¥ 2,376
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論 平成29年... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論 平成29年: 増補改訂版 単行本 – 2017/2/27

5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 3,600
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論 平成29年: 増補改訂版
  • +
  • 素晴らしき哉、常識!
  • +
  • ザ・議論!  「リベラルVS保守」究極対決
総額: ¥5,616
ポイントの合計: 170pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

陛下のご意向を無視する逆臣は誰か

陛下の生前退位のご意向を受けて世に放つ「天皇入門書」決定版!
23万部のヒットとなった『天皇論』に100ページ超を加筆した総頁数552ページの大作。

陛下は「象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ」てご意向を表明された。
皇位を安定的に継承していくには、特措法で一代限りの生前退位を認めるのではなく、皇室典範を改正し、女性・女系天皇、女性宮家を認めなくてはならない。

しかし、多くの国民が「わたしたちの天皇陛下」のお気持ちを大切にしたいと願う一方で、「男系男子しか認めない」と主張する者たちがいる。
天皇に対する「尊崇」を口にしつつも、陛下のご意向を無視する動きに危機感を抱いた著者が放つ問題作。


【編集担当からのおすすめ情報】
本書では、皇位継承問題だけでなく、これまで皇室に民間から嫁がれた美智子皇后陛下、雅子妃殿下がともにマスコミから激しいバッシングを受けた歴史についても取り上げています。
ただでさえ基本的人権が著しく制限された皇室に嫁いだ女性が2代にわたって激しい非難にさらされたことを鑑みれば、悠仁親王が将来、結婚相手を見つけることは非常に困難になっていることが想像できます。
私たちが日頃忘れがちな、「天皇をやっていただいている」という事実を具体的に知ることができる作品です。

内容(「BOOK」データベースより)

われわれに天皇を戴く資格はあるのか?!23万部突破の『天皇論』に新たに100頁超を加筆した最終決定版!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 549ページ
  • 出版社: 小学館; 増補改訂版 (2017/2/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093897700
  • ISBN-13: 978-4093897709
  • 発売日: 2017/2/27
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 30,475位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ai0610 VINE メンバー 投稿日 2017/6/20
形式: 単行本 Amazonで購入
女性宮家や女性天皇に関しては私は知識もなく語るべきでもないが

著者が指摘するように、男系がこれだけ不足していては解決の一つの選択肢として提起せざるえないような気もするが・・

ただ何より天皇とは天皇家の家長を決めるべき私的な問題でもあるのだから、退位や女性天皇についても皇室の皆様の自由な発言が許されて当然だと思う、いくら国民主権だからと大義名分を唱えても、そこの部分にまで無知な国民が口を挟むべき問題でもないような気もする

そういった意味で今の政権はあまりに傲慢なのは著者の意見に激しく同意する・・・

歴史を知らぬものや天皇に対して敬愛の気持ちがないものがする皇室の議論ほど危険なものはない

著者はそういった意味で大変に有意義な問題提起をしていると思う
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2009年に出版された『天皇論』、そして2010年に出版された『新・天皇論』。それらに
直近の事情に対しての氏の思いを100ページにわたりマンガではなく文章を追記して
世に問うたのが本書だ。今年に入り、陛下が生前退位のお気持ちを表明され、俄然注
目された皇室の在り方。もっとも我々は、日本国民統合の象徴である「天皇」という存在
を感じることはあっても、在り方や、その意味を理解しようとすることは多くない。今回の
陛下のお気持ち以降、「生前退位」をどのように進めるかの議論では、結果十分にその
意味を熟慮することもなく、陛下のお気持ちを、それこそ「忖度」することなく、別の誰か
の独善を「忖度」したことで、皇室典範改正によるものでなく特例法での対応となった。
恐らく「皇室典範改正」と「特例法」での対応の違いを理解している者は、多くはないので
あろう。眞子内親王のご婚約が報道された今、「皇室」にどのような在り様でいていただく
のかを熟慮する時間が無くなってきている。そのことを、小林よしのり氏は、いま、この時
に多くの人々に問うている。
少なくとも、日本国民統合の象徴である「天皇」について、もっと理解すべきであることを
感じさせるには十分の内容と迫力が本書にはある。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 天皇の歴史や役割、合理性、祭祀、著者の考えの変遷といった様々な観点から、
平成における「天皇」を考えさせる内容であることは、改定前の天皇論と変わることはなく、
分かりやすくて、面白い。
 しかし、改訂された天皇論が、改定前と最も異なっているのは、「天皇」を戴く、我々国民の態度
を問う内容が増えたと感じた点である。

 私の大学生時代のゼミの指導教官は、天皇制について、次のようなことを述べていた。
 「近代国家において、天皇のような非民主的な存在は許されないと思う。
  近代社会において、天皇はあまりに矛盾を持った存在だ。
  しかし、災害があった際の被災地を訪問される天皇さんの役割は、他の権力者には出来ない
 ものだと思う。首相が被災地に行ったとしても、被災者を癒すことにはならないだろう。」

 近代人として指導教官は天皇制に反対だったと思う。しかし、被災地を訪問することでの、天皇の
唯一無二の役割は否定することが出来なかった。
 今上陛下が、『象徴天皇としての公務』を広げ、公務を再構築したことは、「近代」という天皇制を維持することが困難な
時代において、天皇制を存続させるために、陛下が出した一つの回答なのだと、私は思う。
...続きを読む ›
1 コメント 130人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 昨夏のビデオ玉音を機として、平成21年版を基に、この数年の考察も加へた増補改訂版。

 特に雅子妃・譲位の件は想像より酷く、譲位制・女系天皇の主張のはうが頷ける。

 また《雅子妃が不幸な一生(P.188)、天皇自身が地位放棄(P.543)》の事態で皇室が終るとは、現状では起り得る。
 『陛下がどんなに御聖徳を御持ちでも、同じく現代人』の感覚は大事。
 保守まで《国民主権病》に侵されて、《国民に非ざる天皇・皇族などオレより下》(P.436)とは、何だか《末世》だね。

 井上毅が男系男子主義のため「謹具意見」で引用した、嚶鳴社「女帝を立てるの可否」が同数(P.514)とは、男尊時代なのに意外。

 ただ、違和・異論も有る。

【祭祀・国事より公務が重要(P.528)】

 一般人には祭祀・国事などよく判らず、天災での御公務のはうが有難いし絆が深まるのはその通り。ただ、陛下御自身には
祈りの具体的実践が御公務にて、重さを比べるのは余り意味が無いやうな気がする。

【神道にドグマ無し(P.538)】

 有るでせう。御神勅前提の伝統重視とは、《道鏡・北朝=N.G》でも、時に「女帝・譲位・側室廃止・
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー