¥ 540
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サイゴンから来た妻と娘 (文春文庫 こ 8-1) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サイゴンから来た妻と娘 (文春文庫 こ 8-1) 文庫 – 1981/7/25

5つ星のうち 4.5 38件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 540
¥ 540 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サイゴンから来た妻と娘 (文春文庫 こ 8-1)
  • +
  • サイゴンのいちばん長い日 (文春文庫 (269‐3))
  • +
  • ベトナム戦記 (朝日文庫)
総額: ¥1,772
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第10回(1979年) 大宅壮一ノンフィクション賞受賞

内容紹介

戦火のサイゴンで子連れのベトナム女性と結婚した新聞記者が東京へ帰って来た。家庭内で巻き起こる小事件を通してアジア人同士のカルチャーギャップを軽妙に描く。第10回大宅賞受賞作品

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 267ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1981/7/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167269015
  • ISBN-13: 978-4167269012
  • 発売日: 1981/7/25
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 89,744位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
第七回大宅壮一ノンフィクションの最終選考まで残った、
「サイゴンのいちばん長い日」の著者の二作品目です。
第十回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した作品です。

著者は記者としてサイゴン駐在時にひょんなことから
娘連れのベトナム人女性と再婚をした後、
家族を日本に連れてきて東京で生活をはじめます。
前作は、1975年3月23日に風雲急を告げるサイゴンに
ベトナム人の妻と共に新聞記者として入り、
サイゴン開放前後を詳細に追った作品です。

本著は、前作にも書かれてた再婚に至る経緯や顛末
をサマリーしたものからはじまり、日本での生活に
重心をおかれて書かれた、後日談です。

非常に深刻な内容も多いのですが、
そんな中にもユーモアと人間愛を持った夫婦が織り成す
物語にあっという間に引き込まれる事でしょう。
書かれてから30年以上経っていますが色褪せていません。
日本人とベトナム人との伝統・習慣・価値観の違いが、
家族生活を通して非常にシャープに浮き上がっています。
ニュースなどから間接的に得られるベトナムの二次情報に比べ、
直接的でわかりやすくて面白い一次情報が満載です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ベトナム戦争末期から数年をサイゴンで過ごし、ついにはベトナム人の妻と子を持つに至った著者。
新聞記者という職業上のことでもあるのか、事柄を考察する際の視点の取り方は唸らされます。
自らが肌で感じ、自らの頭で思考した異文化論。
大変面白いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 ベトナム人子連れ女性と結婚し、日本でのその生活振りを記した本。

 南ベトナムに国籍を置いていた子連れの女性と戦争末期に結婚し、必然的に生活をせざる得なかったこの家族の物語は好奇心を誘うし、本書の文章もおもしろい。

 ベトナムと日本との文化の違い、飼っていた兎を調理して食べてしまうほど、ベトナム女性はパワフルでどこかコミカルだ。

 後半は沖縄に漂着したボートピープルの取材を通して、独自の主観からベトナムの未来を考察しているが、それが見事に当たっている。

 著者は文中にベトナムはすでに修正主義が始まっている予測した。

 著者が予言した通り、ベトナムの修正主義は戦後11年後の1886年に始まり、今開花しようとしている。戦後すぐに修正主義を予想した著者の考察には敬意を表せざる得ない。

 著者は文中後半に下記のような文章を書いている

「かりに私自身があの土地に生まれ育ったら、時の政治体制や社会形態にかかわりなく、世界のどこを放浪してもやはりあの地域の地表にたちこめた、自然と人間の濃密な生命力に対して郷愁を抱き続けるだろう。(中略)あの茶色い水をたたえるメコン河の、優しく悠久な、そして広大すぎて少々間の抜けたような流れを思い浮かべるのではな
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
新聞記者の近藤紘一氏による、ベトナム人の妻と娘との日常を描いた作品。
近藤氏は1971年からベトナムへ派遣され、現地の女性とその一族と同棲生活をしていたが、1975年のサイゴン陥落をきっかけに、女性とその娘を連れ出国し東京での暮らしを始めたのであった。

作品の中では、日本人とベトナム人の文化や気質の違いが非常に多く描かれている、互いの主食であるお米の違い、子供の教育方針、性に関する事などなど。もしかしたら近藤氏の奥さんが特別短気な人なのかもしれないが、ベトナム式の子育ては超スパルタである。

メコンデルタのように豊穣な穀倉地帯を抱えるベトナムでは、それほど必死に働かなくても食うには困らなかったのに対し、国土が狭く資源が少ない日本では、古来より質素倹約や勤勉が励行されていた事。また日本人が好む団結や協調という考えが、逆に個性や自主性にとってはマイナスに作用してしまう事など、気候や国民性による美徳意識の違いという考察は、非常に興味深いものがあった。

ベトナムは歴史的に見ると、中国やフランスから支配された時期が長かった。そんなベトナムの革命政府が「平和」よりも、「独立と自由」をスローガンに掲げていたという事実がとても印象的だった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー