通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゴーマニズム宣言SPECIAL 新戦争論1 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆2015年初版本。帯なし。カバーに微キズ・少々ヨレありですが、使用感少なく状態は良好です。※ネットカフェ・漫画喫茶・レンタル落ち商品ではありません。◆迅速に発送いたします。クリーニング済み。丁寧に対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゴーマニズム宣言SPECIAL 新戦争論1 単行本 – 2015/1/28

5つ星のうち 3.8 86件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 426
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゴーマニズム宣言SPECIAL 新戦争論1
  • +
  • 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論〈3〉
  • +
  • 新ゴーマニズム宣言SPECIAL戦争論 (2)
総額: ¥5,616
ポイントの合計: 170pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ようござんすね?
このまま戦争で。
すべての日本人に当事者意識と覚悟を問う、渾身の描き下ろし454ページ。

日本は戦争しない。
多分しないと思う。
しないんじゃないかな。
まだ、ちょっと覚悟はできかねる。
……と思っている、あなたへ。
いま日本は「普通に戦争をする国」になった。だが、これは本当に日本人自身が希望したことなのか? 今年は終戦70年、大東亜戦争とはそもそもどんな戦争だったのか? 日本にとって自衛隊を派遣した2003年イラク戦争とは何だったのか? なぜ、いまイスラム国は台頭しているのか? 日米安保でアメリカは日本を本当に守ってくれるのか? 集団的自衛権で自衛隊はアメリカの戦争にどこまでつきあえばいいのか? 日本人に国防意識はどれだけあるのか? 2014年慰安婦問題の問題点と世界はこれをどう見ているのか? 靖国神社は日本人にとってどう考えるべきなのか? 嫌韓本・ヘイトスピーチを始めとする偏狭なナショナリズムはなぜ生まれたか?…etc. 大ベストセラー『戦争論』から17年、過剰に右傾化した日本の舵を、いったん真ん中に切り戻す衝撃作、第1弾!


登録情報

  • 単行本: 449ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2015/1/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344027132
  • ISBN-13: 978-4344027138
  • 発売日: 2015/1/28
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 86件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 36,206位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
第21章『日系ブラジル人「勝ち組」が信じたい情報』は非常に良かったです。
この章だけでも読む価値があると思います。
「(敗戦後)ブラジルでは25万人の日系移民のうち8割以上が日本は戦争に勝ったと頑なに信じていた」ことを伝え、そこからの教訓として「日本人そのものの危うさから、目をそらすんじゃない!」としています。

日本人が集団ヒステリーを起こしたときの状況は、井沢元彦さんの「逆説の日本史」にも書かれていました(20巻幕末年代史編Ⅲ『「正論を述べれば殺される」長州藩を見限った高杉晋作の暇乞い』)。
日本は神国であり外国と戦っても勝てると信じていた幕末の長州人に対して本当のこと「西洋諸国の技術や兵器がいかに優れているかを力説した」中島名左衛門という人が暗殺されてしまった事件が、小林よしのりさんが今作で紹介している戦後ブラジルの日系移民の話と重なります。

井沢さんの前述の本に紹介されていましたが山本七平さんの「空気の研究」という本には「日本にはその場の空気というものがあるというのだ。それは相当勇気のある人間でも抵抗するのは難しい」というコメントが紹介されています。

その「空気」とはどういうものなのか。それが今作の第21章『日系ブラジル人「勝ち組」が信じたい情報』ではとても良く表現されていました。
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
イスラム国、イラク戦争、何が何でも戦争する米国、アメリカの戦争映画、国連人権委員会、民主主義の弱さ、靖国神社の真実、沖縄少女学徒隊、徴兵制、戦場での殺人、性奴隷、日韓基本条約、それにこれは知らなかった日系ブラジル人の戦争直後の信じられない情報、自己啓発本。
旬のキーワードがたくさん独自の視点で鋭く書かれています。ありがちな意見ではなく、常識や一般世間が思っている事とは違った角度で物事をわかりやすく説明してくれます。子供たちへ伝えていくのに大切な視点を含んだ良本です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
去年の終戦記念日、戦争について調べていたときに偶然「戦争論」に出会いました。あの時の衝撃は今でも忘れられません。

今回新作が出ると聞き、すぐに買いました。
ここの所ずっと、知らなかった日本軍の栄誉の面ばかりを見ようとして流行りの嫌韓本や日本自賛本に手を出していました。
偏ったらだめだと思いつつ、『信じたい情報』のみに偏ってました。

偏りすぎることの愚かさというか、自分が無意識に好みの情報だけを得ていることにも気付かされました。戦争の『被害』『加害』『栄誉』どれか1つを選ぶのではなく全て存在しているのだからどれも知らなくてはならない…

まだまだ勉強不足と思わせてくれる本でした。買ってよかったです。
コメント 194人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
戦争論1〜3まですべて読ませていただきました。
広島出身で左翼がかった教育で育ってきた私には戦争論シリーズは新鮮に感じられた記憶が今でも忘れられません。

戦争論全般を通して感じるのは、
小林氏の本の魅力は、読者も事実ベースで考えを巡らすことができる点にあると思います。

マンガだから伝わる!おもしろい!というのも小林氏の本の魅力かもしれませんが、
彼と同じソース(情報)を使ってあるべき姿を考える読者と著者との「スキマ」が面白いのかもしれません。
歴史や戦争が語られる際に、時の権力者(人、国、企業)や一面的な当事者の感情、メディアの恣意的な報道により
得た断片的な情報から「事実」を組み立ててしまうと思います。というか、そうせざるえませんよね。

しかし、色のついてない情報(事実)に触れることで別の側面が浮き彫りになってきます。
過去の事実、権力者や当事者発言、参考文献(データ)や裏取の取材、経験に基づいたものが彼の表現を
作っているものであり、彼の主張は否定できたとしても絶対的に否定できない事実がそこにあります。
それをもとに「あなたはどう考えますか?」というのが本書の味かと思います。

中には小林氏のパーソナリティーや表現
...続きを読む ›
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「1」とあるように、まだ本書は構想の全体の半分以下だそうです。
全部で、2巻か3巻ぐらいにまとめられるのでしょうか。1冊目では、

 ・国民に「戦争の当事者」の意識を問う
 ・イラク戦争の総括
 ・イラク戦争から現在のイスラム国につながる流れの分析
 ・アメリカの正体、日本の「自称保守」の正体
 ・大東亜戦争の中で死んでいった若者たちの実像
 ・戦争の悲惨さを受け入れて戦う覚悟を問う

といった内容が語られます。特に、自分自身で綿密にイラク戦争を総括した上で
「イラク戦争を総括して現状を見よ」と問う姿は真摯だと感じました。
その他、「ネトウヨの生みの親」という批判は的外れである事なども、的確に反論しています。

この本は、教科書的に「ああそうか」と情報だけを仕入れる本ではありません。
参考書でもなく、まして経典などでは絶対にない。あくまでも考える主体は読者にあり、
「パッケージ化された結論だけが欲しい」、という人にはお薦めできません。

コマ割りはかつてのゴー宣よりだいぶシンプルになっているので、ゴー宣としてはかなり
読みやすく仕上がっています。これは「大東亜論」からのフィードバック要素と言えるでしょう。
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック