中古品
¥109
+ ¥299 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◇◆主にゆうメールによるポスト投函、朝9時までのご注文は当日出荷致します。◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。◆帯、封入物、及び各種コード等の特典は無い場合もございます◆◇
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


コンピュータが子供たちをダメにする (日本語) 単行本 – 2001/11/1

5つ星のうち3.3 7個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥109
¥58
5%還元 キャッシュレス払いなら、お得 詳細

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • キャッシュレス・消費者還元5%の対象商品です。5%の還元が注文確定時に適応されます。 Amazonによる割引。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

   コンピュータとインターネットの爆発的な普及で、ほしい情報がすぐにしかも手間をかけずに手に入る時代になった。しかし道具(コンピュータ)が便利になる一方で、それを使う人間が退化してしまう…。

   本書は、こういったコンピュータ社会の問題のなかでも、特に子供たちの教育とコンピュータの問題にフォーカスしている。文部科学省が数百億円を投じて力を入れている「IT教育」では、その中心としてパソコンを使った学習が推奨され、小中学生のうちからパソコンが使えるようにするという教育が推し進められている。

   著者は、こういったIT教育には効率的な学習ができる反面、さまざまな落とし穴が隠されているという。IT教育先進国のアメリカでは、巨額を投じて学校に導入したコンピュータシステムを、常に最新のものに維持するためのコストの問題をはじめ、さまざまな問題が噴出しているという。なかでも子供たちに対する「教育の質」は重要な問題だ。コンピュータを操作できることと、理解力や創造力の発達は別の問題で、コンピュータで問題を検索することはできても自分の頭で問題を考えることができない子供たちがアメリカでは実際に増えているという。

   コンピュータは「目的」ではなく、なにかをするための「手段」でしかないという当たり前のことが忘れ去られ、コンピュータを使えることが教育の目的であるかのようになりつつある、現在のコンピュータ社会と教育現場に鋭く問題を提起した1冊だ。(近藤大介)

メディア掲載レビューほか

コンピュータが子供たちをダメにする
かつてコンピューターといえば不気味な存在だった。映画や小説・マンガでは巨大コンピューターが世界を支配しようとするというシチュエーションが繰り返されたものだ。今日、コンピューター恐怖症は完全に払拭されたように思える。学校では「コンピューター・リテラシー」が議論され、すべての学校にパソコンが導入された。

 ちょっと待てよ、コンピューターはそんなに役に立つのか、すべての役に立つ万能薬なのか――と、この風潮に真っ向から疑義を唱えるのが本書である。著者は天文学者ではあるが「カッコウはコンピュータに卵を産む」でハッカーとの息詰まる攻防の体験を描いて一躍有名になった、ごく初期からのインターネット・ユーザーだ。

 その主張は単純明解。コンピューターは何かをする際に道具として役に立つが、「何をするか」は決めてくれない。むしろ「何をするか」ということの訓練にとってコンピューターは有害ではないか。問題そのものを見抜く能力や問題を解決する能力、つまりは人間に特有の思考能力は、コンピューターを使うことでは養えない。それどころか有害でさえあるというのだ。

 実際にインターネットを使っている身として、その主張はあまりに単純化が過ぎ、過激に走っていると思える部分もある。しかしその根幹は極めてまっとう。「コンピューターに子供は育てられない」ということだ。

 コンピューターはすべての問題をバラ色に解決する万能薬ではなく、便利な道具でしかない。そのことを思い出させてくれる本だ。パソコンとインターネットに浸っている人ほど読むべきだろう。

(ノンフィクションライター 松浦 晋也=ノンフィクションライター)
(日経パソコン 2002/01/21 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画


登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.3
星5つ中の3.3
評価の数 7
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2018年6月9日に日本でレビュー済み
2005年7月18日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2001年12月30日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年5月26日に日本でレビュー済み
2007年7月2日に日本でレビュー済み
2005年12月31日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2002年3月29日に日本でレビュー済み
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告