通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゴールデンタイム (7) I'll Be Back... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 【帯:あり】【破れ:なし】【ページ折れ:なし】【日焼:なし、シミ:なし】【表紙痛み:なし】アマゾン専用在庫。禁煙場所保管 発送はプチプチで梱包しメール便又はゆうメールでam9:00までのご注文は当日発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゴールデンタイム (7) I'll Be Back (電撃文庫) 文庫 – 2013/10/10

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 616
¥ 616 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゴールデンタイム (7) I'll Be Back (電撃文庫)
  • +
  • ゴールデンタイム (8) 冬の旅 (電撃文庫)
  • +
  • ゴールデンタイム (6) この世のほかの思い出に (電撃文庫)
総額: ¥1,868
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

夏休みの終盤、実家に戻って同窓会にも参加し、記憶を失う前の過去としっかりと向き合えた万里は、新学期にあわせ晴れ晴れとした心で東京に帰ってくる。一方、万里が不在の間に、香子や柳澤、千波もそれぞれ新たなステップへと向かう気持ちを固めていた。自作のエッフェル塔、焼肉、阿波踊り、そしてまた焼肉…。たくさんの出来事を経ながらみんなの関係も移ろっていくが、そんな中で万里の身に思わぬ事態が起こり!?竹宮ゆゆこ&駒都えーじが贈る青春ラブコメ、佳境に突入の第7弾!


登録情報

  • 文庫: 296ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2013/10/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048660594
  • ISBN-13: 978-4048660594
  • 発売日: 2013/10/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 401,186位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
最初の2ページが何を書いているのか最後まで読んでようやく分かりました。

後半はかなりシリアスですが、愛が詰まってます。
途中で読むのをやめた人がいたなら、是非、7巻まで読んで欲しいです。
この1年で読んだラノベでは最高の一冊でした。

2クールのアニメ始まったけれども、あと1冊で完結無理だろ、これ・・・
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本巻でシリーズ10冊目ですが外伝、番外、列伝があるので本編としては7冊目ということになります。
それらサイドストーリーと本編が交互に刊行されていたため続きが読みたいところで一休みが入ってしまい
いままでストレスがたまることも多々ありました。

でもそれも本巻のためにあったのだと思えば許せます。

本巻は主要メンバーのほとんどに重要な選択が突きつけられるうえ、参加していたサークルも大きな転機を迎えます。

様々な事件に対して登場人物たちが結論を出せたり出せなかったりなのですが、それぞれのバックボーンを
本編とサイドストーリーで時間をかけて描いてきているので発言や行動に非常にリアリティがあり、
読んでいる側にダイレクトに訴えかけてきます。

主人公の心情だけでなく登場人物全員の心情や行動原理もしっかりと理解できてしまうため
一人に感情移入することが難しく、読んでいてつらいときもありましたがそれでもページをめくるのを
止めることができませんでした。

そして今回もまたいいところで終わります。

外伝・番外・列伝はすでに役目を完了していますので次巻はそのまま本編が続くと予測しています。

全員
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 藤田 投稿日 2014/3/12
形式: Kindle版 Amazonで購入
私は帰ってくる
ターミネーターみたいなタイトルでしたこの刊ですが
前刊で過去の自分との決別から脱し過去の自分と向き合う方向にした万里でしたが‥
そして万里と香子は自分自身でそれぞれの決断を下そうとする
これで終わってしまうのかというほどの内容のかんでした
万里がんばれと応援しております
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告