Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 500

¥ 55の割引 (10%)

(税込)
ポイント : 50pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[野田サトル]のゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
Kindle App Ad

ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

5つ星のうち 4.9 30件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] ゴールデンカムイ(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)の9の第2巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 500
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 555 ¥ 118

紙の本の長さ: 192ページ

集英社春マンキャンペーン2017
週替わりで人気コミック無料配信中!見逃せないタイトルから新しいジャンルとの出会いまで。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

八億円相当のアイヌの埋蔵金を巡り… 日露戦争の英雄不死身の杉元とアイヌの少女アシリパ、二人の前に立ち塞がるは… 凶悪な死刑囚集団、北の最強軍隊第七師団、巨大ヒグマ!!! 圧倒的な北海道の大自然を舞台に、繰り広げられる生存競争!!!!! 燃え盛る命! 削り合うのも命! 一攫千金サバイバル第2巻!!!!!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 54264 KB
  • 紙の本の長さ: 193 ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/2/19)
  • 販売: 株式会社集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00UBP22KA
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
第1巻で登場した謎の陸軍将校・鶴見中尉とその配下達の思惑が2巻で明らかになりますが、
彼らの戦う理由が完全な私利私欲ではないところが実に良いですね。
いえ、厳密には自分たちへの理不尽を軍令から逸脱して覆そうとしている以上、
テロリスト、反乱軍に違いないのですが、
あの時代の、名もなき数多の戦争犠牲者の代弁者として登場しているのが深いです。
とにかく鶴見中尉の「狂気の傷痍軍人」という設定が凄すぎる。
どういう発想であんな強烈なキャラを作者さんは思いついたのだろう?

金塊を追う者達が全員、譲れない何かのために戦っている。
誰もに正義があり、誰もが悪ともとれる。
この三つどもえのストーリーラインがぐいぐい引き込まれます。

それにしても普通の漫画と違い、戦場帰りの軍人や脱獄囚、新撰組の亡霊など、
武闘派過ぎる登場人物が多いせいか、
「うわあ!」とか「きゃあ!」とか言うキャラが皆無で、
クマが現れたら冷静に脳を狙撃しようとする猟師上がりの兵士や、
射線を気にして仲間への流れ弾を出さないようする兵士など、
とにかく現代人から見れば規格外に肝の据わった連中ばかりなのが潔い。

そして、合間合間に登場するア
...続きを読む ›
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
1巻時点ではここからどうやってストーリーを展開するのかなと若干不安だったが、そう来たか、と唸ってしまった。
2巻ではメインストーリーの地図探索は一旦脇に置かれて、ヒロイン・アシリパのふるさとの村での見聞が比重を占めている。

1巻で登場したようなアイヌの食文化の数々もさることながら、アイヌの人々の自然を神々と崇める生き方も紹介される。
爽快なアクションが出てこなくとも、良質なエスノグラフィー(民族誌)がそのまま良質なエンタメであることを実感させられる。
アイヌの生き方、アシリパの家族の想いに触れた杉元は、ある決断をする。
それが、ストーリーに転機をもたらす。

表紙に登場するエゾオオカミ・レタラとアシリパとの絆も描かれる。
全体にアイヌ文化への理解が表層的ではなく、タブー周りなど、作品の取り入れるのが憚れるところも取り入れているのがすばらしい。レタラの描かれ方も、ティピカルな忠犬のような描かれ方はしていない。それが作品に深みをもたらしている。
誠実なアクションエンターテインメントとして誰にでもオススメできる。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
同級生にはそろそろ孫持ちもいる、マンガ読み歴40年超のオバサンですが、
この歳になってここまで少女キャラに惚れ込むこともあるのだなと自分でも呆れるくらいアシリパさんが気に入ってます。
この作者の凄さはアイヌの習俗を裏面まで理解していてなおかつそれを美化したり隠さないところ。
熊送りの儀式イヨマンテは建前は熊を一定期間大切に育て天に還す神事だが、アシリパはこの歳でもう「育ててより多くの肉を得るため」
という本音に気付いていてそれをさらりと和人・杉元に公開する。
北海道の食物連鎖の頂点に君臨する生物が、まだ幼く危険でないうちに生け捕って太らせ、手に負えぬ猛獣に成長し切る前に屠って
食す(ここが重要)ための儀式。
どんな民族も他民族に対しては自分たちの文化習俗の良い面だけを紹介したいとついキレイゴトを言いたがるが、アシリパはそうではない。
幼なさゆえ裏面を隠すことを思いつかないのではなく、物事は裏表合わさってひとつと理解し、恥じていないのだ。
なんてオトコマエなんだろう。
自分的にはアリシパが好きすぎて、金塊探しとかはわりとどうでもよくなってしまいます。
少女キャラらしくペット(マスコット)が登場しますが、もののけ姫か!な巨躯の白狼です。でもまあ普通の少女キャラが従えてるような小
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
第一巻から凄い濃い漫画だったが、第二巻も同じかそれ以上に濃い!
そして熱い!見つけたら、会話などせずに即、戦闘!敵と少し和んだなと思ったら
すかさず攻撃!隙もなく、妥協もなく、慈悲も無い。
 目的のためなら、手段を選ばないが、しかし残虐な悪党ではない。なんとかっこいい
魅力的なキャラたち。漫画的には適役なのに漢気を感じてしまう歴戦の猛者なのだ。
そしてそれは、主人公、杉本も同じで戦争経験者ならでは甘さのない戦いだ。
にしん蕎麦に舌鼓を打っていたかたと思ったら、直後に敵と思われる人物を見ただけで
躊躇なくドロップキック!これって普通、悪役のすることだけど、何故か痺れた。
 個人的に土方のセリフが気に入った。「いくつになっても男子は刀を振り回すのが好きだろう?」
なんとチャーミングで恐ろしいジジイだ。本物の人切りが言ったらシャレにならんがな。
 殺伐とバトルロワイヤル漫画のように思えるけど、アイヌの習慣や風習、宗教が合間に入って
心が癒されます。アシリパご飯も健在で、かわうその料理があるのだが、まあ見てのお楽しみ。
お気に入りにシーンは杉本が小熊を拾うが、アシリパに喰われないように必至に隠すところ。
(*注:アシリパは本作のヒロインで唯一登場する女の子です。
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover