この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 338 (32%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 720
Kindle版
¥ 1,058
ペーパーバック新書の価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 338 (32%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書) がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 海外発送可、カバーはスレ、しわ、傷、若干ヤケなどがあります。本文は、若干ヤケなどがありますが、読むのは問題ありません。発送は通常2営業日以内となります。なお、土日祝祭日はお休みを頂く場合もありますので、お急ぎの場合はお問い合わせくださいますようお願いします。なお、不備があった場合は、ご連絡差し上げますので、メールのご確認をお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書) 新書 – 2017/8/10

5つ星のうち4.4 110件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥1,058
¥1,058 ¥559

booksPMP

2冊で最大6%(期間限定)、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大6~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書)
  • +
  • 日本占領と「敗戦革命」の危機 (PHP新書)
  • +
  • 日本は誰と戦ったのか - コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ 【新書版】 - (ワニブックスPLUS新書)
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 34pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

日米英を戦わせて、世界共産革命を起こせ――。
戦前の日本もスパイ天国だった……。

ロシア革命が成功したあと、レーニンは世界革命を遂行すべく、「コミンテルン(共産主義インターナショナル)」をつくる。それは恐るべき思想と悪魔的手法に裏打ちされた組織であった。
そして大日本帝国は、やすやすとその謀略に乗せられ、第二次大戦に追い込まれていく。 なぜ、そうなってしまったのか?

実は、その背後には、日本の「自滅的」な大失敗があった。リヒャルト・ゾルゲ、尾崎秀実らが暗躍していたことは、よく知られたことだろうが、彼ら以外にも、軍や政府内部に入り込み、ソ連・コミンテルンの都合の良いように動く人々がいたのである。

どうして当時の日本のエリートたちは共産主義にシンパシーを覚えたのか?
ソ連型の共産主義社会をめざす「左翼全体主義者」と、天皇を戴きながら社会主義的統制国家をめざす「右翼全体主義者」は、いかにして日本を席巻したのか?
そして左右の全体主義の危険性に気づき、その勢力に敢然と立ち向かった保守自由主義者たちの姿とは――?

コミンテルンの戦略を詳述しつつ、日本国内の動きの謎を解き、隠された「歴史の真実」を明らかにする刮目の書。

◆はじめに コミンテルンの謀略をタブー視するな
◆第1章 ロシア革命とコミンテルンの謀略――戦前の日本もスパイ天国だった
◆第2章 「二つに断裂した日本」と無用な敵を作り出した言論弾圧
◆第3章 日本の軍部に対するコミンテルンの浸透工作
◆第4章 昭和の「国家革新」運動を背後から操ったコミンテルン
◆第5章 「保守自由主義」VS「右翼全体主義」「左翼全体主義」
◆第6章 尾崎・ゾルゲの対日工作と、政府への浸透
◆おわりに 近衛文麿という謎

内容(「BOOK」データベースより)

戦前の日本もスパイ天国だった…。ロシア革命が成功したあと、レーニンは世界革命を遂行すべく、「コミンテルン(共産主義インターナショナル)」をつくる。それは恐るべき思想と悪魔的な手法に裏打ちされた組織であった。そして大日本帝国は、やすやすとその謀略に乗せられ、第二次大戦に追い込まれていく。なぜ、そうなってしまったのか?実は、その背後には、日本の「自滅的」な大失敗があった。リヒャルト・ゾルゲ、尾崎秀実らの暗躍から、軍や政府内部の闇、左翼全体主義・右翼全体主義と闘った保守自由主義者の実像まで、隠された歴史の真実に迫る刮目の書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 414ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2017/8/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569836542
  • ISBN-13: 978-4569836546
  • 発売日: 2017/8/10
  • 梱包サイズ: 17 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 110件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,145位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
評価の数 111

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

110件のカスタマーレビュー

2018年8月5日
形式: 新書Amazonで購入
132人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年11月5日
形式: Kindle版Amazonで購入
50人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年10月21日
形式: 新書Amazonで購入
39人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年11月26日
形式: Kindle版Amazonで購入
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年12月2日
形式: 新書Amazonで購入
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年12月31日
形式: 新書Amazonで購入
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月28日
形式: 新書Amazonで購入
41人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年1月21日
形式: 新書Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告