通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
コーチング―人を育てる心理学 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 新風堂書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※2001年9月10日第20刷発行。帯無し。天薄汚れ。表紙カバーにスレ、上部ヨレ、全体に少し焼けがあります。本文内は、お読み頂くのに支障のあるような、目立つキズ、汚れは無く概ね良好です。但し、あくまで中古品ですから経年による色褪せ、焼け、シミ、気にならない程度のキズ、汚れはご容赦下さい。注文確定後、クリーニング及び水濡れ対策梱包を行い、最速当日、通常2営業日以内に日本郵便ゆうメール(簡易梱包・追跡不可。梱包後のサイズ等により変更有り)にて発送致します。その他、商品について気になる点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コーチング―人を育てる心理学 単行本 – 1985/9/20

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 1985/9/20
"もう一度試してください。"
¥ 2,106
¥ 2,106 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • コーチング―人を育てる心理学
  • +
  • 武田建のコーチングの心理学
  • +
  • 人間関係を良くするカウンセリング―心理・福祉・教育・看護・保育のために
総額: ¥5,562
ポイントの合計: 169pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 誠信書房 (1985/9/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4414403189
  • ISBN-13: 978-4414403183
  • 発売日: 1985/9/20
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 535,188位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

関西学院大学フットボール部の前・監督であり、臨床心理学者の武田先生が「コーチされる側にとって、どのようなコーチングが、身に付くコーチングか」について述べている。つまり受け手の心理学からアプローチしているので、 分かりやすい。リアルである。当時、フットボールのコーチをしていた私は、封建的スタイル、精神論スタイル、 つまりは非科学的なアプローチの多かった、これまでの 日本フットボール界のコーチングと、米国で行われている ほめるコーチングとの差を、理論的に理解した。今、 ビジネス・コーチングが話題となっているが、まさに 通じる部分が多く、フットボール関係者以外にも是非とも 読んで頂きたい。私も、多くの方に、読後感をお話しした 例がある。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
某部活動の指導をしておりました。当時の指導は気合いだとか?試合に負けたら「後練」「生タックル」「取られた点数分グランドを走らせるなど」酷い練習をしていました。この本を読んで指導スタイルガラリと変えました。感動した部分の一部を引用します。日本中の指導者や人にものを教える立場の人に特に是非読んで欲しい本である。
◆誉める−何かの方法で、「良くやった」というコーチの気持ちを伝えることを、この筆者は総称して「誉める」と言う言葉で表現している。
練習を短くすることを強化子に使おうとすれば、部員達がやるべきことをやったから終了時間を早くするという具合にしなければならない。試合や練習中にパスされたボールを良く落とす選手が、1回でも2回でもボールを受ければ、ボールを落とす回数はそれだけ減るわけである。従って、ボールを落とすのを叱ったり無視するだけではなく、ボールを受けたときに大いに誉めることを併用する方が、ボールを落とす回数が減る。
◆選手達は、上から命令されるより、話し合いによって自分たちのすべきことを決めた方が、はるかに約束を守るものである。
◆罰が厳しすぎたり、頻繁に使いすぎると、選手達は不必要に緊張したり、不安感がたまり、伸び伸びと練習したり試合をすることができなくなる。つまり、何もしなければ罰せられる心配はないという心理が生まれてくる。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
スポーツコーチングへの心理学の応用、特に行動療法の応用について書かれた本。1985年に書かれたというのが驚き。日本における行動コーチングの先駆けといえる。ちなみに著者はほぼ同様の内容の「コーチングの心理学」(日本YMCA同盟出版部)を1982年に、「リーダーシップの条件」(大和書房)を1981年に書いている。本書は特に行動主義に関して詳しく書かれているように感じる。

欧米でスポーツ心理学が創始されたのが1970年代であるから、それと同時期に日本にも心理学的なスポーツコーチングが入ってきていたことが分かる。また、目標設定、リラクセーション、イメージトレーニング、主体性を引き出すことなど、後のスポーツ心理学に行動主義心理学が大きく影響を与えていることが伺われる。残念なことに、スポーツ心理学の発展と共に(臨床)心理学との差別化が進み、スポーツコーチング(メンタルトレーニング、心理学的スキルトレーニング)では不安などのネガティブ感情を扱う技術が薄れて行ってしまったよう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
情熱や気合いでなく、行動の原則に基づいた指導の実践マニュアルです。こういうコーチに指導されたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告