通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い 単行本 – 2016/5/26

5つ星のうち 3.6 45件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 594
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い
  • +
  • 孤独を貫け
  • +
  • 大東亜論第二部 愛国志士、決起ス: ゴーマニズム宣言SPECIAL
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

民主主義は、戦争と独裁者がお好き。
332ページ完全描き下ろし。この1冊で〈知の富裕層〉として勝ち残れ!

Q:民主主義とは、簡単に言うと次のどれでしょう?
1イデオロギー 2単なる制度 3宗教
4世界共通のすばらしい価値観 正解は本書で!


あなたが民主主義で決めたから、
日本はこんな国になったのですか?

デモでどれほど「民主主義を守れ! 」と絶叫しても世の中は変わらない。そもそも知識人すら民主主義が何なのかわかっていないからだ。国民の多くも挙手で多数決する「学級民主主義」しか知らない。そこで「民主主義生みの親」とされるフランス革命から説き起こしてその幻を葬【ルビ:ほうむ】り、さらに2000年遡って古代ギリシアの民主主義の原点に思いを馳せる。一方、日本の飛鳥時代すでにその萌芽【ルビ:ほうが】を見て、大正時代に大きく花開いた思想の核心を解説。西洋とは根本的に異なる日本独自の「公」の意識の存在を明らかにし、「戦後GHQが民主主義を教えてくれた」という誤謬【ルビ:ごびゅう】を糺【ルビ:ただ】す。ドイツでヒトラーが登場したのも、日本が大東亜戦争に踏み切ったのもみんな民主主義のせい。戦後71年、日本人がいまだ解っていない秘密の広場「民主主義」の扉がいま開かれる!

内容(「BOOK」データベースより)

デモでどれほど「民主主義を守れ!」と絶叫しても世の中は変わらない。そもそも知識人すら民主主義が何なのかわかっていないからだ。国民の多くも挙手で多数決する「学級民主主義」しか知らない。そこで「民主主義生みの親」とされるフランス革命から説き起こしてその幻を葬り、さらに2000年遡って古代ギリシアの民主主義の原点に思いを馳せる。一方、日本の飛鳥時代にすでにその萌芽を見て、大正時代に大きく花開いた思想の核心を解説。西洋とは根本的に異なる日本独自の「公」の意識の存在を明らかにし、「戦後GHQが民主主義を教えてくれた」という誤謬を正す。ドイツでヒトラーが登場したのも、日本が大東亜戦争に踏み切ったのもみんな民主主義のせい。戦後71年、日本人がいまだ解っていない秘密の広場「民主主義」の扉がいま開かれる!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 328ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2016/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344029399
  • ISBN-13: 978-4344029392
  • 発売日: 2016/5/26
  • 商品パッケージの寸法: 21.1 x 15 x 2.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 45件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,160位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
稚拙な批判に対して、三点ほど反論。

(批判者曰く、小林よしのりは、民主主義の粗探しをしているが、
やはり何だかんだ言って民主主義・反権力が一番。)

(批判者曰く、小林よしのりは、天皇教に嵌った。)

第一に、小林よしのりは、民主主義と呼ばれる制度の粗をつついて、
それを葬り去ろうというつもりではないだろう。

小林氏が否定してるのは、民主主義「万能」論といえるものである。

アラブの春、戦後日本の様に、民主主義さえ導入すれば、
何でもかんでも理想的に進んでいく…といった盲信を戒めるものであろう。

地域独自の公共性を軸にした、政治の近代化には、寧ろ積極的に意義を認めている。

第二に、同じ近代政治を取り入れるのに、欧米のやり方を単になぞるのは、
これまた盲信の類である…と指摘している点である。

王権と民衆が過度に対立していた欧州の、革命型モデルを崇め奉り、丸コピーするのではない。

日本が歴史の中で培ってきた「公共性」を基にした
政治の近代化を果たすのが、無難であり賢明であると言っているにすぎない。

その公共性とは、政府に盲従す
...続きを読む ›
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
非常にためになった。 「民主主義」は政治形態の一つである。 完全ではなくとんでもない不備もかかえている。 うまく機能するためには、
私たちは賢くなければならない。 また公の精神が必要である。 そして国家は主権を持たねばならない。 でなければ愚民政治と成り果てる。  
私は民主主義をとことん疑う。 一政治形態にすぎない民主主義を無比のものにすると、とたんにイデオロギーに、宗教の教条みたいなものになってしまうのだ。 現実に独裁制でないと、まとまらない国もある。 「世界のどこにでも民主主義を移植できるという発想が間違っていたのだ」(第16章)  
筆者の主張、「日本は、公の体現者たる天皇のもとで、君民一体の公共性を基にした政治を目指せばよいのである」(第22章)。 に同感する。 このあたりで「天皇」という言葉に過敏になり、本書を閉じてしまっては立派な思考停止である。 私にとっての天皇は祈りの人であり、皇室は祈りなのである。

筆者のフランス料理への洞察は興味深く読んだ。 行って味わってみたいけれどまず無理である。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 服部弘一郎 トップ500レビュアー 投稿日 2016/6/3
形式: Kindle版 Amazonで購入
民主主義は普遍的な価値を持つ究極の政治思想ではなく、歴史的な変遷と妥協の末に成立したひとつの政治制度に過ぎない。

本書はしばしば忘れられがちなそんな「事実」を、現代民主主義のルーツであるフランス革命から紐解いていく。これを読めば誰でも、民主主義というのがそれほどご立派でご大層な政治制度ではないとわかるはずだ。

そもそも民主主義の姿はひとつではない。フランスにはフランスの民主主義があり、アメリカにはアメリカの民主主義がある。ならば日本にも日本の民主主義があるべきだろう。

日本は戦後アメリカから民主主義を教えられたかのように考えている人も多いが、日本には明治時代から日本型の民主主義が発達していた。そのルーツは五箇条の御誓文に、あるいは坂本龍馬の船中八策に、さらにさかのぼって幕末の思想家・横井小楠の思想へとつながっている。日本にも日本の民主主義のルーツとなるべき思想の流れがあり、日本の民主主義は決して借り物ではないというのが、この本で著者が強く訴えているところだと思う。

古代ギリシャから近代に至るまで、さまざまな資料を批判的に引用しながら語られる本書は、著者の目を通して描かれる「政治思想史」でもある。この本を読んで著者の考えに反発を感じる人も多いだろうが、その場合は著者が依拠している各種資料にさかのぼっての検証と批判が必要になるだろう。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 関数派 投稿日 2016/6/16
形式: Kindle版 Amazonで購入
この本、1/5ぐらい、グルメマンガだった。まあ、そこは置いといて。

この本は、作者が以前、戦争論なんかで、“戦争”について思考停止していた部分に刺激を与えたのと似たパターンで、“民主主義”について思考停止している部分に刺激を与える事を狙ったものか。
私の経験でも、哲学の先生なんかが、民主主義は衆愚政治になり得るみたいな話をしようとすると、聞いてる学生側が、民主主義は理想的な物で批判は許されないみたいな雰囲気を醸す事もあったように思う。
大分、昔の話で、今でも、そうなのかは、わからんけど、私の世代では、そんな感じだった。
作者の意見に賛同するかどうかは、別にして、思考停止を解く事には、意義があるように思う。

この本、題名から見て、哲学者なんかが言う所の“衆愚政治”の事とかかなと思いながら、まず、手に取ったのだけど。
実際、第13章では、そういう事に触れていた。
プラトンは民主主義を批判し哲人政治を掲げたとか、アリストテレスは「民主政を逸脱すると衆愚政になる」と唱えたとか。

本に書かれている事と離れるが、ちょっと考察してみたい。
例えば、社会が、何か問題を抱えていて、その問題を解決する政策を選ぼうとする時、その多数決に参加する者の過半数以上が、正しい解決策が何で
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック