通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
コンビニ・ララバイ (集英社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中身は開きぐせもなくコンディション良好です。天に小さなシミがみられるため安価にてご提供いたします。表紙面に若干の細かい小キズ等はみられますが全体的に目につくような汚れ等なく大変綺麗です。☆アルコール除菌済み☆土日祝日も年中無休で発送致します。クリスタルパックに入れて丁寧に梱包し迅速に発送いたします!※弊社で入念なチェックはしておりますが、中古の品になりますので見落としがある場合がございます。万が一の品質不備は審議の上ご返金対応致します。発送は最速のゆうメール(ポスト投函)またはゆうパックにて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コンビニ・ララバイ (集英社文庫) 文庫 – 2005/6/25

5つ星のうち 3.1 36件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • コンビニ・ララバイ (集英社文庫)
  • +
  • 珈琲屋の人々 ちっぽけな恋 (双葉文庫)
  • +
  • 珈琲屋の人々 (双葉文庫)
総額: ¥2,027
ポイントの合計: 65pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

この店には、やさしさもそろっています。
妻子を亡くした幹郎が経営するコンビニ・ミユキマート。店には傷ついた人が集まり、そこでの交流を通していつしか癒されていく。本の雑誌が選ぶ2002年上半期ベスト1作品。(解説・北上次郎)

内容(「BOOK」データベースより)

小さな町の小さなコンビニ、ミユキマート。オーナーの幹郎は妻子を事故で亡くし、幸せにできなかったことを悔やんでいた。店には、同じように悩みや悲しみを抱えた人が集まってくる。堅気の女性に惚れてしまったヤクザ、声を失った女優の卵、恋人に命じられ売春をする女子高生…。彼らは、そこで泣き、迷い、やがて、それぞれの答えを見つけていく―。温かさが心にしみる連作短編集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 329ページ
  • 出版社: 集英社 (2005/6/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087478297
  • ISBN-13: 978-4087478297
  • 発売日: 2005/6/25
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 187,233位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2003/5/6
形式: 単行本
結構いい書評を目にしていたので、期待していたのですが
なんだかがっかりでした。
それなりに読めるんだけど、心にくるものがありませんでした。
特に、この作者は若い女性の心理はわかっていないなと思いました。
そして、その若い女性たちが、コンビニの店長に癒されるというくだりも
ちょっと不自然。
また、やたらと「身体のつながり」を強調する意図もわかりません。
女は、好きな人が出来たら抱かれたがるものだという決めつけが、女性の私からみたら「いや、そうじゃないでしょー」というかんじです。
それとも、たまたま、そういう欲求の強い女性ばかりが登場しているだけなんでしょうか・・・。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
偶然に手に取り読み始めましたが、何だか主人公をとても綺麗に描きすぎており現実味に乏しい気がしました。また、短編集でしたが一つ一つの話には必ず性的な描写があり美談をむりやりに人間くさくしているようで私には馴染めないものでした。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
こういうちょっとほろ苦いようなせつないようなのは好きなんだけど、

なんせ女性の描き方が…。

女の感情の昂りを濡れた乾いたでしか表せないのかなぁ。

もっと色んな表現使ってほしい。

どの女性もおばさんくさいし。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/4/4
形式: 単行本
小さなコンビニを舞台にした7つの短編。すべての作品が主人公(視点)を変えて書かれているラブストーリーであり、基本的には最後に癒されるというパターンの物語です。どれをとってもどこかで読んだような、よくある話ばかり。
おそらくファンタジーという分野に属すのでしょうが、それにしては生臭すぎます。癒しといいながらまったく「ほのぼの」していません。あまりにも悲惨な話が多すぎて、正直なところはたして本当に癒されているのかどうか、疑問が残るような物語ばかりです。読んでいて一回もうるうるする場面はありませんでした。
たとえば最後の「ベンチに降りた奇跡」では老人の恋愛がテーマなのですが、人間いくつになっても恋愛していい、というあたりまえのことを討論されてしまってげんなりしました。
作者の物事の捉え方が偏っているような気がしてなりません。男と女は「やって」なんぼという作者の考え方が鼻について仕方がありませんでした。
ただ、それらも作者の意図したことなのかもしれません。私のような幼稚な読者にはそのような男と女の機微がまだまだ分からないだけなのかもしれません。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本の紹介では面白そうだなと思いましたが期待はずれでした。
女の登場人物達がやたらとみだらなことをする描写が多くて引きます。

爽やかな感じに
してほしかった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
偶然に手に取り読み始めましたが、何だか主人公をとても綺麗に描きすぎており現実味に乏しい気がしました。また、短編集でしたが一つ一つの話には必ず性的な描写があり美談をむりやりに人間くさくしているようで私には馴染めないものでした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
突っ込む点 多々あり。

コンビニの店長が年頃の女の子と気安くセックスの話してるくだりなんて、「ええーっ?」と思いました。

女性がたくさん出てくる割に、女心が描けてないですね。

「あの部分」っていう表現がしつこいのが やらしー感じ。

「女の不幸を覗き見してやる」みたいな書き手の願望が見え隠れするのと、男女のつながりをセックスでしか表現できないっぽいあたりが・・・なんだか、ねえ。

偽善的なところが重松清に似てる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
若干突っ込みをいれたくなる箇所が多々ある小説です。
「牡の目」という単語がやたら頻出したり、「無意識のうちにワンと鳴いていた」という表現など。
どう考えても女性が悲しい時無意識のうちにワンとは鳴かないだろう、と。

主人公はやたら達観していますが周りの女性はいつも性交渉のことばかり考えてるように描写されていてそこも?でした。
最後の話はとてもよかったですが全編通して読み返すことはもうなさそうです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 妻子を事故で亡くしたオーナー経営の、コンビニエンスストアを交えて語られる短編七編。
 人間のどうしようもない「引きずられる」感情が赤裸々に描写されています。
 死者に、身体に、思い出に、感覚に、習慣に。みんな、すごいひきずられてます。
 基本的に痛い、あるいは混乱した状態から話が始まって、最後は「ここがスタートだ」「ここでやっと何かに気づいた」というエンディングを迎えます。
 よくまとまっていて、連作ドラマにしやすそうな短編群です。
 凡庸と言えばそれまでか。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック