ゴジラ対ヘドラ 【60周年記念版】 [Blu-ra... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ゴジラ対ヘドラ 【60周年記念版】 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.7 18件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,691 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,385 (27%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 3,691より 中古品の出品:3¥ 3,022より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ゴジラ対ヘドラ 【60周年記念版】 [Blu-ray]
  • +
  • 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン 【60周年記念版】 [Blu-ray]
  • +
  • メカゴジラの逆襲 【60周年記念版】 [Blu-ray]
総額: ¥11,543
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 山内明, 柴本俊夫
  • 監督: 坂野義光
  • 形式: Color, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2014/07/16
  • 時間: 85 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 18件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00ISOHMC4
  • EAN: 4988104850379
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 48,837位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

強烈なインパクトのヘドラやサイケデリックな映像など、斬新な演出が異彩を放つシリーズ第11作。ヘドロの海から生まれた怪獣・ヘドラが日本に上陸。街を破壊するヘドラに、突如現れたゴジラが猛然と立ち向かう。“「ゴジラ60周年記念」キャンペーン”。

内容(「Oricon」データベースより)

人間による環境汚染から生まれた怪獣ヘドラとゴジラの対決を描く。当時の公害問題をテーマにした考えさせられる作品。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カメキチ 投稿日 2014/12/24
誰もが認める異色作ですね。
もうヘドラが凄いのなんの。排ガスは吸うわ、鉄骨をすり抜けるわ、人間やゴジラをヘドロまみれにするわと怖すぎです。それだけでも凄いのに、当時のサイケ的な雰囲気が映画全面に出てて、見終わった後は“何か変なの観ちゃったなぁ”と妙な気分になります。
人によっては、所々視覚的にも精神的にもエグい描写が結構ありますので、一応気をつけて観てください。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まめ蔵 VINE メンバー 投稿日 2015/1/11
Amazonで購入
上映当時は小さすぎて観ておらず、子供雑誌にて
ヘドらのおどろおどろしいデザインと赤い眼だけが頭に
焼き付いていました。実際に観たのは大人になってから。

王道のゴジラ映画とは違いその独特の映像表現とヘドラの恐ろしさに
圧倒されたものです。吹き出しとゴジラの飛行は…ですが。
当時の公害問題を直で子供に訴えている所がいいですね。
大陸の方にも観て頂きたい環境推進映画だと思います。

意外と強いヘドラですがメカゴジラの表面は溶かせるのだろうか?
なんて昔、思っていました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「水銀 コバルト カドミウム♪~鉛 硫酸 オキシダン♫」と主題歌の入るオープニングに度肝を抜かれるゴジラ映画の異色作。
当時の高度経済成長の裏側で問題化した環境破壊や公害へのアンチテーゼを唱えた、
メッセージ性の高いゴジラ映画と言えますが、サイケデリック文化やモラトリアム等の時事問題も含んでいて、今の時代に観ても響くものがあります。
劇中に度々挿入される、公害をテーマとしたアニメも強烈です。

最大の注目は、公害のヘドロと宇宙から飛来した生命体が結合した怪獣=ヘドラの暴れっぷり。
人間に有害な毒素で構成された、公害の化身とも言える怪獣。
最初はオタマジャクシのような小さな姿だが、公害物質を栄養源に、段階的に形態を変化させ、みるみる成長・巨大化していくヘドラ。
硫酸ミストを撒き散らしながら、凄まじい数の人々を真っ黒なドロドロに変え、白骨化させ、殺していく様は、もはや並のホラーを超えており、怖すぎ!
ゴジラの敵怪獣をここまで恐ろしく描いたゴジラ映画は数少ないと思います。

それと闘うゴジラは片目を潰され、右腕も骨が露出するほど溶かされて、と追い詰められるが、
ヘドラの弱点を見つけた人間(自衛隊)と協力して最後は倒すという展開や、逃走したヘドラを追うために、
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これは面白い。マネキンや雀荘の場面とか凄いですね。♪水銀、コバルト、カドミウム〜とか凄い歌だな。そんな板野監督はギャレゴジにエグゼとしてクレジットされてるし、アニメカットの挿入も秀逸だし、シンゴジの形態変化とかここから来てるのかなぁ?とか思ったり。夕焼けバックのゴジラ登場シーンの音楽も大好きで、ゴジラ作品で一番好きかも知れません。果たしてヘドラの目は女性器のイメージなのか?アート志向の強い板野監督の傑作。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
イベント上映会で見終わった後、座席から立てないほどの感動を覚えて以降、レーザーディスク(初回版)、DVDと買ってきましたが、やはりブルーレイも入手してしまいました。「シン・ゴジラ」と比べれば、あれもこれもチープであることは否定できません。でも、そんなハンディをはるかに凌駕するメッセージが本作には込められているのです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
か~えせ~、か~えせ~♪の曲と空飛ぶゴジラが妙にインパクトに残る作品。
「これまでとは違うことをゴジラにさせてみたかった」という監督ですが
まさか空を飛ばせるとは?!

公害が産んだ新怪獣ヘドラを最後は自衛隊と科学者が協力し
ある作戦でヘドラをやっつけようとするのですが、自衛隊もお粗末なら設置した装置もお粗末。
『作戦はこうやって成功させるんだぜ』と自衛隊の失敗した装置を使って
ゴジラが作戦を実行してしまうところも爆笑してしまいました
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ガラクタ(大宮) 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2014/8/25
当時池袋の映画館で見ました。東宝の後期ゴジラシリーズの中では、
かなり内容の充実した作品だったと記憶しております。
作品が怪獣映画なんですけど、当時問題になった公害をテーマ
に扱っていることによって、この作品の生まれた時代背景を知る
ことがてきると思います。

オープニングに流れるヘドロの歌、田子の浦で発見されたオタマジャクシ
のような怪物、そしてそれが巨大化し体からスモッグを噴出しながら生き
ている怪獣ヘドラがそうだ。

またゴジラが自力で空を飛ぶシーンがあるんですけどびっくりしましたよ。
そして一般市民がヘドラに立ち向かっていくバトルも実に素晴らしかった。
2 コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック