おすすめ商品の読み込み中

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
現時点では、おすすめはありません
ショッピングを続ける
¥18,000
最も早いお届け日: 5月17日 月曜日 詳細を見る
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 岩崎商店(年中無休)
販売元 岩崎商店(年中無休)
出荷元
岩崎商店(年中無休)
こちらからもご購入いただけます
¥18,000
+ 配送料無料
発売元: オウチデンキEC
¥18,240
& 対象商品の配送料無料詳細
発売元: 【迅速発送】KK オンライン
¥18,240
& 対象商品の配送料無料詳細
発売元: FREE LIFE MARKET
この商品をお持ちですか?

コールマン ワンマントルランタン(ケース付) 286A740J

5つ星のうち4.3 160個の評価

価格: ¥18,000
無料のプライム配送を提供していない他の出品者からより安く入手できます。
  • 明るさ:約200 CP/ 130 W 相当
  • 燃料タンク容量:約590cc 、使用燃料:ホワイトガソリン
  • 燃焼時間:約7.5~15時間
  • 本体サイズ:約16x31(h)cm
  • 重量:約1・4kg
もっと見る

よく一緒に購入されている商品

  • コールマン ワンマントルランタン(ケース付) 286A740J
  • +
  • コールマン マントル(21A型)2枚入り 21A102J
  • +
  • コールマン エコクリーン 1L 170-6759
総額: ¥19,310
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

詳細情報

登録情報

商品の説明

商品紹介

コールマンのド定番品、ホワイトガソリン使用のランタン。キャンプサイトに明かりをともす器具の、代名詞とも言うべきコールマンのホワイトガソリンランタン。明るさは文句なし!!間違いなくオススメできる逸品です。しかも冬場の寒い時期にでも明るさが安定する優れものです。オールシーズンキャンプを楽しむキャンパーには必須アイテムです。

商品説明


●世界のキャンプサイドを照らし続け、確固たる信頼をつくりあげてきた最もベーシックなロングセラーモデル。是非、最初のひとつとしておススメしたい!


メーカーより


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
160 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年11月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
39人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年8月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち1.0 最悪
ユーザー名: エム、日付: 2019年8月13日
新品を購入したのですが、ガラス部分が激しく割れており塗装は剥げて本体は埃を被っていました。。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年6月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年9月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち1.0 何これ!
ユーザー名: オッサン、日付: 2019年9月7日
今、届いたけど曲がってない!!
何これふざるな。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年11月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2021年5月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 寒さに強く長時間点灯のガソリンランタン入門機
ユーザー名: tarosa、日付: 2021年5月4日
キャンプに興味が有っても行く予定の無い 還暦過ぎの爺さんがランタン集めをしています。
長文になってしまいました。読みづらくてご免なさい。

「今年は大地震が来るぞ!」と言うネット情報を見て、信じる信じないは置いておいて 災害時の準備をせねばと家内を言いくるめて ガスシングルバーナーやアルスト ポケスト ウッドストーブ等を揃えました。
当然 薪や炭 アルコールその他の燃料も数日分購入しました。
メスティンやスキレット クッカー 椅子 テーブル コット等々。
そして、どう言う訳かスカート付きのテントやタープまで揃える始末。
(ペグやガイロープ ハンマーその他の道具一式を含め)

次に停電になった時のためにと言う理由付けをしてハリケーンランタンを購入。
しかし、当たり前ですが思ったほどの明るさは無くLEDランタンを追加購入しました。
LEDの人工的な刺さるような光と眩しさに「キャンプには似つかわしくない」とマントルを使う小型ガスランタンを買いました。
哲学者ゲーテではないですが「もっと光を!」と言う気持ちになり、ガスランタンも小型から中型そして大型になり 果てはツーマントルのガスランタンに行き着きました。
ところが、ガスランタンは連続点灯時間が短かい上に寒さに弱い事に気付き 加圧式ガソリンランタンが寒さの中7~8時間連続点灯出来ると言うのでガソリンランタンにしては扱いが楽な286Aを購入しました。
(この時点で家内は災害用では無い事に気付き 言い訳するのが大変でした)

コールマン正式サイトの取り扱い動画通りに点灯すると、ポンピング後の着火時には まだ気化していない生ガスが出て小炎上をしたり小爆発をします。

そこでYouTubeでコールマンガソリンランタンに関する多くの動画を色々見ました。
ホヤを外してジェネレータを小さい首長のバーナーで余熱をしてからバーナーをつけたまま 燃料レバーをゆっくり開けていくと小炎上もせずに点灯出来ると言うものがあり 試してみると上手くいきました。
点灯後、ホヤとトップを着けて追いポンピングをするのです。

その後、燃料キャップを圧力計の付いたキャップに交換しました。
ホヤとトップを着けたまま圧力計の目盛り1までポンピングで軽く加圧し 下から炎の出る首長ライター(バーナーではない)を差し込み火を着けたまま 燃料レバーを半開きで生ガスが出るのを待っていれば小爆発も無く 圧力も弱いので急激にガソリンが噴出しないため炎上も少ないと言うものを見付けて試しました。これも上手く行きました。
点灯後には追いポンピングは必須です。
皆さんそれぞれ トライ&エラーで頑張っているんだなと感心します。

また、消灯直前にジェネレーター穴の清掃のため燃料レバーを何度かねじると言う方法も知る事が出来ました。
そしてガソリンランタンは燃料レバーを閉めることで光量を変えたり消灯をします。
首長ライターを射し込まず ZIPPOライターの点火用火打石を使った点火装置
「コールマン ランタン スパークイグナイター」
を着火ライターの代わりになるので着けようと購入しましたが 上記の方法がとれない様なので 付けたらどうなるか楽しみです。

今までは指定通りにコールマン純正ガソリンを使っていますが、近い内に国内メーカーのホワイトガソリンも試してみます。

ガソリンが燃料と聞いて身構えていたのですが 思っていた以上に扱いやすいと感じます。
ただし、ガスランタンの手軽さやガスのツーマントルランタンの光量には及びません。
燃料のホワイトガソリンは自動車ガソリン(赤く着色)と違って 何の添加物も無い精製されたままのものです。
無色透明なのでホワイトと言われますが、コールマン純正は タンク内の錆止め材が燃焼に影響しない程度 入っていて青く着色されていることからブルーガソリンと言うそうです。
燃料に添加物が有ると ガソリンを気化させるパイプ状のジェネレーター内に添加物の燃焼煤等が溜まって燃焼不良を起こすので ホワイトガソリン(ブルーガソリンも)が指定されています。

ただし、ホワイト(ブルー)ガソリンは災害時に入手困難になります。災害時の明かり確保をする為には自動車ガソリンを燃料にするランタンが必要です。
そこで、ホワイトガソリンとレッドガソリンの両方が使えるコールマン285を追加購入しました。
(家内には燃料費が安く災害時の明かり確保と説明してあるが 本当は物欲が理由かな)

286Aよりも285のジェネレーターは太く煤が詰まり難くなっていて その太いパイプ内で多目にガソリンを気化させて2つのマントルを同時に輝かせているのです。明るいです。

285でレッドガソリンを一回試しましたが、ホワイトガソリンと何ら違いは有りませんでした。
今は 燃料を分けて使うのが面倒なので双方のランタンにはホワイトガソリンを使っています。
予備に3リットル携行缶に自動車ガソリンを入れて保管しています。
ガソリンランタンの利点は長時間連続点灯でき、真冬でも着火でき安定した点灯が続けられると言うことでしょう。
ただし、どんなガソリンでも揮発性が高いのでガソリン自体の扱いには万全を期して下さい。

今は3度目の緊急事態宣言で お家キャンプとばかりに車の無い車庫でマントルの空焼きを終え、ガソリンランタンに火を灯し、ポケストとメスティンで炊いたご飯にシングルバーナーで沸かしたお湯で温めたレトルトカレーをかけ、スキレットで焼いたベーコンをサラダに載せ 一人で夕飯を食べている私を見て家内は呆れています。
でも楽しい楽しいガレージソロキャンプ。

実はガソリンランタン購入以前から 独特な形と点灯までに面倒な手順を踏まなければならないし炎上は当たり前と言う 加圧式灯油ランタンに興味がありました。
しかし、もともと高価な本家ドイツ製はキャンプ熱の高まりで プレミア価格になっていて手が出ませんでした。
(コロナ禍で収入が激減した爺さんには到底無理)

そこで、先にガソリンランタンにしたのですが 形も構造も同じ(コピーなので当然)と言う格安中華製の
「シーアンカー 加圧式石油ランタン 500CP灯油№950/メッキリフレクター付」を見付けて練習用に購入。

購入当初 原因不明の大炎上ばかりで点灯できませんでした。(後にジェネレータ上部と根本の不良と判明)
メールによる販売店のアドバイスと部品発送により 不良部品交換で無事に点灯しました。
物凄い明るさと(コールマン286Aよりも)大型動物の呼吸のような灯油噴出気化音(286Aよりも大きい)に感激しました。

加圧式灯油ランタンはガソリンランタンと違って光量調節は出来ません。消灯時は圧力メーター脇の圧力抜きダイヤルを緩めて圧力を抜くことで燃料供給を止めて消します。
炎上時もそうして消しました。
しかし、燃焼中のガソリンランタンで 同じように燃料キャップを緩めて圧力抜きをしたら 生ガスが噴出して大変な事になるので 絶対ダメです。冷めきってから行って下さい。
そして、タンク内の燃料を抜いても若干は残ります。ガソリンは常温で気化するので燃料キャップを完全に閉めずに緩めておいて下さい。圧力が抜けて安全です。
ただし、周囲は火気厳禁で。

灯油ランタンの場合は冷めきったら 燃料ダイヤルの矢印を上にして燃料がジェネレーターの方へ出ないようにします。同じ様に圧力抜きレバーを若干緩めておきます。その後の整備が毎回必要です。
ニードルの針の曲がり。ニップルの穴の詰まり。各部の歪みや緩みの点検は必須です。

この様に機械いじりの好きな私にとってガソリンと灯油ランタンは 何とも楽しくなるような代物なのです。
まあ、石油ランタンに比べればガソリンランタンを点火する際に 時たま起きる炎上や小爆発等は可愛い物です。
また、燃料が灯油なのでホワイトガソリンよりもランニングコストが格段に安くて助かります。
双方とも100ccで約1時間弱の点灯です。
ガソリンは燃料コックを半開にしておけば光量は落ちますが点灯時間は延びます。

キャンプ等に持って出るには小型で安定のガソリンランタンを。
災害時の灯りには部品や工具が近くに有る事が前提でランニングコストの安い灯油ランタンを と役割分担ですね。

加圧式ガソリンランタンも扱いに気を使わなければなりませんが、加圧式灯油ランタンはメンテや問題対処に興味の無い方は決して購入をしないで下さい。
私の場合 購入後3週間でジェネレーターやニップル ニードル 噴出ノズルの交換を経験しました 現在は取れた余熱用アルコール皿を修理中です。
それにしてもランタンはガソリンでも灯油でも近くで本を読んでいると暑いです。凄い発熱量です。
これからは虫が寄ってきますね。
今 使っているアルミ缶を開いて作ったホヤの脇に差せる反射板に 蚊取りマットを挟めるよう加工してみます。

どんどん増えるランタンを見て(灯油 ガソリン ガス ハリケーン アルコール キャンドル 合計19点) 家内は「こんなに増やしてどうするの? 仏壇前に並べて燈明にするつもり? 明るすぎてご先祖様も驚くわよ!」
確かに---

追記→
中華製加圧式灯油ランタンに付いてきた キノコの傘のようなリフレクターがコールマン285 286Aにシンデレラフィットです。
ただし、ステンレス板をプレス抜きしただけなので尖りやバリが有ります。
鉄ヤスリで落として耐水ペーパーで丸め、ピカールで磨けば まるでコールマン純正。(ちょっと大げさ)

純正リフレクターより 外周も大きく絞りも緩いのでランタン下部へ光が集中せずに 純正より広く照らして良い感じです。
純正のリフレクターに近い価格でリフレクターにおまけで加圧式灯油ランタンが付いてきます。
ご参考まで----
(おまけの加圧式灯油ランタンの扱いは面倒ですが---)

この他にも 燃料の残りの排出方法や加圧ポンピングに付いても伝えたいことが有るのですが 長文になってしまったのでそれらの部品へレビューします。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年3月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年5月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。灯油ランタンレビュー高評価商品 ランタンガソリン ランタン