通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠 単行本 – 2016/2/24

5つ星のうち 4.3 28件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,793
¥ 1,793 ¥ 1,103

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠
  • +
  • Who Gets What (フー・ゲッツ・ホワット) ―マッチメイキングとマーケットデザインの新しい経済学
総額: ¥3,953
ポイントの合計: 120pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

一九九九年のラスベガス。ソニーは絶頂期にあるように見えた。しかし、舞台上でCEOの出井伸之がお披露目した「ウォークマン」の次世代商品は、二つの部門がそれぞれ開発した二つの商品だった。それはソニーの後の凋落の予告するものだった。

世界の金融システムがメルトダウンし、デジタル版ウォークマンの覇権をめぐる戦いでソニーがアップルに完敗し、ニューヨーク市役所が効率的に市民サービスを提供できない背景には、共通の原因がある。

それは何か――。

謎かけのようなこの問いに、文化人類学者という特異な経歴を持つFT紙きってのジャーナリストが挑むのが本書である。

かつてタジキスタンの寒村に3年にわたって住みこんで、現地の人たちがあたりまえすぎて意識していないような分類の仕方をとらえ、その共同体の特異性をうきぼりにしたように、著者は、現代の様々な組織に「インサイダー兼アウトサイダー」として入っていく。

はじめに なぜ、私たちは自分たちが何も見えていないことに気がつかないのか?

序章 ブルームバーグ市長の特命事項
ブロンクスで、違法建築のビルにすんでいた家族が焼死した。なぜ、ニューヨーク市庁の検査官は、こうした違法建築を見つけることができないのか。答えは、三〇〇もの細かな専門に分かれた部署、つながっていないデータベース、つまり「サイロ」にあった。

第一章 人類学はサイロをあぶり出す

二〇世紀に始まった学問「人類学」は、アウトサイダーの視点をもってその社会の規範をあぶり出す学問である。その社会であたり前すぎて「見えなかった」規範が、アウトサイダーが中に入って暮らしてみることで見えてくる。

第二章 ソニーのたこつぼ
一九九九年のラスベガス。ソニーは絶頂期にあるように見えた。しかし、舞台上でCEOの出井伸之がお披露目した「ウォークマン」の次世代商品は、二つの部門がそれぞれ開発した三つの商品だった。それは「サイロ」の深刻さを物語るものだった。


第三章UBSはなぜ危機を理解できなかったのか
1
UBSは、保守的な銀行と見られていた。ところが、〇八年のサブプライム危機で、ゴミ屑同然となったサププライムローンをごっそり抱えて破綻寸前に追い込まれる。危機を抱えていたことを察知できなかった原因は、当たり前と思っていた分類の誤りにあった。

第四章経済学者たちはなぜ間違えたのか?

ロンドンスクールオブエコノミクスを訪れた英国女王の素朴な問い「なぜ誰も危機を見抜けなかったのか」。経済学者や中央銀行、規制当局も、サイロにとらわれていた。CDOをしこたま仕入れるSIVといった新しい会社群は、サイロの分類にはなかったのだ。




第五章殺人予報地図の作成


シカゴの人口は、ニューヨークの人口の三分の一であるにもかかわらず、殺人事件の件数はシカゴのほうが多かった。IT起業家の若者が、その職を捨て、警察官になり、「殺人予報地図」の作成にとりかかる。データをクロスさせ、殺人がおきそうな地区を予報する

第六章フェイスブックがソニーにならなかった理由

ザッカーバーグは創業の当初から、マイクロソフト化やソニー化しないためにはどうすればよいかを考えていた。スタートアップの規模が急成長し、社員の数が互いに認識できる150のダンバー数を超えた時、サイロを打破し、創業の熱をどう維持するか?

第七章病院の専門を廃止する

病院は細かな専門に分かれている。外科、内科、心臓外科、心臓専門科、リウマチ科、精神科、しかしこうした専門を患者の側から捉え直したらどうだろう。クリーブランドクリニックは外科と内科を廃止、各専門をクロスオーバーさせることによって革新を生んだ

第八章サイロを利用して儲ける

大手銀行では、債券、株券、等々細かな分野で分かれてトレーディングをしている。情報や知識は共有されない。JPモルガンで2012年に明るみに出た60億ドルの損失は、そうしたサイロが生み出したものだった。が、そのサイロを衝いて儲けた者もいたのだ。

終章 点と点をつなげる

これまでの事例をもとに、サイロに囚われないための方法論を考えてみよう。組織の境界を柔軟にしておくこと、報酬制度がそれを後押しするようになっていること等々、そして人類学の方法論を適用してみよう。アウトサイダーとして自らの組織を見つめなおすのだ。

内容(「BOOK」データベースより)

文化人類学者から転じたフィナンシャルタイムズアメリカ版編集長が、「インサイダー兼アウトサイダー」の視点で、鮮やかに描き出す、現代社会を捉えるもっとも重要なコンセプト。高度に複雑化した社会に対応するため組織が専門家たちの縦割りの「サイロ」になり、その結果変化に対応できない。その逆説を「サイロ・エフェクト」という。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 365ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163903895
  • ISBN-13: 978-4163903897
  • 発売日: 2016/2/24
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 14 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,292位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
大企業に勤めた経験のある人なら、部門最適の弊害は多かれ少なかれ経験があるだろう。
本書の良いところは、失敗例だけでなく、成功例も挙げているところだろう。
特にクリーブランドクリニックの事例は、感動的ですら、あった。
サイロはトップといえど、壊すのは簡単ではないが、不可能ではない。そして、その見返りはとても大きいことが、良くわかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
書評に取り上げられたときから、興味を持っていた。ほぼ期待通りの内容だと思うが考えなければならない、あるいは、しなければならないことは多そうだ。まずは目次の紹介から。
はじめに なぜ、私たちは自分たちが何も見えていないことに気がつかないのか?
序章 ブルームバーグ市長の特命事項
第一章 人類学はサイロをあぶり出す
第二章 ソニーのたこつぼ
第三章UBSはなぜ危機を理解できなかったのか
第四章 経済学者たちはなぜ間違えたのか?
第五章 殺人予報地図の作成
第六章 フェイスブックがソニーにならなかった理由
第七章 病院の専門を廃止する
第八章 サイロを利用して儲ける
終章 点と点をつなげる

「はじめに」で著者は2008年の金融危機で初めてサイロの存在と問題を知ったと述べているが、謝辞でも触れているように、人類学を学んでいた時から、ずっとこのサイロの問題に取り組んできていたという総括もしていて、著者にとってはこれが自分への旅の報告にもなっていることが分かる。後で触れるが、その意味では終章が大きな意義を持つ本だし、そこをしっかり評価しないといけない。
雑誌の記事風には、2.3.4章が失敗事例。序章、5,6,7章が成功事例。8章が異色で、2章と9章が方法
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 「サイロ」とは酪農牧場で生の牧草を詰めて発酵させ牛のえさを作る貯蔵庫であるが、2005年にハワード・ストリンガー氏がソニー本社の会長に就任した時の演説で広く知られるようになった。日本語に翻訳された演説では「タコツボ」であったらしいが、要は部門ごとに縄張り意識や秘密主義が蔓延し、非効率になっている事を指摘したものである。当時のソニーにおける「サイロ」主義の象徴が、本書の日本版の説明にもなっている同じようなデジタル音楽デバイスを同時に3つも発表した場面であろう。3つの機器はそれぞれ社内の3つの部門が独自に企画・開発したと言う。ストリンガー氏の時代にソニーはヒット商品を生み出すことができなかったし、株価総額はアップルを凌駕していたのが逆転したが、元はと言えば出井会長時代の「カンパニー制」がサイロを推し進めたとも言える。

 本書は文化人類学者としての経験もある(東京支局長も務めた)テット記者が、大企業を蝕むサイロ主義の実態と、その対策を詳細にリポートしたもの。日本の読者にとって興味深いのは、iPodやiPhone的技術はアップルに先んじていたのに敗北したソニーの話であろう。「敗軍の将」ストリンガー会長も同じイギリス人だから?丁寧にインタヴューに答えてくれたようだ。本書には出てこないが、同じグループにソニーミュージックという業界では巨大な企業があるために、iTunes
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hbspmd トップ500レビュアー 投稿日 2016/3/19
形式: 単行本
原題の副題は「The Peril of Expertise and the Promise of Breaking Down Barriers」とあり、専門性(や専門分野に組織が細分化されること)の持つ危険性と(サイロという)組織の壁を壊すことにどのような有望さ(或いは良いこと)があるか、ということを具体的な組織の事例を挙げて記述した書籍である。
筆者は必ずしもサイロを悪いことばかりとは捉えておらず、高い専門性を伸ばす為に必要なものとも述べているが、サイロの持つ弱点を克服出来ない組織は勢いを失うか、或いは本来果たすべき役割が果たせないという事態を招くことを警告している。

2000年代に入り、ソニーが低迷した原因として筆者は当時の出井社長が組織をサイロに分割したことを挙げている。ソニーの抱える大規模化と複雑化という問題を解決する方策であったが、結果として組織防衛の志向が強くなったという。後任のストリンガーCEOは早くからサイロの問題を指摘していたものの、社内に強い基盤を持たないストリンガーは社内を掌握することが出来ず、改革への根強い抵抗を乗り越えることが出来なかった、ということは興味深い。
逆にソニーやマイクロソフトで起こったことを教訓としたフェイスブックの事例は、サイロ化を防ぐ為に様々な手立てが講じられていることが分かり、組織の健全さを保つ
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー