中古品
¥ 93
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゴッホの遺言―贋作に隠された自殺の真相 単行本 – 1999/4

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

自らの耳を切り取り、精神の病との闘いに疲れ、狂気の果てに、死を選んだ炎の人…従来のゴッホ像は捏造である!ゴッホはいかに生き、いかに死んでいったのか、その偉大な魂とは?美術史の定説をくつがえす衝撃のノンフィクション。

内容(「MARC」データベースより)

自らの耳を切り取り、精神の病との闘いに疲れ、狂気の果てに死を選んだ炎の人、という従来のゴッホ像は、捏造である。一枚の贋作の発見から三年、画家ゴッホの最期のメッセージを読み解く衝撃のノンフィクション。


登録情報

  • 単行本: 381ページ
  • 出版社: 情報センター出版局 (1999/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4795829128
  • ISBN-13: 978-4795829121
  • 発売日: 1999/04
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 340,485位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ゴッホの作としてあまりに有名なある一枚のスケッチ。しかしゴッホと彼の作品をこよなく愛する作者は、それが贋作であることを一目で直感する。なぜそれが贋作なのか、ゴッホを愛する作者は、ゴッホに身を置いて、何年もかけて、そのことを緻密に鮮やかに見事に、あらゆる角度から論破していく。その先に見えてくるゴッホ像は、狂気の果てにピストル自殺した破滅人ゴッホではなく、繊細で柔らかな心を持ち続けた純粋でけなげな芸術家である。ゴッホの崇高な芸術性に最も身近に接し、その高い芸術性を認める感性を持ちながら、我欲におぼれることで彼の芸術を地におとしめることになった悲しい人物の姿も同時に明らかになる。贋作であることが見事に実証されていくくだりは、本当に胸がすっとする。そしてゴッホの真実が遺作を通して解明されることで、彼の喜びの声が天から聞こえてくるようだ。ゴッホにとってあまりに悲しすぎる解釈がまかり通っていることに気づいてしまった作者の憤りと興奮が、ストレートに一気に、私達をゴッホの真実の世界へ連れて行ってくれる。安堵して微笑んだゴッホに会いたくて、遺作「ドービニの庭」を観にひろしま美術館へ飛んでいきたい衝動に駆られている。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私が最も好きな画家の一人がゴッホです。

著者が、ずっと「ゴッホ作」とされていた1点のスケッチを「贋作」と直感するところから始まります。実際そのスケッチは、ゴッホの作品を知る人なら贋作と疑うのが当然といえるような物なんですが、何故か疑われもせずに長い間真作とされてきたんです。

沢山の資料を集め、実際にアルルへ行ったりしながら、そのスケッチが贋作である事を誰にも分かるように説明しています。私もこのスケッチが贋作であることは確信出来るくらいに納得させられました。

著者はもう一つ、ゴッホの自殺の真相に迫る推理もしています。

ゴッホは一般に言われているように「精神病の発作で衝動的に自殺した」とか、私も信じていたように「弟のテオが過労で倒れた事に責任を感じた」という事ではなかったのです。

そう。贋作のスケッチと自殺の真相が繋がるんです。確かにゴッホは精神を病んでいたけれど、自殺したのは発作でも衝動でもなかったんです。

フィンセント・ファン・ゴッホ。貴方は優しすぎた。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ゴッホの描いた『寝室』のスケッチに関し、それがゴッホ本人の描いたものではない贋作であると、実証的に解明する。

それと平行して、彼の死後、彼の画家としての人生を如実に語る、膨大な数の書簡集の出版者に対して、ゴッホの自殺の真相が巧みに捏造されていることを指摘する。

偶然にも私の居間には、この『寝室』の絵が掛けられており、ゴッホの絵の本当の素晴らしさを痛感した。

そして、以前、読んだ書簡集からの知識より、「ゴッホは精神的に病み、終には自らの命を絶った。」と、安易に理解していた。

あくまで、筆者の推測ではあるが、彼の推測が私には、すんなりと腹に落ちてくる、そんな感想を持てる書籍です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ゴッホの作品、そして自殺の真相を一人の画家が推理して行く知的ノンフィクション。
まず、前半部分であるが、ゴッホの作品とされている展示物が贋作であると推理して行く流れになっている。真実は正直、分からないが、その過程は見事であり、よくある適当な作品などでは決してない。
非常に高度な推理であり、画家ならでは...という感じである。
また、後半部分はゴッホの自殺について、書簡から推理して行くものであるが、こちらは前半ほど理論的には展開しないが、それなりに説得力がある。
ゴッホの絵は正直、余り好きではないが、この本は本当に面白かった。知的好奇心の強い方には心からお奨めします。とてつもない傑作です。
尚、確か、日経の書評で紹介されていて、購入しました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告