中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゴースト・ストーリー (上) (ハヤカワ文庫 NV (737)) 文庫 – 1994/7

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 382ページ
  • 出版社: 早川書房 (1994/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150407371
  • ISBN-13: 978-4150407377
  • 発売日: 1994/07
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 816,287位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
「幽霊」という概念がキリスト教の方たちにはなかなか理解しきれないものだと思っていまいた。
確かに微妙な点で日本人の概念と食い違うものがあったとして。それでも大半の場面は共通しているものを感じました。
実はこの作品を知ったきっかけは、フレッド・アステアが出演していた同タイトルの映画でした。
その後大人になってこの本を探しだし、一度紛失してがっかりしていた後だけに、見つける事ができて嬉しかったです。

不安感に追い込んでいく情景が個人的には好きです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
頑張って下巻まで読んで下さい。これは読み応えのある作品ですから。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ミルバーンという町で奇怪な現象が多発し・・・というお話。
訳者あとがきで翻訳した若島教授が指摘している通り、メタフィクション風に展開する、ホラー小説。といっても、現代文学のメタフィクションのような小難しい傾向の小説にはならないで、あくまでエンターテインメントの小説に徹している作品。
この小説を書くにあたって、著者のピーター・ストラウブは古今東西の恐怖小説やゴースト・ストーリー、怪奇現象や都市伝説、そういったサブカルチャーにあたる、怪異現象を研究・読破してこの作品を書いたそうで、この小説で過去から現在のホラーの要素を集約して総決算するという壮大な構想を胸にしたと聞いたことがありますが、確かにそういうホラーや恐怖小説をまとめて総括したかのような重厚な手触りがする大作になっております。所々辻褄の合わない部分が散見される所なども昔の恐怖小説でよくあったので、普通の小説なら欠点になりそうな所も敢えて取り入れているのもこの小説を完成させる上で必要なことだったと推測できます。
ただ、上記のように敢えて判りにくい構成にしてある為か、辻褄の合わない所など首を傾げながら読まざるを得ず、娯楽小説としてどうかな、と思ったのも事実です。実際にこの小説に関しては評論家やホラーのファンにも賛否両論があるそうで、私はまぁ賛成派ですが、キングの「IT」などと比べると若干落ちるように思え
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告