Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,399
(税込)
ポイント : 139pt (9%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[村田沙耶香]のコンビニ人間 (文春e-book)
Kindle App Ad

コンビニ人間 (文春e-book) Kindle版

5つ星のうち 3.9 440件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,399
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 700

商品の説明

内容紹介

第155回(2016年上半期)芥川賞受賞作

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

内容(「BOOK」データベースより)

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 342 KB
  • 紙の本の長さ: 88 ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/7/27)
  • 販売: 株式会社 文藝春秋
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01IP73PTW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 440件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 152位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本なんて滅多に読まない自分が、なぜ今年の芥川賞のこの作品を読んでみたい!と心から思ったのは、お恥ずかしながら何を隠そう私も主人公とほぼ同じ現役コンビニバイト(しかも今年で14年目ぐらい)だからだ。ちなみに今の年齢は38歳(主人公よりむしろ上なのだよ‥‥汗)あっと言う間に読破できた。2時間足らずで読めました。唯一、主人公と私の違う所といえば、自分はわりとセミやスズメなどの小動物は主人公の古倉さんとは真逆で、絶対に何が何でもお墓を掘って埋めてやるタイプですし、もう1つは性体験があるかないかってことぐらいの違いだけで、あとはほとんど似ていた。
とにかく全ページを共感しながら読んだ。
まるで自分のことをモデルにして書いてくれたんじゃないかと思ったほどです。っていうか、これ、コンビニでバイトしてる人、もしくはしたことある人になら、たいてい皆”うんうん、わかるわかる!”ってスンナリ(スラスラ)読めちゃうと思います。印象に残った場面は、店長たちがバックルームで急に恋バナのトークに興味津々に聞いてきたり、おめでとうって言われたり。。ああー、そういう変貌する周りの人のこと、共感できるなーって思いました。現に、実際いま私が働いてる店のオーナーさんも(今は無くなりましたが私がまだ30歳になったばかりか、なる直前の頃、よく、だれかと恋愛で引っ付けて付き合わせようとしたり?まるで昔近所に
...続きを読む ›
1 コメント 473人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
なんで結婚しないの?子供産まないの?男なのに正社員じゃないの?
友達いないの?作ったほうがいいよ。
「普通」じゃないからと、こんな無礼な質問をされた経験のある人は多いと思います。そんな人には、この本は共感に次ぐ共感。私の過去をなんで知ってるの?ってレベルだと思います。
私はこの主人公ほどではありませんがやはり「普通」ではなく、今までずっと世間に対して感じてきた言葉にできない気持ち悪さを代わりに文章にしてくれたような作品でした。同級生とのBBQやバックヤードでの会話での居心地の悪さ、読んでいながら鳥肌立ちそうな嫌悪感は体験した人じゃないと分かりません。よくここまでリアルに書けたなと感心すらしてしまいます。
というわけで、「普通じゃない」と世間から排除されてきた人にオススメなのは勿論ですが、いわゆる普通な人で世間と上手く馴染んで幸せにやってきた人にも読んでもらいたいです。いつも何気なくぶつけている遠慮のない質問が、相手をどんな気持ちにさせているか、少しでも想像するきっかけになったら良いなと思います。
コメント 179人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
だいたい芥川賞というのはつまらない小説に授与される伝統があるのだが、今回はどうかしてしまって史上三本の指に入る面白さである。実際にはほぼ作者の体験を描いているのかもしれないが、いずれにせよ面白い。選考委員どうしちゃったんですか、という感じである。
3 コメント 369人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
通勤電車内で読んでいたのだが読了直後しばらく( ゚д゚)ポカーンと茫然としてしまって降りる駅を通り過ぎてしまうところだった。
ま、まさかこんな終わり方をするなんて。
前半は面白くも、どこか古い感じが否めない。
そりゃ既婚正社員を「普通」として、それ以外を異端として弾き出す同調圧力は日本人の得意技ではあるが
それでも昨今はだいぶ、結婚しない自由とか正社員ではない働き方が(昔と比べて)認められてきている。
だから今更、そういう道から外れた生き方をせざるを得ない人にスポットライトをあてて息苦しさを描写するのはちょっと遅いんじゃないか。
お見合いおばさんとか人生説教おじさんとか他人の人生に干渉してくる人も順調に減ってもうすぐ絶滅危惧種になりそうだし。
というわけで、面白いものの、アンテナの感度は弱いんじゃないの、なんてエラソーに感想を抱きつつ読み進めていたから、
ラストの展開には驚愕した。
人によってはどこがすごいのかと思うような終わり方かもしれないが、私にとっては衝撃だった。
だってまさか、コンビニのために生まれたという自己肯定をしてしまうとは思わなかったから。
「私は人間である以上にコンビニ店員なんです。人間としていびつでも、たとえ食べて行けなくてのたれ死んでも、そのことから
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
自分は知り合いの顔を見てこの本のレビューをするのが少し怖い。
自分という人間が計られる気がするから。

空気が読めないというレベルではなく、「人の情緒が理解できない」という世界では「ホンモノ」の古倉さん。

子供時代、同級生の喧嘩を「物理的」に止めるため、2人の頭をスコップでどつく古倉さん。
「普通」を糊塗するために、同僚のカバンを漁る古倉さん。
栄養をとるためにただ茹でた野菜を口に詰め込み、「塩気が欲しかったらこれをかけろ」と醤油を差し出す古倉さん。
「この人スゲーな」となにか怖いもの見たさのワクワクで頁を進めた自分の背中には、いつしか薄闇のような不安が忍び寄ってきていた。
「俺が古倉さんと同じでないと、なぜ言い切れる・・・?」

古倉さんが世間の「異物」であったのは彼女の破天荒さ故だった筈が、物語が進むにつれ、その「世間」の方が異様なのであって、古倉さんは、そしてその古倉さんが分かる自分が正しいのだ、と感じられてくる。

おい待て、いつから自分と古倉さんを同一視していた?

霧のように湧き上がる不安を薄めようとレビューを見ると、「無害なサイコパス」「全く理解できない」の文字・・・

やはり自分は古倉さんのように
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover