通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
コーヒー「こつ」の科学―コーヒーを正しく知るために がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーにスレキズはありますが状態は良好です。迅速に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

コーヒー「こつ」の科学―コーヒーを正しく知るために 単行本(ソフトカバー) – 2008/9/1

5つ星のうち 4.4 29件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • コーヒー「こつ」の科学―コーヒーを正しく知るために
  • +
  • コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか (ブルーバックス)
  • +
  • 珈琲完全バイブル
総額: ¥4,838
ポイントの合計: 146pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

コーヒーのこと、本当に知っていますか?
「ドリップは"の"の字に注ぐべし」とか
「深煎り豆ほどカフェインが少ない」など、
とかくコーヒーには蘊蓄がつきもの。
でも、それって本当なのでしょうか?

本書はそうした根拠があいまいなコーヒー論に科学の視点で軽快に斬りこみます。
これまで疑問に思っていたことの答えがきっとみつかるはずです。
コーヒーを語るうえで欠かせない基礎知識や用語の意味ももれなく盛り込みました。
コーヒー愛好家、プロは必読です。
科学といっても難しく考える必要はありません。
身近な疑問に著者が答えるQ&Aスタイルで、
全87の素朴な疑問に科学をからめ、わかりやすく説明します。

たとえば、
◎コーヒーの果実はどんな工程を経て一杯のコーヒーになるのですか?
◎コーヒー生豆はどんな成分で構成されていますか?
◎コーヒー豆を挽く目的は何ですか? 粉の大きさの種類の種類と主な用途を教えてください。
◎異なる種類のコーヒー豆を混ぜるブレンドの目的は何ですか?
◎コーヒーの賞味期限はどのように設定されていますか?
◎誰がどんな形でコーヒーの生産に携わっていますか?
ユーモラスなイラストを多数添え、身近にある科学に焦点を当てています。
プロでもアマチュアでも、誰が読んでも楽しめる内容です。

内容(「BOOK」データベースより)

コーヒーにはとかく蘊蓄がつきもの。でも、それって本当なのでしょうか?根拠があいまいなコーヒー論にコーヒー研究者、石脇博士が科学の視点で軽快に斬りこみます。身近な疑問に博士が答えるQ&Aスタイルで楽しみながらコーヒーの世界を旅してみませんか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 188ページ
  • 出版社: 柴田書店 (2008/9/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4388251143
  • ISBN-13: 978-4388251148
  • 発売日: 2008/9/1
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,219位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
コーヒーの飲み方は人それぞれだと思いますが、なぜそうするのか、ということがコーヒーのメカニズムから良く理解できます。
美味しいコーヒーの入れ方が単純に書いてある訳ではなく、どうすれば自分が美味しく感じるコーヒーを入れる事が出来るのか、また、そのためにはどんな器具が適しているのか、どんな豆が良いのか、という基礎知識も押さえてありますし、プロを目指す方には、生豆の選び方や、焙煎の仕方も丁寧に書かれています。
ちょっと困ったときにも使えそうで、字引きのような役割も果たしそうです。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
別にコーヒーの事を仕事にしているわけでも、趣味にしているわけでもなく只美味しいコーヒーを飲むのが好きであったがそれでも、長年の間には何気なく耳にした事や、雑誌で目にした事一瞬の?それでもまあいいかと済ませてきたが、この本で一気に解決した。忘れていた疑問も思い出しそれまで解決した。素晴らしい!
また解説のスタンスも非常に好感を持てた、農薬の問題やオーガニックコーヒーなどに対する回答も全く同意見でストレートで感動した。
生活空間のそばに常において暮してます。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
おいしいものを手に入れようとしたとき、ハウツー(How-to)には出会っても、ホワイ(Why)に出会えることはあまり多くない。この本には料理のレシピなどのハウツーを覚えるのが苦手で、その代わりホワイを知りたくなってしまう理科系の人間の心をくすぐるものがある。
きれいなグラビア写真がムードを盛り上げてくれないが、ひとつひとつの記事に「やっぱりそうだったのか」「えっ、意外」と納得していくうちに、本当は舌で、鼻で、目で味あわなければいけないコーヒーを脳みそで知的に味わえる気にさせてくれる本である。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 千紫万紅 トップ1000レビュアー 投稿日 2010/1/14
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本を読み終えたとき、コーヒーの森を散歩し終えた不思議な気分になります。
おそらく何度も読み返すでしょう。

コーヒーを元に、何かをしようとしている人にとっては、最良の入門書です。

生豆の選び方、焙煎の仕方、挽き方の基本方、湯の注ぎ方など、知りたいことがほとんど網羅されています。

保存の仕方など、包装パッケージのことにまで科学的な見解が述べられていて、思わず唸ってしまいました。

読後、コーヒーの楽しみ方をいろいろ試したいと思いました。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
『コーヒーの絵本』にも通ずる、力を抜いてコーヒーを楽しむ姿勢で書かれていて、共感できました。

技術的なことを細かく述べているわけではないので、マニュアルを求めている方には向かないです。

特定のショップやメーカー を偏重した記事、広告まがいの記事、スイーツのレシピが無いのも良かったです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
コーヒーは好きなのですが特にこだわって飲んだこともありませんでした。最近思い立ってペーパードリップで適当に淹れてみたのですがちっともおいしくないので、自己流はやめてこの本でコーヒーについてちょっと学んでみることにしました。初心者にもわかりやすく書いてあるし、豆について、器具について、淹れ方についてなどそれぞれがしっかり書かれていて読み物としても大変面白いものでした。この本を読んで、ものぐさな私はペーパードリップをあきらめてフレンチプレスにすることにしましたが、記載どおりとても簡単な淹れ方で豆の違いがよくわかるようになりました。コーヒーについて知るならおすすめの一冊です。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本の中で「アラビカ種は、現地ではジャングルの日陰に自生している」という一文が、私にとっては最高の価値がありました。コーヒーの木=赤道を中心とした太陽光の強い地域(コーヒーベルト)=暑いところが好き=強い直射日光を必要とする....という誤った先入観を持っていたため、この著書と巡り会う前に、知り合いからいただいたコーヒーの苗(種から実生)を3本死なせてしまったのでした。
 文章もQ&A形式で読みやすいし、イラストもユーモラスで楽しめる名書だと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
目からウロコの記述が山盛りですね。
自分がこれは常識だろと思っていたことや、経験則みたいなものがはっきりと間違っていると
この本を読んで気づかされたときは、正直、少し辛くなりました。

でも逆に言えば、この本がなかったら、その勘違いに気づきもしなかったという事もデモあります。
自分は、ただの一愛好家ですが、この本を読むことで、視野が広がりました。
コーヒーに対する様々な知識を教えてくれる名著ですね
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック