通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
コワ~い高層マンションの話 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

コワ~い高層マンションの話 単行本 – 2010/9/17

5つ星のうち 2.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,234
¥ 1,234 ¥ 232

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • コワ~い高層マンションの話
  • +
  • 高層マンション症候群(シンドローム)(祥伝社新書224)
  • +
  • 高層マンション子育ての危険―都市化社会の母子住環境学
総額: ¥3,567
ポイントの合計: 78pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「高層階に住むと流産しやすい」の真相が明らかに。 衝撃のデータ初公開「高層マンションに暮らす33歳以上女性の流産率66%」。 東海大学医学部専任講師である著者は、高層階に暮らす人が受ける健康への影響を長年に渡り調査してきました。本書では高層マンション暮らしが誘発する異常分娩やうつ病、子どもへの影響など様々な問題を警告します。そしてなぜマスメディアは高層マンションが誘発する健康問題を報じないのか。その真相に迫ります。

内容(「BOOK」データベースより)

流産、神経症、アレルギー、高血圧の増加…高層階に住めば住むほど人は壊れてゆく。マスメディアが沈黙する衝撃のデータを多数収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 219ページ
  • 出版社: 宝島社 (2010/9/17)
  • ISBN-10: 4796677690
  • ISBN-13: 978-4796677691
  • 発売日: 2010/9/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 472,203位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 本書では、高層マンションに住むことでどういった影響が現れるかについて、
色々なデータを元に解説が行われています。非常に興味深いのは、5階よりも
高い場所に住むことで、色々な体への悪影響(流産率の増加、高血圧、神経症など)が
明らかに増加していることです(超高層マンションの場合は、中層階に問題が多い)。

結局はっきりとした原因は解明されていませんが、高層マンションに住む
リスクについては、十分に理解できます。一生ものの買い物をする消費者に
とっては、どのようなメリットとデメリットがあるかについて、明らかに
してもらえることは大変ありがたいです。

一方で、最初は高層マンションの健康へのリスクについて興味を示していた
政府機関や建築業者が、国として高層マンション建築を推進し始めた頃から
著者に対して、助成金打ち切りや脅しのような電話をかけるようになるという
くだりをみると、経済がリスク開示を打ち消してしまっているのだという現実に
残念な気持ちにもなります。

これだけ、はっきりと健康リスクが現れているにも関わらず、一向に対策を
考えようともしない関係団体には不信感を感じてしまいます。
とにかく、高層マンシ
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
作者が引用している人はいわゆるトンデモ本として有名な「買ってはいけない」の著者であり、
本としても真実味に欠けるところが多々ある。
33歳以上は高齢出産の領域に入り僅かなストレスでも流産してしまうことはよく知られた事実であり、
それがきちんと高層住宅に住んでるせいで流産したかどうかの因果関係が明白に示されているわけではないので
にわかに信じがたい。

大手マスコミは報道しないなどと書いているがそれは作者の作文の質に問題があるからであり、まともな医学雑誌
NEJM、Lancetなどに論文を出すべきである。
イギリスでは高層住宅をつくらないと書いてあるが、それは教会を主体とした社会制度が確立されてきたからであり
(教会より高い建物をつくらない)それが立証できるならなぜ訴訟社会のアメリカのマンハッタンは
あれほど高層住宅であふれているのだろうか?

確かに妊娠初期に高速エレベーターの重力の変化や気圧の変化がよくない事はわかるのだが、年齢のプロットの
取り方が恣意的であったり、高層住民の属性などよる部分が多いのではないかと思わざる得ない。
一般消費者を煽るような本を出すのではなく、ぜひまともなデータを発表していただきたい。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Makoto Ichikawa トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/11/2
形式: 単行本
 本書は少子化社会の中で「高層階に住むと流産しやすい」といったセンセーショナリズムで企画された本といえます。全7章のうち、1章、2章が逢坂文夫氏の筆、そして他の章は宝島編集部によるものです。
 逢坂氏は1章、2章の中で6階以上について流産の危険が多いことを書いていますが、氏の所属する東海大学医学部産婦人科の『不育症』に関するWebサイトで「(前略)誰でも一度妊娠すると約15〜20%の率で流産を経験すると言われています。(後略)」の数字を念頭に、氏の調査とする居住階と流産を経験された方の比率を表す数字を考えると見え方が異なってきます。(調査のサンプリングの母数集団の妥当性、統計的有意性などの面から「単純に読まれるとまずいなあ」というものもあります。)
 「まえがき」で、消防法では高さ31mを超えるマンションを高層としているけれど、本書では6階以上として書くことが述べられます。これは題名に含まれる「高層マンション」という言葉と逢坂氏執筆の章と矛盾させないための強引な定義です。
 本書をどのように読むか・・。読者のメディアリテラシーが試される本といえます。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者が書いているのは、流産に関する冒頭部のみ。そのデータも10階建て程度も高層とされ、超高層ではなく、驚くような内容ではない。その他は編集者が一般的な情報を羅列するのみ。雑誌ならともかく、書籍にするようなレベルに非ず。読者を馬鹿にした出版社の姿勢に疑問を感じる。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告