通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった 単行本 – 2007/1/18

5つ星のうち 4.4 38件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 2,398

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった
  • +
  • 文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
  • +
  • 文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 180pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

20世紀最大の発明品の1つといわれるのがコンテナ。コンテナ
の海上輸送が始まったのは1956年3月のことだ。アメリカの陸運業者マルコム・
マクリーンは、コスト削減と交通渋滞回避のため運賃の安い沿岸航路に目をつ
け、トラックから「箱」だけ切り離して船に載せるアイデアを思いつく。陸
上、海上輸送の兼業を禁止する規制当局と戦い、さらには埠頭を牛耳る沖仲仕
の組合の抵抗を押さえ、1956年3月、コンテナの海上輸送が世界で初めて実現す
る。天性の企業家マクリーンは次々に船会社を買収し、ベトナム戦争では軍事物
資の輸送に食い込み、世界最大級の海運業者に飛躍する。日本、韓国、シンガ
ポールなどアジアの国々は、巨大なコンテナ専用埠頭を設置し、欧米との貿易
で巨額な黒字を溜め込み、世界経済への影響力を増していく。グローバルな経済
の成り立ちを「箱」に焦点を当てて振り返ったノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)

コンテナ船を発明したのは、トラック運送業者マルコム・マクリーン。その果敢な挑戦を軸に、世界経済を一変させた知られざる物流の歴史を明らかにする。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 448ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2007/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822245640
  • ISBN-13: 978-4822245641
  • 発売日: 2007/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,788位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
予想していたのとはまるで違う、かなりエキサイティングな内容だった。
元々トラック運転手からスタートしたマルコム・マクリーンがコスト意識から発想したコンテナが、
時代を先取りし過ぎて様々な既得権益層から圧力を受けながらもイノベーションを起こしていく話。

効率化・機械化に伴い仕事を失う港湾労働者の労組による妨害、
機械化に反対してストライキをし、港湾を利用できなくする様はラッダイト運動を想起させる。
旧態依然とした料金体系に固執するICC、
そして「こちらのほうが美しい数字だから」と既存のコンテナのサイズをガン無視で作られる標準コンテナ規格。
もちろん、これらはすべて現実の話。

人類は約20年もの間、コンテナを使いこなせなかった。

なお後半はほぼデータ分析に終止していて面白みはあまりない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
成毛眞さんが「知の神棚候補」として紹介していたので読みました。
物流ってなじみがなかったけど、ビジネスや街の発展、最低賃金にいたるまで影響がある。

ただ最初の章で本の8割の価値はあるように思う。

コンテナがどう普及していったかの具体的なエピソードは登場人物も多く、長くてなかなか頭に入ってこない。かつては港をしきる荒れくれ者労働者がいたけど、コンテナの普及で解雇されていったんだなぁ、くらいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 コンテナ物語の主旨は、輸送用のパッケージサイズを世界で統一したと
 いうだけのことなのだが、その影響たるや、すさまじいことになったという
 話である。

 1950年代にコンテナが登場するまでは、港では、荷役で働く人たちが、
 船の積荷を人力で運び出していた。その作業が如何に大変かは、想像に
 難くない。

 その作業中は船が港を占拠し、効率性などはどこにもないのだ。

 それが現代ではどうか。
 最大のコンテナ船は全長400m、総積載量1万4500ヶ、15万トン、
 最大のコンテナ港は、上海、シンガポールで、年間2,500万ヶが積み降ろされ
 ているのだ。
 
 ちなみに日本の東京は、400万ヶ程度である。

 かくも絶大な効果をもたらしたにも関わらず、導入時点では、
 誰も予想できていない。少しずつ少しずつ浸透していったのが、
 面白い。

 それぞれの仕事に携わる人が、自分の利害と見比べながら、導入を渋ったり
 するのだが、結局、コンテナの利便性の前に崩れていくことになる。

 こうしてみれば、世界のグローバリゼーションは、コンテナリゼー
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
貿易の仕事をし始めて420日ほどたつが、この一冊ほど勉強になった本はない。

特殊な貨物以外の殆どがコンテナに詰まれて輸送される世の中。あまりに多すぎる数に
実務に忙殺される。

この本は陸運業者・船会社・乙仲etc...が何を考えてビジネスをしているのか
そにて何が重要視されているのかが明瞭に理解する事ができる。そしてこの業界に
携わるものなら、マルコムのような人物がいて、非常に保守的な運輸業界に
革命をもたらしたという事実は忘れてはいけない。

またそうしてゆかなくてはいけない。自己啓発にはもってこいの本だと思います。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はらたいらさんに全部 トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/11/3
形式: 単行本 Amazonで購入
 この本は、コンテナという何の変哲もない箱を用いて物流を根本から変えてしまった男の物語です。それは即ち、箱を如何にして作り上げたか、というものではなく、コンテナをどのようにして物流の世界に適応させていったのか、という事が述べられています。船舶、港湾とその施設、トラック、そして物流に携わる人々の意識の変革…。自らのビジョンを次々に具現化していく過程は非常に面白いですが、それとともに、既得権益を守ろうとする人々との闘いの場面も、この本の醍醐味と言えます。
 もう一つ興味深いのが、ベトナム戦争における物流を描いた章です。米国本土から地球半周を隔てたベトナムへ、如何に物資を届けるか。この辺りは純粋に軍事における補給としての視点からは述べられていないため、表面的な紹介にとどまっているのは否めませんが、兵站というものはなかなか表に出てこない分野のものでもあるので、貴重といっても良いでしょう。
 コンテナが変えた世界の物流の物語、一読をお薦めします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー