購入オプション

Kindle 価格: ¥564

(税込)

獲得ポイント:
6ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

[野田サトル]のゴールデンカムイ 27 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ゴールデンカムイ 27 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

5つ星のうち4.8 1,418個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥564
コミック (紙) ¥594 ¥493
この本はファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。Kindle端末では、この本を3G接続でダウンロードすることができませんので、Wi-Fiネットワークをご利用ください。
【Kindleマンガ ストア】: 人気・新着、お買得タイトルをチェック。Kindle端末がなくても、 Kindle Web Reader ならブラウザでマンガがすぐ読める。
このシリーズの次の1巻 シリーズの詳細を見る
小計: ¥ 564
獲得ポイント: 6 pt (1%)
上のボタンを押すと注文が確定し、Kindleストア利用規約に同意したものとみなされます

Kindle Unlimited 読み放題対象の青年マンガ

無料マンガ ランキング インディーズ


登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B09DKC9DL4
  • 出版社 ‏ : ‎ 集英社 (2021/9/17)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2021/9/17
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 80588 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効になっていません。
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.8 1,418個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
1,418 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年9月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
36人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2021年9月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2021年9月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 鶴見劇場の真骨頂!!
ユーザー名: あたし、アスカ、日付: 2021年9月17日
第七師団に囚われたアシリパを追う杉元たち。そこにパルチザンのソフィアも参戦し、金塊をめぐる戦いは混迷していきます。
アクションだけでなく、アシリパが生まれてからのウイルクの心情の変化やキロランケとの仲たがい、金塊をめぐるアイヌ同士の殺し合いの真相など、物語の最初の謎がついに判明し、いよいよ終わりに向けてラストスパートに入ったのだなと感じさせます。

しかし、今巻でもっとも見所なのは、やはり半分以上を占める「鶴見劇場」。アシリパとソフィアを前に、金塊をめぐる戦いの始まりが鶴見中尉によって語られます。
これらを語る鶴見中尉の大義と私怨、本音と建て前の混じった複雑な心境はとても簡単に読み取れるものではなく、正直どこまでが本当の彼なのかまったくわからないのですが、それがまた彼の異様な存在感を際立たせております。

ほとんどが会話主体でありながらここまで魅せられるのは、これまで描かれてきた鶴見中尉の複雑な半生があってこそ。まさに、物語を積み上げてきた結果だと思います。彼の話しを聞いて恐れる者・安堵する者など反応が様々なのも、複雑な人間関係を感じさせる素晴らしい描写です。

そして本作のタイトルである『ゴールデンカムイ』の意味。これまで本作を追ってきたファンには鳥肌モノのシーンでした。あの鶴見中尉が言っている(言わせている)のでこれが本当にタイトルの意味するものになるのか正直わかりませんが、それでも初見の衝撃はしばらく忘れられそうにありません。

本格的に最終決戦へと向かう直前の27巻ですが、ここまで追ってきたファンの期待を裏切らない一冊となっているのは間違いないと思います。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2021年9月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年9月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2021年9月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年9月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト50レビュアー
2021年9月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告