この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コーヒーがさらに楽しくなる おうちでコーヒー焙煎 単行本 – 2009/7

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,940
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

自宅でコーヒー焙煎するためのプロのコツを紹介。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

天坂/信治
1951年2月東京に生まれる。高校卒業後、喫茶業界に入る。銀座、池袋、神田などの喫茶店でバーテンとして働き、その後中堅の焙煎業者に就職し、プロバット焙煎機で焙煎を学び、30歳で、豆売り店ワイルド珈琲を浅草橋に開業。5年後上板橋店、7年後自宅を兼ねた焙煎工場を高島平に作り、10kgと15kgの焙煎機を設置。平成13年よりインターネットで生豆と焙煎機の販売を始め、平成16年より、手網焙煎の教室を開催し、ホームローストに力を入れ、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 112ページ
  • 出版社: 旭屋出版 (2009/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4751108417
  • ISBN-13: 978-4751108413
  • 発売日: 2009/07
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.2 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 724,396位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
2009年、発売になってすぐに入手しました。
誰からも教わることなく、長いこと自分だけで手網焙煎してきましたので、参考書としての購入です。
この本の購入前に、著者主宰の焙煎教室にも一度参加してお話を伺ってきましたが、その内容が全部記載されてる本でもあります。
記載内容につきましては、主観的過ぎると感じられるところもありますが、どれを拾って、どれを捨てるか、読む方の判断で参考とされるなら、非常に良い教科書になるであろうと思えます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
いろいろな角度から考えて、自家焙煎して飲むのが、一番経済的で、おいしいコーヒーが楽しめると思います。焙煎や抽出には多少の手間がかかりますが、慣れれば、案外簡単ですし、生豆もスペシャルティーコーヒーが使えてお得です。いろいろと工夫を凝らせば、焙煎違いでいろいろな味が楽しめますし、多少、失敗しても、たかが100g少々のことですし、自分と家族が飲むのなら、失敗作もご愛嬌というものかと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
①半分のページがQ&Aで消化
②焙煎器具の紹介が2種(小型焙煎機と手網焙煎器って・・・)
③見やすさを求めたのか、1ページ内の情報量が少なくレイアウトがスカスカ。
④内容が陳腐(もっと伝えなくてはいけない事あるんじゃ・・・?)
⑤豆や手法に主観が入り過ぎ
⑥全体的な価値はワンコイン(500円)が妥当なんじゃないかな?
新品はオススメしません。凄く損した気分になります。中古で十分だと思います。
この著者のシリーズはこんな路線ではないでしょうか?可能であれば立ち読みしてから購入した方が無難です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告