¥ 1,080
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
コミュ障は治らなくても大丈夫 コミックエッセイでわ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

コミュ障は治らなくても大丈夫 コミックエッセイでわかるマイナスからの会話力 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) 単行本 – 2016/6/23

5つ星のうち 4.4 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 739
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • コミュ障は治らなくても大丈夫 コミックエッセイでわかるマイナスからの会話力 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
  • +
  • なぜ、この人と話をすると楽になるのか
  • +
  • 誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール
総額: ¥3,792
ポイントの合計: 116pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『ライフ・シフト』特集
自分の生き方・考え方のシフトで人生が変えられる『ライフ・シフト』と関連作品をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

入社してしばらくは原稿もろくに読めず、インタビューも苦手、ゲストに「絡みにくい」と言われ落ちこぼれアナウンサーだった、ニッポン放送の人気アナウンサー・吉田尚記。
そんな彼が、実践に実践を重ねてたどり着いた答え。それは、「コミュ障は治らないけど、コミュニケーションのルールを覚えれば、誰でも会話上手になれる」というものでした。

・初対面の人には先入観をぶつけても大丈夫
・質問はささいで具体的なことから始める
・「えっ!」というリアクションで会話の相手はぐっと話しやすくなる
・自分の弱点は強み(キャラ)になる
などなど、今日から使える実践的な方法が満載です。

初対面が苦手、うまく会話が続かない、話し相手に何を聞いていいかわからない…。
そんな、コミュニケーションが苦手なすべての人に贈る、今日から人との会話が少し楽になるコミックエッセイ!

内容(「BOOK」データベースより)

ニッポン放送の人気アナウンサー・吉田尚記。入社してしばらくは原稿もろくに読めず、インタビューも苦手、ゲストに「絡みにくい」と言われ落ちこぼれアナウンサーだった彼が、実践に実践を重ねてたどり着いたコミュニケーションの極意。それは、「コミュニケーションのルールを覚えれば、誰でも会話上手になれる」ということでした。人との会話が苦手なすべての人に贈る、読むと勇気がわくコミックエッセイ!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 168ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2016/6/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4040683730
  • ISBN-13: 978-4040683737
  • 発売日: 2016/6/23
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,140位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
内容は、わかりやすくまとめられていて、実践的に役に立つ、と思います。
オススメできます。
ただ、好みの問題なのでしょうが、このマンガ家の方のマンガは、見づらいというのか、読みにくいです。
そうはいっても、すぐ読めるし、いい本だとは思うのですけどね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
わたし自身はコミュ障かどうかという線引きをされると、コミュ障ではない側に入ると思っています。
ただ、身内にそれに該当しそうなのがいますので、何か得るものがあれば彼(女)らにアドバイスができるかもしれないし、場合によってはこの本を読ませてあげてもいいしと思って購入し、お勉強がてら読んでみました。

素直に著者の体験は共感もできるし、失敗から成功へと経験を重ねる上で養ってきたスキルは多くの人にも有効だろうと感じました。
文章ではなく漫画であることもありますが一気に読み切れてしまうだけの読みやすさや納得感はとても好感度が高いです。

ただしおそらく万人向けではないので注意が必要です。
この本の著者のように仕事柄初対面の人と多く接することが多い場合、たとえば営業職なんかのような場合ですね、非常に参考になることが多いと感じるでしょう。
一方、閉ざされたコミュニティ、つまり社内や学校の中のような場所での人間関係の改善や場を白けさせない方法を模索されている場合はその限りではなく、決してためにならないということはないにしても、果たして有益な情報を多く見いだせるかどうかというと少し疑問です。
この本の中で後者に向いたアドバイスはわたしにはたった一つの単純なことのように思われました。

☆5つ
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
まず、マンガなので読みやすいです。

コミュニケーションの本は前にも読んだことがありますが、それが出来たら苦労しないよ!という内容のものばかりでした。

それに対してこの本では、まずは作者の吉田さんのうまくいかなかった体験がつづられていて、それに共感させられます。

その後、具体的にコミュニケーション取るときに気をつけるポイントが書かれているので、何だか自分でも試せそうな気がします。

自分のことをコミュ障だと思っている人には読んで欲しいです。

逆にコミュ障だと思わない方は読んでも意味がないでしょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
人と、話すことが、本当に、苦手な、僕に、とっては、一番の本でした。
ありがとうございました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
読みやすいので3-40分もあれば読める。

営業職に異動となり、初対面の人と会話する機会が増えた。

気候、道楽、ニュース、旅、知人、家庭、健康、世間、仕事・・・
相手と会話できるジャンルの幅を広げないとなぁと思うことが多々。

特段自分が面白い話をする必要はなく
相手自身に興味を持ち
「なぜ?」より⇒「どうやって?」や「一番最近行ったのはいつ?」など
考えなくても、答えられる具体的な質問を極力心がける
等のすぐ使えるノウハウがいっぱい。

会話をある種のゲームだと思い、これから益々磨いていきたいなぁ
と思わせてくれる本でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
思ったよりも内容が短く、1000円払った価値が感じられませんでした。
コミュニケーションが普通レベルの方には少し物足りなのかもしれません。
漫画形式で読みやすいのは良かったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
他のコミュニケーション本に書いてあるような内容もあります。
ただ、著者自身が失敗を繰り返しながら自力で身につけたことで、精神論ではなく具体例が多いため、実行しやすいです。
18才ぐらいでこの本を読めていたら、随分助かったと思いますね。
新しい環境では挨拶と返事しかできず焦る日々が長く続きましたから。
初対面の人と、親しくない人と
「何を話せばよいか分からない」時に役立ちます。
「頼みにくいことを頼む」「角がたたないように言い返す」など踏み込んだコミュ術ではないです。
「いじられるのを受け入れる」に関しては、それこそアナウンサーや芸人、相手がお客さんであれば美味しいのかもしれませんが、状況によるかと。
前に親しくもない毒舌の人にイジられて、ノリでのっかったことがありますが、後からやはりモヤモヤし、その人に会いたくなくなりました。プライベートで苦手な人に無理してまで好かれる必要ないかと。
友だちに「おまえつまんねー」といわれて「私つまんないんですー」て言ってる人がいれば「そんな自虐しなくても」と思うし、子どもが「ハゲ!」と祖父に言うのを許していたら、他の傷つく人にも言うかもしれないから、注意してもよいのでは?
とも思いました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー