中古品
¥ 398
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 折れ・多少の使用感がありますが、書き込み等なく、概ね良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゴールドラット博士のコストに縛られるな! 利益を最大化するTOC意思決定プロセス 単行本 – 2005/3/4

5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 7,360 ¥ 398
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

会社のゴールは、コスト削減でも改善でもない。より多くのお金を儲けることである。スループットを出すための意思決定法を説く。

内容(「BOOK」データベースより)

会社のゴールは、コスト削減でも改善でもない。より多くのお金を儲けることである。スループットを尺度にした意思決定法を説く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2005/3/4)
  • ISBN-10: 4478420521
  • ISBN-13: 978-4478420522
  • 発売日: 2005/3/4
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 134,009位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
原書では導入部であるTOCの要約の部分だけ翻訳し、肝心なところをカットした結果、単なるTOCの要約本になってしまっている。きっと出版社や訳者は、TOCが旬なうちに出して一儲けしたかったのだろう。TOCやスループット会計の専門書というレベルでは無いので、入門書を求めているなら日本人の書いた2色刷で図も豊富な他の本にしたほうがよい。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
上質の解説書であるのは間違いない。ただし、核心部分はカットされている。
やけに薄いとは思ってはいたが、「専門的すぎる」からとは!もう唖然。
最初から原書で読めば良かった。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は、英語版を所持していて速く翻訳がでないかと思っておりました。内容は、TOCの理論的な解説に終始しており私にとっては、大変参考になる内容です。ただ、ところどころ、英語版にあるのに今回の本にはないと思われる箇所があるのは残念です。ただ、TOCをより深く知りたいという人にはお勧めです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これまでのシリーズを読んで、また、カスタマーレビューを読んで
購入したのですが、
内容は、意思決定プロセスと言うより、ゴールで書かれていた製造の
まとめと、クリティカルチェーンで書かれていて、曖昧であった
評価方法、バッファマネージメントの方法アイデアを
補足していると言えます。
また、インフォメーションシステムと称し
本来あるべき姿のコンピュータシステム
or 意思決定プロセス支援システム
の構築アイデアを披露しています。
理論の完成実行は、我々の応用力にゆだねられています。
15年も前に書かれたとは、、我が社の実態と照らし合わせて
考えると、トホホ です。 しかし勝負は、これからです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ゴールドラットの第5弾。これまではTOCを説明するために小説という形態をとってきたが、本書は、理論そのものの説明に重点を置いた解説書である。しかし、お堅い専門書ではなく、語りかけるような懇切丁寧な説明は、小説に勝るとも劣らない読みやすさがある。原価計算がなぜダメか、それに変わるスループット会計とはなにか。そしてまた、ドラムバッファーロープの背後にある考え方は、など、小説では追求できなかったTOCの本質を知ることができる。TOCを本格的に勉強したい人にとって、元祖、ゴールドラットの論理思考に触れることのできる書である。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hbspmd トップ500レビュアー 投稿日 2005/5/29
形式: 単行本
著者のゴールドラット博士は『ゴール』シリーズ4冊の著作で有名であるが、『ゴール』同様に1990年に書かれた原書の日本語訳をこれまで許可して来なかったのは、TOC(制約理論)を日本人が容易に会得することにより、日本の競争力が強くなり過ぎることを懸念した当時の時代背景があってのことである。
全編を通じて、コスト会計が導き出す考え方や評価の仕方が、我々の行動を規制し、それが全体最適を阻害しており、企業のゴールである「儲けること」に結びついていないことを指摘している。一方、スループット会計を採用することにより、経理の専門家でなくても直感的に正しい意思決定が出来、現場と経営を繋ぐことが出来るとしているが、スループットを科学的な「どんぶり勘定」と表現しているのは大変興味深い。
組織の目標を定め、その目標に向かって組織の構成員を動かす為には、正しい評価尺度を示す必要があるが、コスト会計を使っていてはそれが難しく、スループット会計の考え方を活用し、スループットを増大し、在庫を減らし、業務費用(間接コスト)を削減することによって生み出すキャッシュを極大化させることが出来ると説いている本書は、業界を問わず広くビジネスマンの参考となるものである。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「ザ・ゴール」で有名なゴールドラット博士の書いた”TOC(制約条件)理論”の本です。
「最も利益を上げられる製品構成は何か?」というような命題に頭を悩ませている、営業管理部門や生産管理部門の方々に、ぜひお勧めな本が一連のゴールドラット博士のTOC理論の著作です。彼の弟子の本も含め、ダイヤモンド社から出ているTOC理論の本はだいぶ読みました。

小説形式を取る「ザ・ゴール」や「ザ・ゴール2」の方がずっとわかりやすく楽しめますが、この本もなかなかよかったです。
難解な言葉にちょっとてこずりながら、読み進めますと、途中で例題が出てきます。いくつかの部品を複数ラインに通し、2種類の製品を製造するケースにおいて、最大利益をあげる製品構成(プロダクトミックス)は何か?という問題が、具体的な数値とともに提示されます。100人のうち2-3人しか解けないと書いてあり、必ず自分で解くようにとのことです。仕方なく、帰りの通勤電車で、鉛筆と紙で計算しました。
「ええと、まずはどの製造ラインがボトルネックかチェックしなくては。ボトルネックラインが総量を決定するからな。そして、次に、2種類の製品のどちらが時間あたりの利益が高いか調べよう。ボトルネックラインを時間あたりの利益率の高い製品で満たした上で、残りの能力を時間あたりの利益率の低い方で埋めればよいはずだ。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー