Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,263
(税込)
ポイント : 11pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[森田直樹]のコンプリメントで不登校は治り、子育ての悩みは解決する ~子どもの心を育て自信の水で満たす、愛情と承認の言葉がけ~
Kindle App Ad

コンプリメントで不登校は治り、子育ての悩みは解決する ~子どもの心を育て自信の水で満たす、愛情と承認の言葉がけ~ Kindle版

5つ星のうち 4.9 80件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,263
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1,200

商品の説明

内容紹介

不登校・心身症・粗暴性は言葉の力で治る!

2011年刊の「不登校は1日3分の働きかけで99%解決する」で大反響を呼んだ森田直樹氏の不登校カウンセリング。本書はその続刊です。

著者がこれまで、不登校に悩む多くの親をカウンセリングしてきた経験から、不登校を引き起こす原因は、子どもの心の中にあるべき自信の水が枯れてしまったことにあると分かってきました。その自信の水を子どもの心のコップに戻してやることにより、様々な身体症状を改善したり、理性的な心を取り戻したりして、不登校を治すことができるのです。子どもの心に自信の水を注ぐのは、愛情と信頼をもった親の言葉がけ=コンプリメントです。本書では、様々な事例を挙げ、不登校や子育てに悩みを持つ親に、勇気と解決方を与えてくれます。

コンプリメント自体はシンプルですが、子育てに悩む親にとっては、毎日の言葉がけは、決して楽なことではありません。日々のコンプリメントをトレーニングし、壁にぶち当たったときにアドバイスする。それが森田直樹氏の提唱するコンプリメントトレーニングです。コンプリメントトレーニングによって、次のような症状が改善された事例を、本書で紹介しています。
【起立性調節障害、電子機器依存、いじめ・暴力等の反社会的言動、心身症から起こる頻尿・皮膚炎・パニック障害、等】

内容(「BOOK」データベースより)

コンプリメントトレーニング=その子の「よさ」を認め自信を取り戻させる言葉がけ。不登校・電子機器依存・起立性調節障害・暴力…コンプリメントで解決した57例の真実。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1035 KB
  • 紙の本の長さ: 115 ページ
  • 出版社: 小学館 (2016/12/6)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N4G8QM1
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 80件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 11,992位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
このレビューにたどりついた方は、お子さんを救いたい一心で検索された方だと思います。育児放棄の親が増えている中、そんなお母(父)さんの立派な思いがあれば、この先生の理論を学んで必ず光が見えてきます。子供の問題は大抵母親のせいにされますし、相談機関をどう選ぶか、身体症状もひどい場合、病気なのか大変心配だと思います。
私も当時中学生の息子がみるみる悪化し、身体的または精神的な疾患なのか、誰に相談すべきか必死で調べまくりました。このアマゾンレビュー(先生の前著 不登校は99%解決する)にようやくたどりつき、トレーニングを即決。このトレーニングの主な特徴をいくつか記したいと思います。あれから2年半たちますが、次々とステージが変わり、当時のどん底とは比べ物にならない状態になりました。

【支援方法の選び方】
薬の処方は副作用が大変危険ですし、根本的な解決にはなりません。自由にさせる方法では、今最大の原因である電子機器中毒が悪化し、社会復帰がさらに困難になります。理由は以下に記載しました。カウンセリングワークも半病人のようになっている息子には、自主的にワークができませんでした。親の問題として、自分と自分の親との関係を探るカウンセリングも、子供への直接的な働きかけが無く、時間だけが過ぎていきます。

でも、森田先生のトレーニングは、親の
...続きを読む ›
2 コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
私の職場に対照的な2人がいます。
1人はいつも人の良い面を見ていて悪口を言わず、柔らかい雰囲気を持った人。温かくて一緒にいると落ち着きます。
1人はいつも人の悪い面を見ていて悪口ばかりで、攻撃的な雰囲気を持った人。怖くて一緒にいるとびくびくします。
私は前者の方が好きで、後者の方は悪いところばかりではないのですが、人の悪口ばかりを聞かされるのは疲れます。
お二人がどのように育ってきたのかは分かりません。でも育てたように子は育つと聞きます。
私は子供が人や物事の良い面を見ることのできる人間になってほしいと願っています。

水戸黄門ではありませんが、人生、良いこともあれば悪いこともある、良い時もあれば、悪い時もある、世の中、良い人もいれば、悪い人もいる。
どこに行ったって、ジャイアンやスネ夫はいるんです。そんな中で生きていく力を子供が持つしかないんです。
マイナスをプラスに転じる力、笑いに変える力を持つことができれば、ずいぶん生きやすくなるのではないかと思います。
コンプリメントによる子育てで、子供はたくましく生きる力、ポジティブシンキングを身につけることができると感じています。

この本について、私の感想ですが、
◎良いところ
1.することが明確
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私は不登校の子供を持つ母親です。まじめでがんばり屋の娘が学校に行かなくなって5ヶ月経ちました。学校の先生も真摯に対応してくれるし、友達も居る。でも学校には行けないのです。
親の私には何もできない(学習相談などには行ってますが見守って、等と言われます) でもこのままほっておくわけにはいかないと、いろいろ探し出会ったのがこの本です。実はこういうハウツー物?はあまり好きではないのですが、この本は違いました‼
書いてある事がシンプルで解りやすく、(もちろん前著も)例がたくさん載ってるので、私でもできそうと思いました。
さっそく「お母さんうれしい」の声かけを3日続けると…づっと昼夜逆転していた娘が朝から起きてくるではありませんか!その日からまだ1週間ですが毎日朝起きてます。本当に驚いてます。
声を掛けるだけで荒れる時もあるので大変ですが、見守るだけよりずっといい、がんばってコンプリメントを続けます。励ましがあった方が続けやすいので、トレーニングもお願いするつもりです。
娘が学校に行けるようになったらまたレビューしますね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私の息子(次男)は、現在小学3年生ですが、去年、小学2年の10月より突然崖から転がり落ちるように不登校への道に入っていきました。それまでも私にとっては、小さい頃から育てにくい感じはずっとあり、育てやすかった長男との育児の差に戸惑うことばかりでした。好奇心が旺盛で、自分で色々と決めたい次男は、私の思いとは違う行動をとり、思い通りにならないと愚図るなど、子供らしいといえばそうですが、いつもどこの場所でも(家、学校、サッカーチームなど)怒られることが多い状態でした。私もいつも怒ってばかりで、イライラし、頭の片隅では、「こんな育児で良いはずがない」と思いながらも、次男を前にするとイライラがおさまらず、怒鳴りちらす、人格を否定するような言葉をぶつけることも多々ありました。「出ていけ、うっとうしい、お前なんかいらんねん」「ママがもう出ていく。ママがいない方がええやろ。」など、次男の存在を否定するような言葉を浴びせることもありました。(今思うと、本当にひどい言葉をぶつけていたと痛感します。)それでも次男の甘えはひどく、かわいいと思える日とそうでない日との繰り返しのような日々でした。そんな中、突然の不登校でした。私はフルタイムで仕事をしており、不登校をされると一番困ると思っていました。最初は、なぜ行かないのか、なぜ私の邪魔をするのかといった気持ちで何とか行かせようと説得や怒ったり、ひきずったり。で...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover