのズレ、感覚の違い、プレー……
小さなことに左右されてしまうほど、
敏感な心を持った投手だからこそ、
それに左右されないために「わがままに考える」

配球の章でも、
「配球よりベストピッチを出し切るメンタルを」
と杉内投手が言うように、
メンタルコントロールがいかに重要かが分かります。
配球や技術を語る人は、そこらじゅうに溢れています。
しかしそれはあくまで「机上の空論」。
その配球が正しいのか、その技術が100%出せるのか。
それは心の問題と関わってきます。
ふたりは「配球」より大事なことがあるということ
(だってそれは、素人ですら野球を見ていればある程度語れるのですから)
を教えてくれています。

一流として結果を出し続けている人た
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック