この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コンピュータは、むずかしすぎて使えない! 単行本 – 2000/2

5つ星のうち 3.6 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 625
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

新しいカメラや携帯電話の機能が多すぎて使いこなせない、銀行のキャッシュコーナーの使い方がわからなくて赤っ恥をかいた、リモコンがいっぱい増えすぎて、どれがどれだかわからない、「パソコンを使いこなせなきゃ時代に乗り遅れる」と言われて焦ってるけど、そもそも「使いこなす」ってコトバの意味がよくわからない、「わかりやすい」「やさしい」パソコン雑誌や入門書を読んでも、やっぱり書いてあることがわからなくてバカにされた気分…みんな、「ホモ・ロジクス(デジタルおたく)」のせいなんです!インターネット最大の書店アマゾン・コムのベストセラー、日本上陸。

内容(「MARC」データベースより)

ハイテク製品は作るプロセスが古臭いために必要以上に難しくなっている。私たちが手にするべきもっと良い製品をどう要求し、どう手にすべきかを説明。操作デザインのビジネス的意義を述べる。


登録情報

  • 単行本: 473ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2000/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 488135826X
  • ISBN-13: 978-4881358269
  • 発売日: 2000/02
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15.2 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 537,267位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 著者は自分の尺度でしか物事を見ることのできないプログラマーをホモロジクスと名づけた。そういったプログラマーの作るソフトは自分たちの常識を強要してくるので、ユーザーインターフェイスが悪く使いにくいのだそうだ。また、ユーザーの使用感よりも自分がプログラムを組むときのやり易さを優先するので、既存のインターフェイスを使いまわすのが使いにくさが増す原因らしい。

 この本はプログラマーの話ではあるけれど、どのような職種にもこういったことは起きるものである。自分の尺度、自分の都合だけで仕事をすれば、周囲が迷惑するだけでなく、ユーザーのニーズに応えることなどできるわけもない。そういう事態を回避するための方法を説いたのがこの本である。

 著者はペルソナというユーザーモデルを想定することからはじめるデザインを提唱していて、自慢たらたらの鼻持ちならないやつだが、一応業界ではカリスマらしい。全体を通して目新しい考え方というわけではないが、日常の仕事の中で身勝手な「常識」を作って、何を実現するための仕事なのか、だれにサービスしようとしているのかを見失わないように、警鐘を鳴らす意味では有意義な一冊だと言える。ただ値段が高いのが気に入らないけどね。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の第一の主張である「コンピュータ/ソフトウェアの使い方難しい」という点はその通りだと思う面が多い。難しさを抑えるために「こうあるべきだ」という理想と現実のギャップを理解するにはよい内容だと思います。しかし、「だからどうするのか」という点が非常に弱い。プログラマーを非難するだけして、デザイナーの必要性に落ち着く論旨が淡白というか物足りなさを感じます(その程度のことは誰でも分かっている)。この分野ではよく知られている著者の本なので大いに期待したのですが、問題提起以上の価値を見出せませんでした。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/1/18
形式: 単行本
本編はとても参考になる内容でしたが、訳者あとがきが不快です。
内容を否定するのはどうなんでしょうね…?
自論を展開したいのなら、訳者自身の著書で行うべきでは。
これから読まれる方は、その点お気をつけください。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2000年に出版された本書は、今日(2012年)からみれば12年も昔の本であり、コンピュータ関連の本としてはかなり古いですが、著者であるアラン・クーパー氏がVisual Basicの考案者であるということに魅かれ、読んでみることにしました。

顧客に愛されるソフトウェアをリリースするにはどのように開発を進めれば良いかということが、操作デザインの専門家の立場から、わかりやすい文章で書かれています。この本を読んだおかげで私は、「ペルソナ手法」の基本を理解することができたと思います。

翻訳者は、「訳者あとがき」にて、著者とこの著作を批判しています。翻訳者いわく、著者であるアラン・クーパーは、本書において、その主張を裏付ける説明がきちんとできていないとのことですが、その批判は私には的外れに思えました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本の真価は,製品開発において「ペルソナ」を用いた消費者像の明確化によって,開発製品に高い満足感をもった消費者をいかにうまくつかんで行けるかを,クーバー氏自身のデザイン会社の成功例を通じてうまく説明していることにある。
この本に対して反テクノロジー的快哉や共感くらいしか叫ばない人たちは,この本の第三部以下を読んでいないのだろう。本の表題や「山形浩生」色に引きづられたのかも知れないがもったいないことである。
ユーザ嗜好の多様化によりいかにニッチ市場をつかむかが商売の決め手と考えられている今日だからこそ,ぜひ本の後半の意味を考えてもらいたいものである。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/6/27
形式: 単行本 Amazonで購入
この本はコンピュータのユーザービリティを考える機会を与えてくれます。
今まで使いやすさ・わかりやすさについてあまり真剣に考えて
こなかった人には新鮮なのではないでしょうか?
技術者としては十分に考えていかなければならないことが書かれて
いると思います。
一方、ユーザビリティに詳しい人には物足りないかも。
残念なことは実用書にはほど遠い本のぶ厚さ。473ページもあります。
小説のような長くくどい文章が気になります。
この本のユーザビリティはどうなの。
なので星3つ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー