Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,000

¥ 404の割引 (29%)

(税込)
ポイント : 10pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[村田沙耶香]のコンビニ人間 (文春e-book)
Kindle App Ad

コンビニ人間 (文春e-book) Kindle版

5つ星のうち 3.9 509件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,000
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,144 ¥ 549

商品の説明

内容紹介

第155回(2016年上半期)芥川賞受賞作

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

内容(「BOOK」データベースより)

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 342 KB
  • 紙の本の長さ: 88 ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/7/27)
  • 販売: 株式会社 文藝春秋
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01IP73PTW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 510件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 234位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
読んだ後も特に何も感じなかったし、単純に気持ち悪い話しだったなって思った。
普通とか、普通じゃないとかの概念をずっと同じペースで書いていて、ストーリー性もなく途中で飽きたし、内容のスケールが小さすぎて普通がどうかを考えてる小さな思考の人が多いのかなって思いました。
共感するところがなかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2017/5/20
形式: Kindle版 Amazonで購入
古倉さんの取り巻きに嫌悪感を抱きながらも、自分も"普通"にとらわれ、またその尺度を他人に押し付けて生きてきたのかもしれないと思いました。
"普通"を捨てて選んだコンビニバイトは、もともとは"普通"になれるから選んだ選択肢だったはずという所に皮肉を感じ、"普通"って面倒で難しいものだなとしみじみ思いました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
自分と重ねて考え方とか共感できると思いました。多くの人に読んでもらいたいと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「芥川賞では珍しく面白い」というレビューをいくつか見かけたので購入しました。

【あらすじ】
古倉恵子は36歳、未婚の女性でコンビニアルバイトを18年間続けている。付き合った男性はいない。
日々コンビニのものを食べており、夢にまでコンビニの仕事のことがよぎってくる。
コンビニの新人アルバイト、婚活目的の白羽と主人公は同棲するようになる。
そうして主人公は、男性と同棲するという肩書を手に入れたは良いが、白羽との関係により周囲の人の自分への見方が変わって行き…。
:「就職か結婚かという「普通」の人になれないと爪はじきにされるか、好奇の目で見られるのはなぜか」、「コンビニ店員でいる間、古倉恵子は居場所が与えられていると感じる」

【コメント】
・150ページ程度で文章は平易、主人公や白羽の主張はよくある現代批判で分かり易い。他の芥川賞受賞作をあまり読んだことがないので比較はできないが、普段本を読まない人でも読み易い作品だと思う。
ただ、ほぼ「コンビニ人間」というタイトルから予測できるような展開でそんなに驚きはなかった。私自身文学の良し悪しが分かるほどの眼力があるか自信がないが、正直有名な賞を受賞するほど素晴らしい作品なのか疑問ではある。
・初めにタイトルだけ見たときは安
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本なんて滅多に読まない自分が、なぜ今年の芥川賞のこの作品を読んでみたい!と心から思ったのは、お恥ずかしながら何を隠そう私も主人公とほぼ同じ現役コンビニバイト(しかも今年で14年目ぐらい)だからだ。ちなみに今の年齢は38歳(主人公よりむしろ上なのだよ‥‥汗)あっと言う間に読破できた。2時間足らずで読めました。唯一、主人公と私の違う所といえば、自分はわりとセミやスズメなどの小動物は主人公の古倉さんとは真逆で、絶対に何が何でもお墓を掘って埋めてやるタイプですし、もう1つは性体験があるかないかってことぐらいの違いだけで、あとはほとんど似ていた。
とにかく全ページを共感しながら読んだ。
まるで自分のことをモデルにして書いてくれたんじゃないかと思ったほどです。っていうか、これ、コンビニでバイトしてる人、もしくはしたことある人になら、たいてい皆”うんうん、わかるわかる!”ってスンナリ(スラスラ)読めちゃうと思います。印象に残った場面は、店長たちがバックルームで急に恋バナのトークに興味津々に聞いてきたり、おめでとうって言われたり。。ああー、そういう変貌する周りの人のこと、共感できるなーって思いました。現に、実際いま私が働いてる店のオーナーさんも(今は無くなりましたが私がまだ30歳になったばかりか、なる直前の頃、よく、だれかと恋愛で引っ付けて付き合わせようとしたり?まるで昔近所に
...続きを読む ›
1 コメント 516人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 epi 投稿日 2017/6/16
形式: 単行本
普通じゃない人を「普通に治す」ことが正義だと思っている人があまりにも多い。
普通じゃない人は「可哀想」だと思っている人があまりにも多い。
普通か異常の境目ってなんだろう。
普通を押し付ける行為の方が異常ではないだろうか。
途中いろいろと笑ってしまいましたが面白く読みました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「普通」ということが分からなくて家族からも病気扱いされている一人の女性の生き様を描いた物語。

成人したら就職して、結婚して、子供をつくって、という一般的には当たり前と考えられている価値観になじめず、コンビニで働くことだけを生きがいにしている古倉さん。

正常な世界から異物扱いされていることに気づいて懸命に周りに合わせながら、世間に納得してもらう生き方を模索し続ける生き様は読んでいて悲しかった。

個人的には自分のことしか考えず身勝手な白羽くんが好きになれなかったが、家に動物をおいているという古倉さんの感覚は的外れではないと思った。

物語の発想はおもしろかったが、もう少し古倉さんの感情の起伏や、病気になったときの展開などを見たかった。

いやいや仕事をしたり家庭をつくったりするくらいなら、古倉さんのようなコンビニ店員という自分の好きなことをして生きる方が幸せかもしれないと感じさせる物語だった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover