おすすめ商品の読み込み中

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
現時点では、おすすめはありません
ショッピングを続ける
¥12,498
明日10月 17日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面で都合がいい時間帯を選択してください 詳細
在庫あり。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
この商品は1-Click注文できません。

ゴールドジム(GOLD`S GYM) パワーグリップ プロ 3710 【初心者~プロ対応】 握力の補助 鍛えたい部位の集中トレーニング 懸垂 ラットプルダウン デッドリフト シーテッドローイング 【ゴールドジム正規品 ゴールドジムトレーナー愛用】

5つ星のうち5.0 3個の評価

価格: ¥13,530
セット買い価格: ¥12,498
OFF: ¥1,032 (7%)
M(手首の太さ約18cm)
パワーグリップ+リストラップ

購入を強化する

  • こちらの商品で付与されるAmazonポイントは、個別商品のポイントが合算されて付与されます。正確なポイント数については注文確認画面にてご確認ください。
  • 商品(左):手首の太さ目安:Sサイズ16cm、Mサイズ18cm、Lサイズ21cm
  • 商品(左):プロ仕様:数多くあるトレーニンググリップの中でも、最も多くのトップアスリートが使用するプロも納得のパワーグリッププロタイプ
  • 商品(左):装着:テープ式で簡単に着脱可
  • 商品(左):用途:バーベルやマシンを使用したトレーニング時に握力をサポートするトレーニングアクセサリー
  • 商品(右):ウエイトトレーニング時の手首をしっかり保護の他、出力の向上も期待できます。
もっと見る
ポイントアップキャンペーン

Fashion x Outdoor タイムセール祭り開催中 10/18(月)23:59まで
期間限定で人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 今すぐチェック
このセット買いには、2点の商品が含まれています (別々に出荷される場合があります)
価格:
¥13,530
セット買い価格:
¥12,498
割引:
¥1,032
(1,081)
¥9,680
  • 手首の太さ目安:Sサイズ16cm、Mサイズ18cm、Lサイズ21cm
  • プロ仕様:数多くあるトレーニンググリップの中でも、最も多くのトップアスリートが使用するプロも納得のパワーグリッププロタイプ
  • 装着:テープ式で簡単に着脱可
  • 用途:バーベルやマシンを使用したトレーニング時に握力をサポートするトレーニングアクセサリー
  • 特長1:プル系(引く)トレーニングでは鍛えたい身体の部位に力を集中でき、プレス系(押す)トレーニングではグリップの本体部分が滑り止めの役割をはたします
  • 特長2:左右同時にセットできるので、トレーニング中の時間ロスも軽減、初心者から上級者まで幅広く愛用できます

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

種類:M(手首の太さ約18cm)  |  パターン:パワーグリップ+リストラップ

詳細情報

登録情報


メーカーより

ゴールドジムは初心者からアスリートまで、全ての人々が結果を出せるようあらゆることについて考え抜かれたフィットネスクラブです。1965年、アメリカのフィットネスのメッカ、マッスルビーチとして有名なカリフォルニア州ベニス市にゴールドジム第1号店がオープン。アーノルド・シュワルツェネッガー主演映画「パンピングアイアン」の舞台になり、一躍世界中にその名前が知れ渡りました。現在では世界30カ国、700ヶ所以上、300万人を超えるメンバーが利用する世界最大級のフィットネスクラブです。GOLD'S GYMブランドの栄養補助食品やトレーニングアクセサリーには、50年以上の実績と多くの一流アスリートを輩出した経験と知識が活かされています。

パワーグリップ
パワーグリップとは?

パワーグリップ/誕生まで・・・

パワーグリップはアメリカ・メイン州のトレーニングジム経営者、マイケル パーカー氏によって考案された。彼はボディビルダーやアスリートと接するうち、トレーニング中の不快なストレスに気づく・・・

・セット間の時間ロス:プル系トレーニングを行なう際、ストラップは左右別々に巻きつける必要があり時間がかかってしまう。

・鍛えたい部分以外の筋肉痛:同じくプル系トレーニングでは、背中のパンプよりも先に前腕部がパンプ、あるいは握力が持たなくなってしまう。

・グローブとストラップの使いわけ:トレーニンググローブとストラップを一緒に使用する際の付けかえる必要がある。

これらの時間ロス、筋力ロスは、ボディビルダーやアスリートの望むものではなくストレスとなってしまう・・・と。

パワーグリップとは?

パワーグリップ/特長・・・

トレーニング中のストレスを解決し、最大のパフォーマンスが発揮できるように開発されたのがこのパワーグリップです。

パワーグリップは人間工学に基づき、手首に向かい漏斗(じょうご)のような形状になるようデザインされています。この形状はダンベル等のウエイトの負担が手首にかかり血液の循環悪化や手首の故障を防ぐように工夫されたものです。昨今、類似品が多く出回っていますが、計算された形状でなければ最大のパフォーマンスを生みだすことはできないでしょう。

パワーグリップは、これまでのベーシックなストラップのように、バーに巻きつけるロスタイムと失敗(巻きつけのきつさや緩さ)がほとんどなく、左右同時にセットすることも簡単です。さらに、セットした後も本体の素材特性と先端のパットの作用で、握力をあまり使わずしっかりプル系トレーニングができるため、ローイング時の前腕部の筋肉のはりや筋肉痛を気にせず、鍛えたい部位を集中してトレーニングできます。

トレーニング中のストレスを軽減させ、トレーニングの質を高めるトレーニングアクセサリーの必需品がパワーグリップです。

デッド

ウエイトトレーニング必須アイテム

3710

G3710 パワーグリップ(プロ)

3500

G3500 リストストラップ

3710

G3710 パワーグリップ(クラシック)

プロ仕様のウエイトトレーニング用グリップ

パワーグリッププロは最上位モデルとして、プロアスリートも納得の品質です。米国PowerGrippsU.S.A.社製のパワーグリップです。

リーズナブルでロングセラー

リーズナブルで発売30年以上のロングセラー商品。ウエイトトレーニングにおけるストラップ、グリップの重要性を体感させるオリジナルリストストラップです。

元祖、オリジナルトレーニング用グリップ

パワーグリップクラシックは、数あるトレーニンググリップの元祖、プロよりもお求めやすさが魅力です。

高重量・高強度トレーニングにおすすめ

高重量でのトレーニングが中心の方におすすめ。本物のパワーグリップはトレーニングの質を高めます。

グリップの微調整が可能

セットした後の手首の自由度はパワーグリップよりも上、グリップの細かい調整までこだわりたい方におすすめ。

すべてのトレーニーにおすすめ

オリジナルのパワーグリップを体感してください。トレーニングの質の向上におすすめです。

トレーニング初心者ですが必要ですか?

はい。必要です。初心者の方は、鍛えたい部位(特に背中)への力の集中がうまくできず、ただやみくもに(バーを)引こうとしてしまいがちです。当然、背中よりも先に前腕部分が疲労してしまい、思うような効果は得られません。そのようなときにパワーグリップがサポートしてくれます。

ゴールドジム(GOLD'S GYM) リストストラップ G3500との購入を迷っています。

リストストラップ G3500もトレーニングアイテムとして必需品の一つです。リーズナブルでありベストセラーなので購入を迷うのは当然。セットした後の手首の自由度はパワーグリップよりも上、グリップの細かい調整までこだわりたい方におすすめですが、なかなか初心者の方には扱いづらいのも事実です。予算の都合で購入される方以外では、使いやすさを考えるとパワーグリップをおすすめします。

日々のトレーニングを行うのに欠かせない。

鈴木 雅選手の神器

もし、背中の日にパワーグリップを忘れることがあれば、私はトレーニングを諦めます(笑)。そのくらい必需品ですね。私は新たな気持ちでトレーニングに取り組むために、1シーズンに1回、必ず買い換えます。高重量を扱う人には必須だと思いますが、背中をコントロールする上でも重要です。背中のトレーニングでストレッチをかけるときには、手首が固定されながらも握り込んではダメで、力を少し抜くことが必要だからです。ただし、頼りすぎないこと。特に肩のトレーニングなどで重量をぶら下げてしまうと、あおって挙げることになってしまいます。

出典:『鈴木 雅 PERFECT BOOK ボディビル世界王者の“心技体”を知る』,ベースボール・マガジン社,2017年

【経歴】

鈴木 雅:ゴールドジムアドバンストレーナー / 2010~2018年日本ボディビル選手権9連覇 / 2016年世界ボディビル選手権 80kg優勝(2019年6月時点)

パワーグリップ

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
3 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません

0のカスタマーレビューおよび3のカスタマー評価があります。