中古品
¥ 233
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 角折れあり。中古品の為、カバーに多少の使用感、ヨレ、シワ、キズ等がございます。カバーデザインが異なる場合がございます。<検品担当者より>チェックは万全を心がけておりますが、万が一見逃しがあった場合はご了承下さいませ。発送時は、可能な限り48時間以内にゆうメールにて発送を致します。(お問い合わせはメールにてお受け致します。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コンビニ 不都合な真実 (ベストセレクト 767) 単行本 – 2007/11

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 233
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ、本部だけが儲かって、オーナーは儲からないのか。なぜ、本部を訴えるオーナーが増えているのか。裁判の争点は何か、裁判の行方はどうなるのか。なぜマスコミは「コンビニ問題」を報道しないのか。オーナーに明るい未来はあるのか、コンビニ業界はどこへ向かうのか。


登録情報

  • 単行本: 207ページ
  • 出版社: ベストブック (2007/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4831401013
  • ISBN-13: 978-4831401014
  • 発売日: 2007/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 311,449位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
★5つ

コンビニエンス業界のフランチャイズ制度がはらむ問題については、
多くの人間が気づきながらも、声高にそれを批判することは難しい。

コンビニエンスが既に雑誌や新聞の主要販路であることや、
広告主としても大きな存在であることなどから、
マスコミに対しては強い立場にいることもその理由であろう。

そうした中でコンビニエンスに対する批判を訴えるものの多くは
その制度によって甚大な被害を受けたとされる被害者たちによるもの
そしてそれらを救済しようとする弁護士や会計士によるものであり、
それらはどうしてもヒステリックなトーンになりがちで
中立的な立場で耳を傾けるにはやや抵抗を感じてしまうものである。

ところがこの本の著者は、非常に冷静かつ客観的にこの問題を炙り出している。
結果的にはタイトルが示すとおり
コンビニエンス本部のやり方を批判する内容になってはいるが
それは押し付けではなく、読者がそう判断できるように材料を揃えてある。

この本だけで問題の全てを理解できるとは思えないが、
少なくともその適切な判断基準の土台を与えてくれるものであると思う。

今後コンビニエンス経営を考えているオーナー候補者は必読の書である。
コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
コンビニ問題を書いた本というと、
FC本部つまりセブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどの「本社」が、
実際に現場の店舗を経営しているFC加盟店オーナーを食い物にしていることに対して、
「詐欺」「悪徳商法」と口汚く罵る類のものが多い。
その手の本を読んだことがあるが、正直辟易させられる。
ただし本書はあくまで冷めた筆致で、本部憎しの先入観が感じられないところ、
客観的なところをまず評価したい。
たとえば淡々と「カップヌードル」(日清食品)をセブンイレブン加盟店は1個あたり119円70銭で仕入れていることが、
証拠の写真(コンピュータ画面)つきで紹介されている。
この119円70銭とうい仕入れ値、ふつうのスーパーの小売値(98円前後)や100円ショップの小売値より明らかに高い。
スーパーの小売値より高い価格で商品を仕入れさせられている商店主(加盟店オーナー)って、、、、、、。

世間的にはカリスマ経営者のあの方(鈴木敏@・セブン&アイ会長)が、
書籍や新聞・雑誌等を通じて発言していることのウソも、
いろんな証拠つきで紹介されているのも痛快。
マスコミがなんでコンビニ商法をきちんと批評できないのか。
裏話もきちんと書かれている。
コメント 107人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cnmijoe 投稿日 2008/10/27
形式: 単行本
コンビニFCのみなさん、特に地方でまじめに契約を守り指導に従い、24時間営業を必死にまもっている店舗オーナーの方々、必読書です。
廃棄ロスの話はそのからくりとリアルな現実が、実際の店舗と本部の対応を述べながら説明されています。
FCに関しては、本部が必ず儲かる仕組みになっていることを理解し、その契約(システムの中で)対応できないと生き残れません。自分の店舗でいかに利益をだしていくか、この書籍は一つの答えを出しています。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私自身、コンビニの経営者として勧誘されており、いろいろ調べる一環として、肯定派、否定派の著作から1冊づつ選び本書を読みました。

私は知り合いにコンビニ経営者がおりその方からも話しを聞いていたのですが、本部と経営者(私は奴隷と思いました)の関係が良くわかる1冊だと思います。

近くのコンビニでこんな事がありました。

自宅で深夜仕事中に印刷用のコピー用紙が足らなくなり、近くのコンビニへ走りました。売り場には用紙が販売されていなかったので、オーナーとおぼしき人物に、コピー機内の用紙を有料で分けてくれと頼みましたが、「中を開けるためのキーも持ってない」と断られました。

トカゲの尻尾のようなコンビニの加盟店制度の大きな矛盾が本書を読むとよくわかります。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告