通常配送無料 詳細
通常1~3週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに少々のキズがあります。美品です。発送は迅速に実施、またメールにてご連絡します。よろしくお願いします。領収書が必要な方は、購入時にメールで領収書希望とお書きください。帯あり。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コンピュータに知恵はない―情報を知恵にかえるための発想の転換 単行本 – 2007/12

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本型ビジネスインテリジェンスを提唱。日本には日本にマッチしたビジネス情報の活用がある。情報を知恵に変え、会社の成長ドライバを探し出せ。貴方の会社を元気にする珠玉の情報活用術を一挙紹介。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

奥沢/浩
株式会社日立システムアンドサービスビジネスコンサルティング部BI担当部長、経営品質協議会認定セルフアセッサー。1982年関西大学工学部卒業後日立コンピュータコンサルタント(現:日立システムアンドサービス)に入社。製造業関係のシステムエンジニアを経て、1991年からデータベース関係のビジネスを担当。1997年世界的に著名なBIツールであるビジネスオブジェクツと出会い、以降BIビジネスに従事。多数のユーザでBIシステム構築の経験を積みながら、日本におけるBIのあり方について研究。2005年BIの発展形であるEPMを目指した新組織に移り現職に就く。BIビジネス全般のマネジメントを担当しながら、自らもユーザに出向きBI導入のコンサルティングを行っている。情報の戦略的活用はライフワークであり、2006年6月には“データウエアハウス&CRM EXPO”の専門セミナーにて「見る 知る 分かる 知らしめる これが日本のBI」というテーマで講演を行っている。石川県金沢市出身、横浜市在住。妻と娘の3人家族(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 165ページ
  • 出版社: カナリア書房 (2007/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778200586
  • ISBN-13: 978-4778200589
  • 発売日: 2007/12
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,085,641位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 日本では、いわゆるBIの導入が諸外国に比べて少ないという調査があ
る。著者は、この分野で10年以上にわたり携わってきた、いわゆる、第
一人者である。何せ、肩書きが、「BI担当部長」である。おそらく、日
本で、いや世界でたった一人の肩書きではないか。

 著者は、日本における導入が少ない原因を、経験や調査から解き明か
し、日本独特の会社組織のあり方や経営のあり方にあるとする。また、そ
ういう風土の違いを認識して、いかに、BIを経営に役立つツールとして
導入すべきか、多くの示唆を与えてくれる。

 語り口調は、著者の性格を反映してか、すこしシニカルでユーモアにあ
ふれている。著者は、IT技術者向けでなく、経営者・管理者向けに記述
した、と書いているが、IT技術者こそが読み、BIの導入の真の意義を
振り返ってほしい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告