通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゴーン・ガール 下 (小学館文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゴーン・ガール 下 (小学館文庫) ペーパーバック – 2013/6/6

5つ星のうち 3.8 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 812
¥ 812 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゴーン・ガール 下 (小学館文庫)
  • +
  • ゴーン・ガール 上 (小学館文庫)
  • +
  • 冥闇 (小学館文庫)
総額: ¥2,622
ポイントの合計: 196pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

全米で200万部のベストセラーミステリ!

ニックは34歳、ニューヨークで雑誌のライターをしていたが、電子書籍の隆盛で仕事を失い、2年前に妻エイミーとともに故郷ミズーリ州の田舎町に帰ってきた。しかし、両親ともに高名な童話作家で、その人気児童文学シリーズのモデルでもあったニューヨーク育ちのエイミーにとって、この田舎町での生活は決して満足するものではなかった。
そんななか、結婚5周年の記念日にエイミーが突如謎の失踪を遂げる。家には争った形跡があり、確かなアリバイのないニックに容疑がかけられる。次々とニックに不利な事実が浮上するなか、彼はみずから妻探しを始めるが、その一方で何かを隠すかのように嘘を重ねるのだった……。
ニックの語る結婚生活と、交互に挿入されるエイミーの日記。夫婦双方の言い分からなるふたつの物語が重なるとき――。大胆な仕掛けと息苦しいほどの緻密さで描写される夫婦のリアルな愛憎劇、やがて浮かび上がる衝撃の真実とは――。

【編集担当からのおすすめ情報】
著者は、ミズーリ州カンザスシティ生まれ、カンザス大学卒業後、ノースウェスタン大学でジャーナリズムの修士号を取得。デビュー作「Sharp Objects」(『KIZU―傷―』早川書房刊)で2007年度のCWA賞最優秀新人賞、最優秀スリラー賞をW受賞、第2作「Dark Places」(『冥闇』小学館文庫)も09年度のCWA賞最優秀スリラー賞にノミネートされ、第3回ブラック・キル(Black Quill)賞ダーク・ジャンル・ノベル賞を受賞。現在、いまアメリカでもっとも活躍が期待される女性ミステリ作家のひとりです。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

フリン,ギリアン
米国ミズーリ州カンザスシティ生まれ。現在はシカゴに在住。カンザス大学卒業後、ノースウエスタン大学でジャーナリズムの修士号を取得。『KIZU―傷』(SHARP OBJECTS)で作家デビュー。第二作目『冥闇』(DARK PLACES)ではスティーヴン・キングなどに激賞され、CWA賞最優秀スパイ・冒険・スリラー賞にノミネートされる

中谷/友紀子
神奈川県生まれ。京都大学法学部卒業。ジェイムズ・エルロイ、カール・ハイアセンなどの作品の翻訳者である田村義進氏に師事する。ミステリ小説の翻訳を中心に手掛けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • ペーパーバック: 381ページ
  • 出版社: 小学館 (2013/6/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409408830X
  • ISBN-13: 978-4094088304
  • 発売日: 2013/6/6
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 144,256位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
エイミーは一体どうなったのか?という謎をはらめたミステリーから一転して、下巻はいきなりことの真相から始まり、発展してゆきます。
真相が明らかになって壮絶な頭脳戦になるかと思ったら、妙にぬるい展開になるところが却って怖い・・・?
TVのインタビューでこの映画を監督したデビッド・フィンチャーが「ミステリーに始まりサイコロジカル・スリラーに展開して、最終的に社会風刺に着地する」ようなことを言っていたのが言い得て妙です。
厭な感じはホラー系というよりブラックコメディ。エイミーに007のミランダ・フロストのロザムンド・パイクを起用したのもブラック・ジョークの一部なのか?
映画化は作者自身の脚本で原作に忠実ですが、アメージングエイミーとリアル・エイミーの葛藤部分はもうちょっと掘り下げて欲しかった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
アメリカ人自身が時々不思議に思わないんですかね。どうして私たちってここまで過剰なんだろうかと。

常日ごろから、その過剰さの恩恵を文化的にこうむらせて頂いてるんですけど、

この本は抜きん出て過剰で、読んでいる最中はヘトヘトになりました。

ある意味で非常に明るく前向きな共依存に奇妙に納得させられた私にとっては後味は悪くありません。

でも、思い返すと、何から何まで嘘くさいんですよね。

事件が起きてこんな小道具が配置されてたら偽装疑ってくださいっていってるようなもんだろっていう。

アメリカ人にとってさえ、情報を整理してずらっと並べられたら「・・・できすぎてるよ」ってなもんだと思う。

でもこの作品は巧くて、っていってもそれは犯罪・事件の組み立てのほうじゃなくて、文章のどこからどこまでとっても、

なにかしら生理的な部分、感覚的な部分に染みるように、刺さるように練りに練られてるところだと思います。

ちょっと気持ち悪くさせる。ちょっといらいらさせる。ちょっと不安にさせる。ちょっと惨めな気持ちにさせる。ちょっとがっかりさせる。

そうやって読み手の冷静さをかき乱して、不自然なところを強
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
 デビッド・フィンチャー監督の映画版を先に観てしまいストーリーの概要は分かっていましたが、それでも刻一刻と変化する夫婦の感情の揺れの描写に感心しました。凄まじいディテールの描写です。これは映画を超えています。
 ネタバレは書きませんが、概要は5年目の結婚記念日に妻が家からいなくなってしまい、そのことを巡って5年間の夫婦の心象風景がそれぞれ二人の立場で交互に書かれていく内容です。
 それぞれの立場で描かれる時代は、最初では差があるものの、最後は同時代になり、同じシーンが夫婦の別々の視点で描かれます。
 映画評では「女性は怖い」とか「サイコ女の話」とか書かれていますが、まったく違うと思います。たぶん結婚した男性の80%以上は、主人公の夫と同じ心境になったことがあるでしょうし、妻も同じでしょう。妥協の産物という結婚の愛憎が生々しく感じました。
 そこここに流行の音楽や映画の話題が挿入されていて、それも楽しいです。ウッディ・アレンの「アニー・ホール」(1977、原題:Annie Hall)が重要なシーンで繰り返し、取り上げられています。
 できれば映画を観る前に、何も知らないときに読むべきでした。原則はやはり小説が先、映画が後ですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
あざとさは本年度No.1かもしれません。
ある意味、似合いの夫婦の物語です。
誰に感情移入していいのかわかりません。
上巻のギャル日記風のセンテンスにうんざりしたり、下巻の告白(説得?)攻撃にげんなりしながらも、結局最後まで読んでしまいましたので、たぶん「おもしろい」ことはまちがいないのですが。
終盤の「変奏」からは笑えなくなります。
映画化されるそうですが、好き嫌いのはっきり分かれる、すごく料理のむずかしい素材だと思います。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
夫婦お互いの面からの描写が交互に出てきて、お互いの心理状態をはかりながらわくわくドキドキする展開でした。結末は・・・読んでからのお楽しみですが、私的にはちょっと不満・・・だったかな。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー