Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 362
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[清水亮一, ピアネコユサギノフ]のサイトスコアで死んだSEOを生き返らせる本: PHP/JavaScript/VPS/Apache/Nginx対応 (MGS文庫)
Kindle App Ad

サイトスコアで死んだSEOを生き返らせる本: PHP/JavaScript/VPS/Apache/Nginx対応 (MGS文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2015/12/21
"もう一度試してください。"
¥ 362

商品の説明

内容紹介

『サイトスコア』とは

日本どころかアメリカでも。
そしてWEBデザイナー達の間でさえも。
サイトスコアの概念はまだそれほど認知されていません。

『サイトスコア』とは複数の英語圏サイトが始めたもので、
独自に各WEBサイトを専用システムが自動集計し、
算出された点数からどれくらい基本設計・基本運用が正しく出来ているかを
『具体的な数値』で確かめられるというものです。

数値が低ければそれだけ検索順位を落とすリスク要因が多い事を意味し、
高ければその逆に今後高確率で順位が上がっていくことになります。
サイトスコアは上手く活用すれば高いリンクポピュラリティを持つ
有名サイトよりも少ない手間で検索順を上に出来てしまったりすることさえも十分にあり得ます。

サイトスコアは近年誕生しトレンドに合わせて姿を変えてきた
新しい概念・新しい指標であり、ここ1,2年の間に飛躍的に重要度が高まった考え方です。
サイトスコアは「現時点での」ページランクや検索順位とはあまり関係がなく、
純粋にサイトの基本設計・運用がしっかり出来ているか、を推し量る指標です。
それゆえに純粋にサイトの「質」の改善に役立つ指標でもあります。

ページランクや検索順位は一朝一夕に改善することなどまず不可能ですが、
サイトスコアは正しい情報を認識して実践しさえすれば
僅か数時間で劇的に改善できます。

もちろんサイトスコアの改善はページランクや検索順位にも長期的には
相当な好影響が出ますので検索順位の大きな改善と今後の低下防止に役立ちます。
また、サイトスコアの改善は品質の向上でもあるため、
「ユーザー体験の向上」にもつながります。

サイトスコアの測定方式は多様で、これまで「SEO」として効果的だと
伝えられてきた検索エンジン対策とは既に全然違うものです。
サイトスコアは「対検索エンジン主義」というよりも「対ユーザー主義」の傾向が強く、
具体的に言えば以下のようなチェック項目から測定されていきます。


・きちんと最近の潮流に沿った設計になっているか
・セキュリティリスクがないか
・エラー要因がないか
・ユーザーの操作を妨害してしまうような要因がないか
・モバイルフレンドリーであるか
・ソーシャルサイトとの連動は可能になっているか
・SEOに不利になることをしていないか
・古くなった技術やスクリプトを使っていないか
・サイトのレンダリング速度はどうか
・サイトのサイズやサーバーの応答速度はどうか
・サイト/ドメイン/サーバーの信頼性はどうか


もちろんこれらは単なる箇条書きに過ぎず、
本書の中でより詳しく触れられている通り、
個々の項目はもっと細分化されますが、概ねこの通りです。
先述したとおり、サイトスコアの概念はサイトの基本がしっかり出来ているかを見て測定されます。
ですので、必ずしも現段階の検索順が高いサイトが数値が高いとは限りません。
サイトの中身が多少悪かろうとも古くから多くのユーザーを抱えているサイトは
検索エンジン側もきちんと考慮するので結果的に上位に表示されるからです。

しかし、それは既にユーザーを多く抱える事に成功している過去のサイトだけの話で、
そういった実績あるサイトですらも今後は改善していかなければ
年々検索順位が悪化していくであろうことが予測されます。


これは2015年4月頃からGoogle USが検索順位の決定に関する情報を一部公開した際の資料でも見ても明らかです。(Google社は詳細情報については非公開にしていますが、サイトスコアと大局的には同じ考えであることをGoogle USのエンジニアが自身のYouTubeページで発言していたり、Google公式のWebmastersチャンネルでも触れられています)

現実に過去の卑劣なまでに検索エンジンだけに特化したSEOを実践してしまっていたサイトは今のGoogleやYahoo!、Bingからは除外される傾向が既に出始めています。その日毎のアクセスカウンターを毎日公開しているような大手サイトで、この1、2年ほどのある時期から、目立った改悪もせずにちゃんと更新も続いているはずなのに、なぜかアクセスが急落している...なんていう光景は皆さんも1度や2度ではなく何度か見たことがあるのではないかと思います。その原因はまさしくこの新しく起きた転換期に適応しきれていなかったからです。

過去の十分に成功したサイトですらそうなってしまう時代なのですから、
今後登場する新規サイトにとって競争を勝ち残るにはサイトスコアの向上は
もはや必修授業と呼ぶべきものです。にも関わらず多くのWEB開発者は従来型の
新しい変化に対応していないSEOに縛られ誤った選択をし続けているのが現状であり、
大きく変わったユーザー主義の流れも認知できている開発者も指導者もそれほど
多くはありません。

逆に言えば今の流れの変化は情報を正しく認識して実践しさえすれば、
頭一つ抜けだしてレースに勝てる、チャンスとも呼ぶべき変化です。
これまで難攻不落だったWEBサイトの巨人たちを
ホビットのように小さな無名のサイトがよく鍛えた剣と最新のスキルを使っていい勝負をして、
そして戦い方を間違わなければ打ち破る事だって出来てしまうのです。

本書では具体的なサーバー設定や、ネーミングの法則、
デザイン、画像やアイコンファイルの正しい取り扱い方、
HTML5/CSS3やJavaScript/PHPの表示速度や実行速度、プログラミング作法の改善、
一つ一つサイトスコアに反映させる実践を行っていきます。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3286 KB
  • 紙の本の長さ: 82 ページ
  • 出版社: MGS文庫; 第三版 (2015/12/21)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B019P19JP6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 89,811位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
あまり知られてなさそうなパフォーマンス向上の為の実用的なアイデアやテクニックが沢山かかれていて、
その点では良書なのだが、あと一工夫あればもっと読みやすい本にできただろうと感じた。
PHPユーザーや中級者までのapache、nginx系のサーバー管理者には目から鱗のような
テクニックもあったりしたのである程度役に立ちそうな本だと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
VPSやそれなりに管理者権限の強めのレンタルサーバーや自宅サーバーなどでウェブサイトを運用している方は
なるべく早く知っておくべき内容だと思いました。

ここ最近のGoogle検索エンジン対策は確かに激変しており、SEO効果はほんの数年前のものと
現在やこれから必要な要素は正反対になっているとこすらあったりで相当別物になっています。
私も実際にそこそこアクセスのあるWordPressサイトや自作サイトを複数運用していましたが古いものをそのまま使っていた方は
去年くらいからアクセスや広告収入が共にガタ落ちしており、なんで急にそうなっていたのか疑問でしたが本書を読んで氷解しました。
今後はGoogleが検索エンジンにディープラーニングなどを取り入れていてどんどん品質評価の基準が正確になってきているようで、
コンテンツをただひたすら丁寧に作りこめば検索エンジンがきちんと評価してくれる、という時代に入りつつあるのかもしれませんが、
そうなればなるほど基本ができていなかったり変な引っ掛かりの要因があるともったいない事になるので、
こうしてGoogleやFacebookの指針に沿った推奨要因やNG要因やテクニックが書いてあると助かります。
個人的には転送量制限がキツかったのでそれを軽減するテクニックが色々掲載されていたのが思わず役に立ちました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
同じページが繰り返されていたり、ページが飛んでいたりします。
内容が興味深いのに、非常に残念です。
2 コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover