¥1,026
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 348 (34%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 678
Kindle版
¥ 1,026
文庫価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 348 (34%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
サイバースペースはなぜそう呼ばれるか+ 東浩紀ア... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


サイバースペースはなぜそう呼ばれるか+ 東浩紀アーカイブス2 (河出文庫) 文庫 – 2011/3/4


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
文庫
¥1,026
¥1,026 ¥178

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • サイバースペースはなぜそう呼ばれるか+  東浩紀アーカイブス2 (河出文庫)
  • +
  • 郵便的不安たちβ 東浩紀アーカイブス1 (河出文庫)
  • +
  • 動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)
総額: ¥2,851
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


本はまとめ買いでポイント増量!
2冊を購入はクーポンコード「2BOOKS」、3冊以上は「MATOME」の入力で最大4~10%ポイント還元 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

これまでの情報社会論を大幅に書き換えたタイトル論文を中心に90年代に東浩紀が切り開いた情報論の核となる論考と、斎藤環、村上隆、法月綸太郎との対談を収録。ポストモダン社会の思想的可能性がここに!

内容(「BOOK」データベースより)

これまでの情報社会論を大幅に書き換えた「サイバースペースはなぜそう呼ばれるか」を中心に、九〇年代に東浩紀が切り開いた情報論の核となる論考をはじめ、斎藤環、村上隆、法月綸太郎との対談を収録。ポストモダン社会の思想的可能性は、すべてここに詰まっている!文庫版オリジナル構成。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 456ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2011/3/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309410693
  • ISBN-13: 978-4309410692
  • 発売日: 2011/3/4
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 229,524位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう