この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゴールドラット博士の論理思考プロセス―TOCで最強の会社を創り出せ! 単行本 – 2006/2

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,428
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

TOC(制約条件の理論 Theory Of Constraints,TOC)は21世紀を生きる組織と個人に必須の「自己変革の方法論」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

デトマー,H.ウイリアム
Goal System Internationalシニア・パートナー。TOC、特に思考プロセスの教育者・コンサルタントの世界的な第1人者。20年以上にわたり米空軍のオペレーション・ロジスティクス分野においてリーダーシップとマネジメントの経験を持ち、数百億ドルに上るプロジェクトマネジメントを成功させた経験を持つ。自らがパイロットでもある。南カリフォルニア大学の科学博士号を持ち、数年間にわたり同大学などでマネジメントに関する多くの教科を教えた。現在は米国を中心にTOCの教育・コンサルティング活動を活発に行っている

内山/春幸
株式会社モア・スループット代表。1970年千葉工業大学卒業。NEC、SAPジャパン等を経て2001年7月現在の会社を設立。TOC思考プロセスをビル・デトマーから、TOCサプライチェーンや生産などをエリ・シュラーゲンハイム等から学んだ。2001年11月、ゴールドラット博士の呼びかけで設立されたTOCのコンサルタントを認定する世界的機関、TOCICOの設立メンバーで認定コンサルタント。国内外でTOCとITの教育・コンサルティング活動を幅広く行っている

中井/洋子
株式会社モア・スループットプット代表、デルタ研究所日本支部代表。東京出身、会計監査人、コンサルタント、ソリューション営業を経験して2001年、内山春幸と現在の会社を設立。現在はスイスのデルタ研究所と提携して受注を増大させるTOC革命を推進している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 338ページ
  • 出版社: 同友館 (2006/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4496040980
  • ISBN-13: 978-4496040986
  • 発売日: 2006/02
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 245,321位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ザ・ゴール2に感銘を受け、ザ・チョイスでそれをより広範な考え方に使えることに驚き、その方法論を探しているときに見つけた本。どうやって行うのかを詳細に書いてある数少ない本であるが、まずはザ・チョイス―複雑さに惑わされるな!を読んで意義を理解することをオススメする。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 制約理論(TOC)の具体的な方法論を詳説した数少ないまともな教科書である.TOCに関するサイトは多数あるが,このテキストをきちんと紹介した例は少ない.表面的な入門本・解説本が巷を賑わす中で,まじめな教科書であり,TOCを実践する場合には,このテキストから入るべきと思われる.
 ただし,TOCが持っている本質的な課題は,このテキストも持っているように思われる.TOCの提案者ゴールドラットがそうであるように,このテキストの著者も物理系の学部の出身者である.物理現象だけを相手にしている場合には,TOCの各チャートにおいて,因果関係に飛躍や漏れが生じることは比較的防ぎやすい.しかし,一般の社会現象を扱おうとした瞬間に,因果関係に飛躍や謬り・抜けが生じる.TOCでは,それを防ぐための一定の注意事項は挙げているが,完全なものではない.TOCが持っている,この「ムリ」は,このテキストでも露呈する.TOCでは種々のチャートを用いるが,テキストの段階でも,事例に連続性がない.対象が飛行機事故のような物理現象だけで論じることができる場合には,このような無秩序は生じないと思われるが,これは,多くの発想支援手法とともに,TOC自体が持っている課題なのではないだろうか?
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ゴールドラット博士が開発したTOC理論を体系的に分類し、その方法論やツールを実際どのようにビジネスに活用すべきかを解説している本。会社等の組織(システム)のより高いパフォーマンスを実現させるためには、そのシステムの目的を明確にし、全体最適を実現するためプロセスや部分の役割を設計及び構築し、それに沿って運営しなければならない。しかし、実際には、全体像を理解し、全体最適を実現するシステム構築には大変な困難を伴う。TOCは、全体最適を実現するために様々なツールを提供している。まず全体像を理解するためには、「現状分析ツリー」がある。これを利用し、目に見える好ましくない現象から、目に見えない原因・ボトルネック(制約条件)を見つけ出す。TOCでは、この制約条件を発見、活用することによってスループットを増加させるサイクルを繰返すことにより全体最適を図ることを提唱している。この作業の途中で往々にして組織内での利害の対立が起きるが、「雲」を使って対立点を明確にし解決策を探ることができる。また、将来の事業プランについては「未来実現ツリー」でその可能性を検証し、将来発生するだろう問題については、「ネガティブブランチ」によりこれを事前に予見、「前提条件ツリー」「移行ツリー」でそのプランをロードマップに落とし込む。本書ではこれらすべてのツールについて作成方法及び利用方法が解説されている。
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ゴールドラット博士の制約理論(TOC)の一部である、論理思考プロセスを詳しく解説した本です。
図を使って、思考を進めていくのですが、その手順が詳しく説明されていて、大変分かりやすかったです。
図の具体例が豊富で、それを読んでいくと思考プロセスのイメージが明確になっていきます。
思考プロセスを使えば、制約を見つけることができます。

日本語で書かれている思考プロセスの本の中では、トップクラスの分かりやすさなので、お奨めの本です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
TOC(制約理論:Theory of Constraints)の思考プロセスという問題解決手法の使い方について詳細に説明した書籍です。

TOC思考プロセスでは、因果関係により、問題の根本原因を論理的追いかけ、解決案を導出します。

この書籍では、TOC思考プロセスで使う図や、その図を作成するための基盤となる考え方をわかりやすく、例を使って説明しています。翻訳もとても読みやすいです。

トヨタでは、改善のために、「なぜ」を5回繰り返すことを行っていますが、TOC思考プロセスを学べば、「なぜ」を繰り返す意味を論理的に理解できます。

「なぜ」が1回や2回のレベルでは、問題は人や、個別の部門・プロジェクトが原因ということになってしまいますが、5回も繰り返せば、組織システム・プロセスの問題にするしかなくなってきます。必要なら、何回繰り返してもよいですし、この書籍には、飛行機事故の原因調査のために、現状分析ツリーで何十回というレベルで「なぜ」を深堀している例が載っています。

TOC思考プロセスは、問題の原因を追いかけるだけでなく、解決策を導出し、解決策のシュミレーションを行い、その実施の計画と手順を明確化し、実施上の問題や障害を明らかにするための一連の手法が確立されています。その手法を詳しく理解するために、この本をお勧めします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告