中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゴールドマン・サックス研究 (文春新書) 新書 – 2010/10/19

5つ星のうち 3.6 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 3,176 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『強欲資本主義 ウォール街の自爆』の著者が自ら在籍した経験から、ゴールドマン・サックスのビジネスと生態、彼らの思考法を明かす。

内容(「BOOK」データベースより)

日本経済を呑み込んで「二番底」は必ず来る。なぜかくも世界経済が混乱を極めているのか。その真相を掴むにはまずゴールドマンをはじめとするウォール街の実態を知らなければならない。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2010/10/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166607804
  • ISBN-13: 978-4166607808
  • 発売日: 2010/10/19
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 476,264位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 もともとこの人の書くもののファンにとっては、あらたに出た新刊書として納得しながら読むのであろうが、この人のものを初めて読む私にとっては、正直いってあまり面白くなかった。
 タイトルの「ゴールドマン・サックス研究」とはあまり関係のない話が、前後の脈絡なく並べられているだけで、「古き良き時代のゴールドマン」へのノスタルジーを語っているようにしか聞こえない。
 日本国債パニックのシナリオと、イスラエルの技術開発企業の話は面白かったが、それ以外はぜんぜん面白くなかった。
 タイトルで買うと、カネと時間のムダになるので、この人の書くものが好きな人以外は、やめておいたほうがいいと思う。このテーマにかんしては、ほかに読むべき本は多数ある。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
古き良き時代の投資銀行の姿と気風の片鱗を窺い知ることができて良かった。しかしGSがなぜ現在のように変貌しなければならなかったのかが充分に説明されていないと思う。マネー余剰がこれほど巨額に膨らみ、金融市場が高度に複雑化した現在において、古き良きバンカーの活躍する場が相対的に狭くなったに過ぎないのではないだろうか。トレーディングのような「汚れ仕事」は批判したからと言ってなくなるものではない。少しでも高い利回りを求める強欲な資本の正体は年金基金やSWFといった「我々自身の集成」なのだ。寧ろ、金融業を錯綜する現実を分析するツールを生み出す機械として割り切る考えもあるのではないか。
『Supercapitalism』Robert Reich

著者のような高貴な職務に就ける金融マンは現実的にはごく一握りに過ぎず、大方はマーケ
...続きを読む ›
2 コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
内容についてはとりわけサプライズ的なものもなく、
著者も20年前にGSをやめているし、守秘義務やらがあるだろうから、
おっと思えるような情報もなかった。大体どこかで読んだことがあるような内容だ。
(この手の米金融の裏事情本を呼んだことが無い人には十分サプライズだろう。)

内容はノンフィクション本というよりは、
著者なりの世界観、倫理観をちりばめたエッセイといえよう。
著者が元GS社員なので、著者の世界観、それは現在のGSに対しての批評も含まれるが、
それにより文章に面白みがまし、また著者の文章力もあって、私は一気に読みきることができた。
内容はタイムリーな世界情勢についての考えが多くをしめているので、読むなら発売直後の今に限る。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
GSの投資銀行事業部

即ち「知恵と人脈を使い(資本金は使わず)顧客アドバイスを提供する部門」

は嘗ては「本流中の本流」であったが

現在は全体の収益の1割に過ぎず

9割は「セールス&トレーディング

(株式、債券、商品、通貨、金融派生商品などの売買)

と投資業務(会社の買収や不動産投資など)から来ている」。

10年4月のGS訴追(罰金550百万ドルで和解)は

政権側による金融規制法案への追い風狙いの由。

現在NYSEの取扱高の6割以上

欧州で約4割を占めるフラッシュ・トレーディングにより

小型株の流通が激減

「米国の公開企業数はピーク時から半分に減った」。

自己資本比率引上(7%以上)については

「もし預金保険というものが存在しなければ、

銀行は一般のファイナンス・カンパニーと同様に、

最低30%は自己資本を積まなければ投資適格の格付けを得ることはできないはず」。

「巨額の投機資金が世界の金融市場を牛耳り、
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー