Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,399
(税込)
ポイント : 293pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[村田沙耶香]のコンビニ人間 (文春e-book)
Kindle App Ad

コンビニ人間 (文春e-book) Kindle版

5つ星のうち 4.0 423件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,399
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 698

Kindle雑誌セール 99円~
Kindle雑誌が99円~とお買い得!ビジネス、ファッション、趣味・実用雑誌ほか多数。 今すぐチェック
【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

第155回(2016年上半期)芥川賞受賞作

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

内容(「BOOK」データベースより)

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 342 KB
  • 紙の本の長さ: 88 ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/7/27)
  • 販売: 株式会社 文藝春秋
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01IP73PTW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 423件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 282位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本なんて滅多に読まない自分が、なぜ今年の芥川賞のこの作品を読んでみたい!と心から思ったのは、お恥ずかしながら何を隠そう私も主人公とほぼ同じ現役コンビニバイト(しかも今年で14年目ぐらい)だからだ。ちなみに今の年齢は38歳(主人公よりむしろ上なのだよ‥‥汗)あっと言う間に読破できた。2時間足らずで読めました。唯一、主人公と私の違う所といえば、自分はわりとセミやスズメなどの小動物は主人公の古倉さんとは真逆で、絶対に何が何でもお墓を掘って埋めてやるタイプですし、もう1つは性体験があるかないかってことぐらいの違いだけで、あとはほとんど似ていた。
とにかく全ページを共感しながら読んだ。
まるで自分のことをモデルにして書いてくれたんじゃないかと思ったほどです。っていうか、これ、コンビニでバイトしてる人、もしくはしたことある人になら、たいてい皆”うんうん、わかるわかる!”ってスンナリ(スラスラ)読めちゃうと思います。印象に残った場面は、店長たちがバックルームで急に恋バナのトークに興味津々に聞いてきたり、おめでとうって言われたり。。ああー、そういう変貌する周りの人のこと、共感できるなーって思いました。現に、実際いま私が働いてる店のオーナーさんも(今は無くなりましたが私がまだ30歳になったばかりか、なる直前の頃、よく、だれかと恋愛で引っ付けて付き合わせようとしたり?まるで昔近所に
...続きを読む ›
1 コメント 449人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
なんで結婚しないの?子供産まないの?男なのに正社員じゃないの?
友達いないの?作ったほうがいいよ。
「普通」じゃないからと、こんな無礼な質問をされた経験のある人は多いと思います。そんな人には、この本は共感に次ぐ共感。私の過去をなんで知ってるの?ってレベルだと思います。
私はこの主人公ほどではありませんがやはり「普通」ではなく、今までずっと世間に対して感じてきた言葉にできない気持ち悪さを代わりに文章にしてくれたような作品でした。同級生とのBBQやバックヤードでの会話での居心地の悪さ、読んでいながら鳥肌立ちそうな嫌悪感は体験した人じゃないと分かりません。よくここまでリアルに書けたなと感心すらしてしまいます。
というわけで、「普通じゃない」と世間から排除されてきた人にオススメなのは勿論ですが、いわゆる普通な人で世間と上手く馴染んで幸せにやってきた人にも読んでもらいたいです。いつも何気なくぶつけている遠慮のない質問が、相手をどんな気持ちにさせているか、少しでも想像するきっかけになったら良いなと思います。
コメント 154人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
だいたい芥川賞というのはつまらない小説に授与される伝統があるのだが、今回はどうかしてしまって史上三本の指に入る面白さである。実際にはほぼ作者の体験を描いているのかもしれないが、いずれにせよ面白い。選考委員どうしちゃったんですか、という感じである。
2 コメント 354人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
途中、想像もつかない同棲の形に圧倒され、少々気分が悪くなりましたが、最後は自分の本望を認識し前向きに生きていく主人公が描かれており、ある意味ハッピーエンドだと思うのですが、何となくもやもや感が残ったまますっきりしない終わり方でした。人間の生き方の多様性についてさらに視野が広がる過程を体感できると言えるかもしれません。その過程でのもやもや感はある意味必然かもしれません。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
単純化すると、主題とそれを伝えるための文章で構成されているのが小説。
主題は常識や多数派による異質性の排除とその排除への違和感。
このような意義深く、重い主題を、軽やかにコミカルに分かりやすく伝えるのに成功しているのがこの作品。
よい主題をうまく伝えるのが作家の使命。簡単ではない。多くの作家が日夜悪戦苦闘している。
それを見事にやってのけたのが著者の村田さん。
芥川賞の選考委員の多くは脱帽している模様。選評を読めばわかる。5-10年に一度くらいの高い評価。

しかも、等身大の村田さんが自分自身を投影しながら執筆したことが推測できる。著書に対して、共感と好感を持つことができる。

売れて欲しい本です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
主人公は幸せだ。コンビニという居場所。自分の存在意義を見つけられたのだから。
多くの人はそれを見つけられずに社会の暗黙のマニュアルに沿って迫害されないように生きてる。犯罪等問題を犯さず適齢期になれば学校に行って就職して結婚して子育てして死ぬ。この流れ。
そして世間話という形で自分の社会的地位を確認し合っている。みんな自分よりも下の人間がいると落ち着くから。スケープゴートを探してる。
だから主人公は強いと思う。
スケープゴートになろうともマニュアルから逸脱し自分がやりたいことを見つけてそれで生きていくことを選んだ。
自分はそれを見つけられそうにもないし今更探すのも面倒だ。だからといってクズ骨男みたいにはなりたくないので、スケープゴートになることに怯えつつせいぜい誰が決めたかわからぬこの暗黙のマニュアルをせめて楽しんで生きていこうと思う。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover