日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

コララインとボタンの魔女 (吹替版)

 (5,394)
7.71時間40分2010G
11歳の少女コララインは、引越ししたばかりの家で、封印された小さなドアを見つける。それは、驚くべき“もう1つの世界”への入り口だった―。ドアのむこうでコララインを待っていたのは、花が咲き誇る美しい庭、心踊るサーカス、そしてコララインの願いを何でも叶えてくれる“別の”ママとパパ。ただ1つ奇妙なのは、ママもパパも目がボタン…。ここが気に入った?ずっ と居ていいのよ。ただ1つだけ条件があるの。目をボタンにしましょう…。」次第に明かされる、別のママの恐ろしい秘密。コララインは慌てて現実の世界へ逃げ帰るが、本物の両親は姿を消してしまっていた…。(C)Focus features and other respective productions studios and distributors.
監督
ヘンリー・セリック
出演
榮倉菜々劇団ひとり戸田恵子
ジャンル
キッズ
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

プライムで¥0で視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

提供
ギャガ株式会社
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.2

5394件のグローバルレーティング

  1. 60%のレビュー結果:星5つ
  2. 16%のレビュー結果:星4つ
  3. 16%のレビュー結果:星3つ
  4. 3%のレビュー結果:星2つ
  5. 5%のレビュー結果:星1つ
並べ替え:

トップレビュー日本から

とりとり2017/11/19に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
じんわり浸食されるホラー映画
確認済みの購入
下手なB級映画よりも怖い映画。グロテスクというよりも精神的にくる怖さ。
序盤から漂う不穏な空気は最後まで晴れることは無く、より深くおかしな方向に感覚が持ってかれます。奇抜なストーリーではないのだけれど、クレイアニメ特有の動きとビジュアルが形容しがたい孤独と恐怖を演出してます。
人によっては全然つまらない映画かもしれませんが、自分には得体のしれない怖さがありました。
精神が不安定な時に観ないことをお勧めします。
41人のお客様がこれが役に立ったと考えています
頭中将2016/11/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
親に不満がある方はぜひ。
確認済みの購入
私は21歳のはずなのですが、これはかなり怖かったです。コララインと同じで私も親に不満がありました。がしかし、これを観て何だか色々考えてしまいました。親に不満がある方には特に観ていただきたい。すばらしい映画とは時間を忘れさせてくれるものです。文句なしの星5つ!
50人のお客様がこれが役に立ったと考えています
MITSUJIGAOKA2017/09/02に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
不気味な感じで童話的世界を楽しめる
確認済みの購入
引越した先で退屈している少女が引っ越し先の家で、別の世界に通じる扉を見つけてボタンの世界を楽しんだり魔女をやっつけたりする、
不気味な感じの世界観で童話のような話を描くストップモーションアニメ。
冒頭の人形作りのシーンでが格好良く見せ方のセンスを感じる。
魔女の作った世界では、欲しい調味料を言うと機関車が運んできたり、欲しい飲み物が天井から降りてきて複数のドリンクサーバーになってたり、
こんな風に生活したいなーと思える様な世界で観ていて楽しい。
引っ越し、自分とそっくりな人形、別世界、冒険等、子供の頃にわくわくしたものばかりで子供になったように楽しめる。
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
たけちん2020/04/26に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
世界観が良い。
確認済みの購入
見た目だと思った。だって見た目がボタンで怪奇じゃなければ(きもくなければ)俺ならあっちの世界に残ったもん。
相手にされない世界より、相手にされる世界でほくほくした後、食われたほうがマシ。相手にされないほうが寂しいしね。ようは魂の子供3人のうち一人が俺ね(笑)
あと、魔女が「さびしい、さびしい」いってる救いがないのもいやだった。
父ちゃん母ちゃんもこっぴどく反省するわけでもなく大団円で終わったようなのは納得がいかない。
どちらかというと自分も親の立場で、一生懸命な子供は邪魔と感じる立場だけど、映画を通して「ハッ」と気づくわけじゃなく、仕事が片付いてから相手をしだしてた。それじゃあ、また同じことが繰り返される。
現実じゃあそれがまかり通るだろうけど、映画じゃあ親がちっとは「ないがしろ」に対する罰をうけるべきだった。

視点をコララインに向けての感想だけど、キャロラインCarolineとコララインCoralineでどうたらするのが日本人&吹き替え版だとポカーン( ゚д゚)。悲しいなぁ、英語わかんないの。あと、和訳の鼻歌はダサい。字幕で見直したらかわいらしいのに。

人形の素材が毛糸なのはいいね。コマ撮り+CGとかなの?とても良かった。毛糸素材がごみやほこりで汚れるのは「きったなー!、綺麗にするの大変」って思った。そしてよくできてる。人間は何なの?すごくよかった。いろんな生き物がコミカルに誇張された表現で、体形がやばい、あ、あの子供、男の子が首を傾げてるのはなに?チック?女の子の口が左上に上がってるのはキャラの誇張だと思ったけど、男の子は誇張にしちゃあ障害寄りに見えた。いじいじ、とかおずおず、とかの表現なのだろうか、その割にはアクティブに動いてたけど。

世界観はとても良かった。子供が怖がるポイントをよくついてると思う。裏の世界がある、裏にも同じ登場人物が違う性格で存在する、とかやべぇ怖さ。よく考えたことある。映画序盤の裏の父ちゃん母ちゃんはコララインの理想なのかね。現実の父ちゃん母ちゃんは自分ないがしろで仕事仕事って、いつかはその両親の仕事によって自分がご飯や住居や生活が成り立ってるって理解するだろうけど、この裏の両親は娘にベッタベタでコララインも満足そう。でも、きっと違うと思う。コララインが理想とする世界じゃなくて、魔女がコララインを引き込むために魔女目線で考えたコララインの理想の世界かな。てことは魔女はまぁわかってんじゃん。

多分この魔女あんま悪い奴じゃない って思いました。魔力が強くてその使い方を寂しさゆえに間違えただけ。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
JUNSUN2017/12/16に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
童心に帰れる作品...
確認済みの購入
主人公のコララインと独特な世界観に魅かれる作品です。
ネタバレになるので詳しく書きませんが狡猾な魔女に精一杯ぶつかっていったり、親に振り回されながらも健気に振る舞うコララインにメロメロ。
雑多なアニメ、映画を観ていますがここまでかわいいヒロインは稀。
クレイアニメならではの質感で作られた世界観も独特で好き嫌い別れそうですが自分はとても魅力的に感じました。
大人から子供まで間違いなく楽しめる、自信を持ってお勧めしたい作品の一つです。
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
fine2020/03/19に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
見どころ2か所。不満多々
確認済みの購入
"別のパパ"がピアノを弾きながら歌うコララインの唄。
ボタンの魔女が一気に正体を現す場面の映像。
このふたつは見どころです。アニメの好きな人は見て損がない。

が,全体のストーリーは退屈。
主人公のコララインは逃げ切るが,昔さらわれた子供たちは救われないので,爽快感はない。

ストップモーションアニメだが,だから何?
絵柄に癖があり,キャラクターは可愛くない。

芸術アニメーションでもなければ,社会派でもない。
だからといって娯楽に徹しているわけでもない。

よくできた子供向け作品は,大人も楽しめるものだが,
この作品は,子供にとっては怖いだろうし,大人が見ても童心に帰れる内容ではない。
とてもとても中途半端です。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
GRN2019/10/05に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
子供時代の不満さを消化するホラーチックのアニメ
確認済みの購入
子供が主人公なので子供向けとして出てくるみたいですが、どちらかというと大人向けです。
中高生にはいけるかなと思いました。幼年・小学生には怖い可能性がありますので注意です。
子供時代に感じる親への不満にホラーテイストのファンタジーを組み合わせた作品です。

主人公が引っ越してきた古い家にある小さな扉から異世界に行ってしまうところはとても好きでした。
最初からテイストとしては暗いのは、主人公の心持と親が仕事で鬱屈としている表現なんだろうと思いました。
異世界の方が楽しいと感じてそちらにいたいと思うところなども子供時代にあまり構ってもらえなかった人には響くのではないでしょうか。
自分的には親はほんとは子供を愛しているけど不器用でうまく表現できないというところはとても感じました。
でも子供のときにはそれがわからないというのも分かる気がします。
また人を見た目だけですべてを判断しないという流れもよかったです。
最初に出てきた井戸が何だったんだろうと思っていたのですが最後で伏線回収してくれたのですっきりしました。
ネコの吹き替えの声がカッコよかったです。オチもよかったです。
ストップモーションで作っているところは当時注目していたのですが結局見ることができなかったので見れて良かったです。かなりの労力が使われていてすごいなと素直に思いました。
ただ展開がゆっくりで少し長く感じます。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Nenecomama2017/12/28に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
親子でハマってます
確認済みの購入
Amazon primeの見放題で視聴しました。期待していなかったのに すっごい面白かった。4歳男児と9歳女児も ハマってます。

好き嫌いは別れるとおもいますが ティム・バートンの世界が好きな人なら間違いないと思います。
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示