ゴジラ <昭和29年度作品> [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 付属品は全て揃っています。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ゴジラ <昭和29年度作品> [DVD]

5つ星のうち 4.8 22件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 7,980 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、はるよしストア(prime送料無料、24時間配送対応)が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:13¥ 1,295より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 河内桃子, 宝田明
  • 監督: 本多猪四郎
  • 形式: Black & White, Subtitled
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2008/01/25
  • 時間: 97 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 22件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000XFZMBE
  • JAN: 4988104046161
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 78,657位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

核実験が生んだ大怪獣!すべての始まりとなった「ゴジラ」ここに登場!!

【仕様】
モノクロ/本編97分/片面2層/4:3スタンダード/ピクチャーレーベル/1954年製作(昭和29年度公開作品)
<音声>
1オリジナル(日本語)リニアPCMモノラル
2音声解説:2.0chドルビーデジタル (宝田 明)
3BGM(音楽のみ):ドルビーデジタルモノラル
4ME(音楽と効果音):2.0chドルビーデジタル
<字幕>:日本語

【映像特典】劇場用予告編/伊福部昭インタビュー/東宝俳優名鑑(静止画)

原作:香山 滋 監督:本多猪四郎 特殊技術:円谷英二 出演:宝田 明 河内桃子

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

特撮映画のエポックメイキングとなった元祖怪獣映画。水爆実験で海底の生活環境を破壊された太古の怪獣が地上に出現。ゴジラと名付けられたその怪獣を倒すため、政府は核兵器以上の威力を持つオキシジェン・デストロイヤーを開発した芹沢博士を頼る。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
昭和41年か42年のことだと思う。私の通う小学校では、当時は学校があった土曜の朝から男子児童が沸き立っていた。「今日の午後、4チャンネル(NHK)で『ゴジラ』をやるんだぜ!」
授業どころでなかった。ついに見ることができる最初のゴジラ!胸が高鳴り、授業の先生の声が遠かった。ビデオもDVDもない時代。名画座なんかあるはずもない北陸の田舎町。走って帰った。土曜の楽しみであるパンと牛乳の昼飯を済ませ、テレビの前で膝を抱えて待った。始まった。

恐い映画だった。見なければよかったとさえ思った。リアルタイムで見ていた「三大怪獣・地球最大の決戦」「怪獣大戦争」のゴジラではなかった。「シェー」をするおどけものではなかった。地響きを立てて夜の暗闇を突き進む恐怖の大怪獣!「オキシジェン・ジェストロイヤー」(宝田明はこう発音していた)が地下研究室の水槽の魚を一瞬で白骨にするショック!芹沢博士の苦悩と悲惨(あの眼帯の下はどうなっているんだろう?)。これからも繰り返しゴジラは現れるだろうという山根博士の不吉な予言。

以来、私は考え続けている。ゴジラとは何か?核の恐怖の象徴か。それを乗り越える希望か(ゴジラは「コスモクリーナー」のように放射能を除去する掃除機?)。日本を再び戦争に引きずり込もうとする国際政治の暗喩か。あの戦争で南の海に散った兵士たちの無念の思
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
山根博士(志村喬)の第一声、「私は見た、古代ジュラ紀の巨大生物だ」
船舶の沈没事故が相次ぐ中、その犯人が判明。水爆実験により200万年前の
太古の眠りから覚めた巨大生物「ゴジラ」の仕業であった。

監督の本多猪四郎はこの作品で核の保有、使用に警鐘を鳴らし、核の脅威の代弁者として、
このゴジラを現出させたものと思う。「オキシジェン・デストロイヤー」は人類の
知恵と勇気の象徴であり、核抑止力のステータスとしての役割を与えた。

首都東京はゴジラの容赦ない破壊の前に炎の海と化す。恐怖に顔をひきつらせ逃げ惑う人々。
このままでは、首都は廃墟と化してしまう!

この後のシリーズのゴジラは、邪悪な宇宙人や宇宙怪獣などと戦う人類の味方として登場してくるが、
それはそれで十分存在価値はあると思う。同時代の「ガメラ」にしても同じ歴史をたどっている。
しかし、この初代ゴジラはトラウマとなって、未だ、私の夢に現れることがある、やはり怖い。

第二作「ゴジラの逆襲」は地味ながら、小泉博と千秋実の戦友としての固い絆と友情が
感じられる作品です。ゴジラ初の対戦相手「アンギラス」の鳴き声や姿もやけに怖い。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Van Damme 投稿日 2009/3/24
形式: DVD
 「水爆実験によって巨大化した悲劇の古代生物」
 「戦争から復興して間もない東京を破壊し尽くす恐怖の怪獣」
 第一作ゆえ、ゴジラに余計な設定が無い。ということはメッセージがブレてない。やっぱりこれが一番大きいと思う。怪獣ランドだとかシェーするとか、熱線吐いて空を飛ぶとか息子がいたとか、瑣末な設定ばかりくっつけてボロを出してきた「その後」を見てしまうと、なおさらそう思える。

 だから対する人間ドラマも、しっかり胸に響いてくる。ゴジラから逃げ惑う人々の表情には、東京大空襲の恐怖が刻みこまれているし(逆にその後の「人間の味方化された」ゴジラでは、こうした人々の姿をほとんど描かなくなった)、生物学者としてゴジラを抹殺することをためらう山根博士のトーンは学者特有のものだし、大量破壊兵器「オキシジェン・デストロイヤー」を使うか使わないかで揺れる芹沢博士の高潔な倫理感には人間への深い絶望が横たわっている。

 当時リアルタイムで観た人は、この「破壊」をどう観たんだろう。戦争を想起させられて複雑な心境に至ったのか、それとも「破壊」の美学に酔ったのか。いずれにせよ、溶けゆくゴジラに対して快哉を叫ぶ人はそうはいなかったんだろう。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この映画は古すぎてもはや当時は再放送でも観るよしも無し…といった感じでもありましたが…

やはり現在観ても
原点としても
否定しようがない名作っすね!

俺は難しい事は解らないすけど…当時の水準としても

人々のゴジラに対する恐怖も充分伝わり
リアルなゴジラの登場シーンも
違和感なく今更ながら円谷英二という人物の偉大さにも感じられましたね。

俳優陣も充実しており
オキシジェンデストロイアといわれる対ゴジラ兵器を開発した芹沢博士!?なども

ダ-クでスマ-トなブラックジャックのような魅力溢れる面を秘めており

その後の現在のゴジラの博士といわれる人物を演じる中でも
一番相応しいと感じられ現代の俳優さんにも
これほどイケメンでw適任ともいえる方にもいないかとゞ

いずれにしても
その後に続く平成シリーズや新世紀のシリーズでも

必ずこの初代ゴジラの場面だけは
現在でも随所で使われるのが

リアル感を伝える上でも説得力もあり
原点を忘れさせない上でも欠かせない映画かとゞ
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー