通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
コーヒーカップ4杯分の小さな物語 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 太郎宮
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【帯付】◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に微スレが確認できますが、紙面の状態は非常に良好です。【検品担当者より】書き込み等ございましたら、保障いたします。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コーヒーカップ4杯分の小さな物語 単行本(ソフトカバー) – 2006/10/22

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 148

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • コーヒーカップ4杯分の小さな物語
  • +
  • 珈琲日和
  • +
  • 新版 休みの日には、コーヒーを淹れよう。
総額: ¥4,361
ポイントの合計: 46pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

監督・脚本家である佐藤嗣麻子の「ストレンジャー・イン・パラダイス」ほか、4人の女性が綴ったコーヒーにまつわる短篇を収録。コーヒーの花、ほろにがコーヒー、モカマタリ、キリマンジャロ…。コーヒーが物語を運んでくる。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 128ページ
  • 出版社: 書肆侃侃房 (2006/10/22)
  • ISBN-10: 4902108321
  • ISBN-13: 978-4902108323
  • 発売日: 2006/10/22
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 11.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 700,945位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
ワンテーマで編まれたアンソロジーが好きでよく手に取る。

この本は個性の異なる4人の著者が点てた、コーヒーにまつわるショートストーリー。

著者紹介によれば1作目のコーヒーの作者は脚本家で、大胆な筋運びが楽しませる。

2作目のコーヒーはエッセイスト。文章に気品があり、古い喫茶店の描写が快い。

都会の裏町に本当に存在していそうだ。

3作目のコーヒーはポルトガル在住の作家、粗削りなエロティックさを感じた。

4作目のコーヒーは詩人、男女の思いがけない出会いを描いている。

喫茶店の片隅で熱いコーヒーを飲みながらめくるのに丁度良い仕上がり。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
なにげなく読むにはちょうどよい分量。
短編であればあるほどその筋立ての緻密さが
際立つので、4人の著者がどんなストーリー展開に
するのか、興味がわき購入した。
予想を裏切らず、佳作揃いだった。
4つのコーヒー物語とも、タイプが異なるので、
自分のお気に入りの一作品を見出す楽しみもあった。
個人的には川口葉子さんの「すみれの珈琲、れんげの
ゼリー」が心地よかった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 younashi VINE メンバー 投稿日 2007/7/26
形式: 単行本(ソフトカバー)
コーヒー好きなら、エスプレッソをキュッと飲み干すように読めてしまう短編集。
小気味良い悪夢のようだったり、珈琲中毒患者の気分になれたり、
このままドロドロと、苦く重苦しい空気が流れるのかと思いきや、
キリマンジャロのような爽やかな後味でスパッと終わらせるあたりは、
四人の女性ライターも、編集者も、かなりのコーヒー通と見た。
随所に現れるモノクロ写真も、コーヒーの香りが立ちのぼるようだ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
東京カフェマニアのサイトが大好きで、すごく期待して購入したんですが、

読んでみてガッカリしました。

どのお話も何となく中途半端な気がしたのは私だけでしょうか?

それぞれとても興味深い視点で書かれているのですが、

お話を膨らましきれず、終わってしまったような感じでした。

期待が大きすぎたのかもしれません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す