通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
コーカサス国際関係の十字路 (集英社新書 452A... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 書込みなし、カバーにアタリ・小傷等イタミありますが、本文自体には目立つイタミもなく、まだまだご活用頂けます。帯なし。迅速発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コーカサス国際関係の十字路 (集英社新書 452A) 新書 – 2008/7/17

5つ星のうち 4.5 22件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 69

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • コーカサス国際関係の十字路 (集英社新書 452A)
  • +
  • 旅行人163号特集コーカサス〜アゼルバイジャン+アルメニア+グルジア
  • +
  • コーカサスを知るための60章 エリア・スタディーズ
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 88pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

日本人がいちばん知らない地域で、今なにが起きているのか? コーカサスは、ヨーロッパとアジアの分岐点であり、古代から宗教や文明の十字路に位置し、地政学的な位置や、カスピ海の石油、天然ガスなどの天然資源の存在により、利権やパイプライン建設などをめぐって大国の侵略にさらされてきた。またソ連解体や、9.11という出来事により、この地域の重要性はますます高まりつつある。だが、日本では、チェチェン紛争などを除いて認知度が低いのが現実である。本書では、今注目を集めるこの地域を、主に国際問題に注目しつつ概観する。

内容(「BOOK」データベースより)

コーカサスは、ヨーロッパとアジアの分岐点であり、古代から宗教や文明の十字路に位置し、地政学的な位置や、カスピ海の石油、天然ガスなどの天然資源の存在により、利権やパイプライン建設などをめぐって大国の侵略にさらされてきた。またソ連解体や、9・11という出来事により、この地域の重要性はますます高まりつつある。だが、日本では、チェチェン紛争などを除いて認知度が低いのが現実である。本書では、今注目を集めるこの地域を、主に国際問題に注目しつつ概観する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 220ページ
  • 出版社: 集英社 (2008/7/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087204529
  • ISBN-13: 978-4087204520
  • 発売日: 2008/7/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 112,362位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
コーカサス地方――と言われて、ここだと言える人は少ないかもしれないが、
チェチェンの名前は知っている人は多いと思う。
8月12日にグルジア共和国から独立を宣言した南オセチアもコーカサスだ。
この地方はアジアとヨーロッパの分岐点でもあり古くから宗教や文明が複雑に入り組んできた。
カスピ海の石油、天然ガスなどを巡る利権などもあり、バルカン半島とは別の意味で「火薬庫」でもあった。

私はチェチェン紛争に関する本を何冊か読むまで、コーカサスのことはあまり知らなかったのだが、
本書はコンパクトに、コーカサスにおける民族紛争の歴史と実情がまとめられている。
民族紛争という重くて深いものを新書1冊にすることには無理はあるのは、著者も承知なのだろう。
そのためか、本書は「概観」といったほうがいいが、それでも非常に優れたものになっていると思う。

チェチェン紛争、ロシアの闇の部分などを「深く」知るには物足りないともいえるが、
ざっくりとしかし的確に全体が把握できるという点では、良書である。
揚げ足を取ると「表面的」とも言えなくはない。しかし、決して薄っぺらい内容ではない。
新書220ページ。十分に読む価値はあるだろう。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
アゼルバイジャン留学経験のある政治学者が
北カフカス-主にチェチェン
南カフカス‐アゼルバイジャン・アルメニア・グルジア
に関する歴史・政治・経済・宗教・文化等に関して解説した本。

コーカサスとそれを取り巻く、
ロシア・アメリカ・トルコ・イラン・ヨーロッパ
の政治力学の基礎知識を得ることができる。
網羅的な基礎知識というのが本書の目的と感ずる。
普段縁の無い地域だけあって、基礎知識が無い故、
簡便に読める貴重な良書だと思う。

数年前のグルジア紛争の背景理解に役に立つ。
今後もニュースを見た際、より深く理解することが可能になるであろう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 ちょっと古いですけど、今後の国際政治で大変重要なコーカサスの情報を得るための情報整理になりました。佐藤優の本など好きな人はこの本を読んでコーカサスの知識をそれなりに補強してから、読み直すといいかもしれない。東京で大手の本屋さん回ったが、どこも在庫切れ。アマゾンも新品は手に入らなかった。アマゾンで中古を購入。

 この本を読んでいる期間中ほどコーカサスの地図を何度も見たことは自分の人生でなかったと思う。巻末にコーカサスの地図が添付されている。これが非常に理解を助けてくれる。コーカサスの拡大図とトルコ、ギリシャを中心とした世界地図が巻末に添付されている。佐藤優の本やまんが「乙嫁語り」なんかもこういう地図添付してくれたら助かるんだけどなあとこの本読んで思った。
 
 さていわゆる「カフカス」この本でいうところのコーカサスはグルジア、アゼルバイジャン、アルメニアの3国を中心に記述されている。左右を黒海とカスピ海に挟まれ、上はロシアとその衛生国家に下をトルコとイランに挟まれる、まさに交通と軍事と、経済の要衝。宗教も民族も入り乱れて紛争の歴史を繰り返して来た国。

 複雑な歴史、民族、宗教を共有してきた国々を新書一冊で説明するのは大変難しい作業だったと思う。しかしかなりの程度導入の紹介には成功している本だと思う。それはこの本はまずロ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 革命人士 トップ500レビュアー 投稿日 2008/8/4
形式: 新書
前著「強権と不安の超大国ロシア」からあまり間を置かずのコーカサス地域情勢を概説した新書。かぶる部分は多少あるが、ロシア外交やコーカサス文化について割と紙数を割いた前著に比べ、本書はグルジア・アルメニア・アゼルバイジャンで構成されるコーカサス地域の国際政治経済に絞り、ソ連崩壊から今までの紛争史をフォローした。著者の面白い体験談なども盛り込んだ前著に比べると読み物としての面白みは薄れるが、「対ロシア」に限られていた前著よりは、イラン、アメリカなど周辺大国のコーカサスへのアプローチがわかるので、利害関係がごちゃごちゃ入り組んだこの地域全体への見通しは本書の方が利いている。

小国で僻地、紛争地で観光地もなく、バクー油田以外に注目する資源もないコーカサスの情勢は日本ではまず注目されない。今にもロシアと開戦かというほどグルジア情勢が緊迫度を増しているが、グルジアが崩壊したところで日本では芸能人の結婚ネタの方が大きく扱われるのだろう。でも、注目を集めつつあるこの地域の情勢の本は日本では本当に少ない。ちらりと頭に入れたいというなら、本書は有益であると思う。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック