中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古本になりますので多少の傷み、汚れ、日焼け、スレなどある場合がございますがご了承ください。丁寧な梱包にて発送致します。 2951
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゴールの情景―富良野風話 単行本 – 1998/3

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

あの敗戦から50余年、文明生活の豊かさをひたすらに追いかけ、経済大国への道を走り続けてきた日本。そして、今、はたしてここが私たちの夢描いてきたゴールなのか。北の森・富良野から迷走するこの国に問いかける。


登録情報

  • 単行本: 205ページ
  • 出版社: 理論社 (1998/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4652071612
  • ISBN-13: 978-4652071618
  • 発売日: 1998/03
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 984,150位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
倉本聰先生の痛快エッセイ集「富良野風話」の第一弾です。時系列で言うと、
90年代になって出た2冊目のエッセイ集です。(前作は、「左岸より」)
1994年から1998年まで「財界」に連載されたエッセイなので、見開き2ページ
で1つのエッセイとなっていて、1つ1つが短くて非常に読み易いです。
内容は、日本人が失ってしまった心の問題、環境問題、日本時評、文明批評などを
北の国・富良野の森の生活を通して、倉本先生のユーモアとペーソスたっぷりに
面白おかしく浮かび上がらせるところが、読んでいてすごく痛快です。
表題の「ゴールの情景」とは、日本人が何度も通過してきたけど、何度も見失って
しまったことを象徴しています。“豊かさ”というゴールは、何度も何度もあった
んだよー、それにどうして気づかないのー、という感じです。
倉本先生の作品は、ドラマは泣かせたりするのですが、エッセイでは、倉本先生
自身が、おバカなことや楽しいことを考えていて、とても人間味が溢れていて、
先生も一人の人間なんだなー、とすごく感じさせてくれて、大変面白いです。
そういうことを、最近、知った方などにぜひおすすめです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 「北の名人録」や「いつも音楽があった」とは一味違う内容、倉本さんのメッセージがストレートに届いた。最初は「なんだ倉本さんも年とったんじゃないの?説教くさいなぁ・・・。なんて感じたが、読み進めるうちにだんだん倉本ワールドに引き込まれていくのは以前の作品のエネルギーと同じ。一気によんでじっくり読みかえしたくなる一冊
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2002/9/25
形式: 単行本
優しい語り口で読みやすい。
学者でもなく、市井の人が環境問題を語ることが、とても勇敢な印象を受けた。
環境問題を一般人が口にするのは、とても勇気が入ることだし、実践するのはもっと大変なことだ。
倉本さんは市民の目と語り口で、感じたままを率直に語るところがとても良い。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 最近、倉本聰の住む富良野を通り過ぎたり、富良野そのものに仕事で出かけたりする機会がけっこうある。今では富良野に馴染みの店までできてボトルが置いてあったりす るくらいなのだが、そこには、自分のどこかで仕事だけではない富良野へのこだわりが働いているのだと思う。
 文明学的にも重要なメッセージを世に送ったドラマ『北の国から』にせよ芝居を続けている『ニングル』にせよ、倉本聰の今の思考はすべて富良野から発信されたものであ る。かつての東大出のできのいいシナリオ・ライターという立場とは、少し違った感覚で、今やC・W・ニコルや立松和平などの環境自然派作家(巧く表現できないのでこん
な言い回しになった)たちと一派を成しているように見ている。 
 富良野は自然そのものではない。自然そのものはむしろほとんど人の住まない、北海道の他の大部分にあり、富良野自体は、自然を人が開拓し作り上げた一つの経済圏であ
る。富良野の酒場に入ると富良野ワインが飲めるが、富良野ワインが富良野の外に出ることはあまりない。山に囲まれた一つの土地に開拓が入って富良野を形成した。
 その富良野の現在の経済状況、環境、自然、日本がここに及ぼすさまざまな影響とそこへの憤り。そうしたことどもが、富良野に住む文化人の立場で描かれている。これは沢山の憤りを懐に孕んでいるある一人の作家が表現
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告