通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゴリオ爺さん (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆少し、小口に日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゴリオ爺さん (新潮文庫) 文庫 – 1972/5/2

5つ星のうち 4.7 27件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 98

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゴリオ爺さん (新潮文庫)
  • +
  • 赤と黒 (上) (新潮文庫)
  • +
  • 赤と黒 (下巻) (新潮文庫)
総額: ¥2,441
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

華やかなパリ社交界に暮す二人の娘に全財産を注ぎこみ屋根裏部屋で窮死するゴリオ爺さん。娘ゆえの自己犠牲に破滅する父親の悲劇。

内容(「BOOK」データベースより)

奢侈と虚栄、情欲とエゴイズムが錯綜するパリ社交界に暮す愛娘二人に全財産を注ぎ込んで、貧乏下宿の屋根裏部屋で窮死するゴリオ爺さん。その孤独な死を看取ったラスティニャックは、出世欲に駆られて、社交界に足を踏み入れたばかりの青年だった。破滅に向う激情を克明に追った本書は、作家の野心とエネルギーが頂点に達した時期に成り、小説群“人間喜劇”の要となる作品である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 523ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1972/5/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102005056
  • ISBN-13: 978-4102005057
  • 発売日: 1972/5/2
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 59,268位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
自らの貧窮生活を厭わずに二人の娘に金銭的に献身する「ゴリオ爺さん」を中心に、革命後のパリに生きる人々を描いた「人間喜劇」の中核を成す作品。登場人物の一人が「ゴリオ爺さん」を「永遠の父親」と呼ぶのは、ドストエフスキー「永遠の夫」を想起させ、印象的な一言。

銀の食器を潰して金を捻出する「ゴリオ爺さん」。その娘で、貴族に嫁いだ後は金以外の面で「ゴリオ爺さん」を排斥する冷徹なアスタナジーとドイルフィーヌ姉妹。二人が生きる社交界に無理やり飛び込もうとして貧しい実家に金を無心する地方出身の学生ウージェーヌ。正体不明の中年男で饒舌家のヴォートラン。こうした登場人物達を通して金と出世・野望、ジャングルの様なパリの社会階層、悪徳と誠実、男女間の恋愛図式等が、作者の理知的な観察の下綴られる。夫公認の愛人を持つ貴婦人の存在が当然とされる弛緩したモラルの世界で、純情の虚しさが響くが、それだけに「ゴリオ爺さん」の神の愛にも似た無垢な純情が光る。そしてまた、ウージェーヌもドイルフィーヌに純情と金を捧げ、「ゴリオ爺さん」及びヴォートランとの間に奇妙な男の友情関係が芽生える。そして、ヴォートラン及び同じ下宿の娘ヴィクトリーヌの"ドラマ"が前面に出て来る終盤は物語として面白い。人生を左右するのは、愛なのか、金なのか、信義なのかを考えさせる展開である。

理不尽とも言える結末
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「世界十大小説」の中から「ゴリオ爺さん」を
選んで読みました。物語はパリを舞台に
ゴリオ爺さんと二人の娘、二人の学生
ラスティニャックとヴォートランを軸に進み
ゴリオ爺さんの最期とラスティニャックの挑戦まででした。

途中でこの時代のパリや社交界と学生など
ある程度の時代背景や知識を補って読み
中ごろはすごく退屈で忍耐が必要でしたが
最後に向かって一気に読めました。

バルザックの代表作でパリを写実的に書いていますが
現代日本でも全財産を娘に生前贈与してしまった独居老人の
最期とそこに至ってもお金が支配する葬儀まで
日々聞くことで社会と人間の心は同じです。
「人間喜劇」ととるかゴリオ爺さんの悲劇ととるか
読む人によると思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この本はラスティニャックやゴリオ爺さんといった人が登場する。
パリの社交界を舞台にして描かれている。著者は近代リアリズム文学最大の巨匠。フランス文学。
自分の莫大な財産を2人の愛娘にすべて与えたゴリオは汚い屋根裏部屋で死んでいく。
その様子はあまりにもかわいそうだった。
死に際にも、愛する娘にあえずに他界してしまう。
本当に涙が出た。かなしすぎた・・・。でも、なぜか読み終わったあとには明るい気持ちになれた。
これがバルザックワールドなのであろうか。この作品は誰もが読むべきすばらしい作品だった。
この作品を読むと、きっと心の中に新しい感情が生まれることであろう。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
パッとしない題名ながら、ピケテイ教授推薦図書だったので読んでみた。
人間の良心の呵責を描いた良書。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「最初の30ページは、我慢して読むように、」と島地勝彦さんが別の本で書いてましたが、
確かに冒頭の下宿人の紹介はかなり退屈ですが、物語が動いてからは、これらの登場人物全員が物語に関わり、
先行きが気がかりで、わくわくして読めます。
中盤まで物語を支配する謎の男ヴォートラン、彼の吐く言葉が、いちいちメモしたいほど、
よくできた人生訓で、これで一冊本が出来そう。
中盤の山場を過ぎると、それまで物語の影にいたゴリオ爺さんが中心になり、さらに高い山場を駆け抜けます。

あらゆる登場人物に感情移入でき、この世の縮図というべきパリが身近に迫ってきます。
金と愛、結局、欲望から逃れられる人間はいないという事が身に染みて判ります。一生もがき続けるしかない。
それ故に、主人公のラストの台詞は痛快です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 lily 投稿日 2009/11/18
形式: 文庫 Amazonで購入
19世紀のフランス文学においては最も読むべき作品だと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
バルザックを読むのは初めてだったんですが、その人間観察力の深みからでてくる登場人物達のセリフに思わず唸りながら読書をしました。
その中でも特にかっこよかったヴォートランのセリフの一部を書いて見ようと思うので興味をもったら是非読んでみてください。

「最高をねらえ。どうせ天国の何かと取っ組むくらいなら、神さまを相手にすべきだ!」

「この世の諸事万端を検討したあげくに、間抜けな服従か、でなけりゃ反抗か結局ふたつの道しかないってことを悟った〜
 おれはどんなものにも服従せん。」

「どうやって道をきりひらいてゆくか、知ってるかね?天才の輝きによるか、買収の巧みさによるか、どっちかなのさ。〜
人間の群れのなかへ飛びこんでゆくか〜忍び込むしかない。正直さなんて、何の役に立つものか。天才の力には誰でも屈服する。」

「おれはたいへんな詩人さ。おれの詩を、おれは紙に書きはせん。それは行動と感情からなっている。」

「君に忠告させてもらうとだな、坊や、自分の言葉にも意見にもこだわるなってことだ。〜
原理なんてのはない、出来事があるだけだ。法則なんてない、状況しかないんだ。」

「すべてか無か!それがおれのモットーさ」

まだまだあるんですがこの辺にしておきます。どうですかっこいいでしょ?
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー