¥1,540
通常配送無料 詳細
この本の出版予定日は2020年4月18日です。 在庫状況について
ただいま予約受付中です。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コロナ大恐慌 中国を世界が排除する (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/4/18


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2020/4/18
¥1,540
¥1,540
「予約商品の価格保証」対象商品。 詳細
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 「予約商品の価格保証」では、お客様が対象商品を予約注文した時点から発送手続きに入る時点、または発売日のいずれか早い時点までの期間中のAmazon.co.jp のサイト上で表示される最低販売価格が、お支払いいただく金額となります。予約商品の価格保証について詳しくはヘルプページをご覧ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

グローバリズムとはつまるところ世界経済の「中国依存」だったのではないか。
コロナ危機で露呈したのは世界が中国を排除したくても簡単にはできない冷徹な事実です。
本書の目玉はソフトバンクグループを中心に中国に高依存した日本企業を総点検している「第5章 中国進出企業とソフトバンクの末路」および宮崎正弘先生の書下ろし「おわりに 総点検、日本企業は中国から逃げられるのか」です。中国と共倒れになるのはどこか、あの企業は逃げ切れることができるのか。日本にとっても企業にとっても正念場を迎えいることは間違いないでしょう。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 200ページ
  • 出版社: ビジネス社 (2020/4/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4828421777
  • ISBN-13: 978-4828421773
  • 発売日: 2020/4/18
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 57,288位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません