通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
コミュニティ難民のススメ ― 表現と仕事のハザマに... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【検品担当者より】★状態良好★中古品ですが、全体的にキレイな状態です。カバー等に若干の使用感がございます。★大手中古書店に並んでいる本と同程度のコンディションとお考え下さい。(帯・ハガキ・チラシ・応募券などは原則付属しません。) ★商品の在庫管理・保管・梱包・発送等はAmazon配送センターにて、Amazonスタッフが丁寧に梱包し、安心・丁寧・迅速に、日本全国基本送料無料にて発送いたします。Amazon専売品ですので在庫切れの心配もございません。アフターケアもAmazonカスタマーセンターが承りますのでご安心下さいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コミュニティ難民のススメ ― 表現と仕事のハザマにあること ― 単行本(ソフトカバー) – 2014/12/1

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2014/12/1
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 848

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • コミュニティ難民のススメ ― 表現と仕事のハザマにあること ―
  • +
  • 住み開き―家から始めるコミュニティ
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

彷徨って生きる、これからの人生の歩き方!

「住み開き」から、「コミュニティ難民」へ。

プライベートな空間である家に、パブリックな機能を持たせる住まい方(自分の蔵書と書斎を、週末だけ図書館として地域の人に解放したり)を
「住み開き」という言葉で切り取った、アサダワタル氏が、
今回は「表現(≒プライベート)」と「仕事(≒パブリック)」の間を彷徨って生きる、6人の人生の歩き方をコンパイル。
自問自答しながらも、枠組みを飛び越え、楽しく暮らす彼ら(と自分自身)の生き方を、
アサダ氏は「コミュニティ難民」と名付け、現代の新たな道標として描き出した意欲作です。
内田樹氏や梅原猛氏らとの共著でも知られる、宗教学者・僧侶の釈徹宗氏との対談も収録!

こみゅにてぃ- なんみん【コミュニティ難民】 名
個人の生産活動において、特定の分野のコミュニティに重点的に属さず、
同時に表現手段も拡散させることで、新たな社会との実践的な関わりを生み出す人々。
たとえば、こんなコミュニティ難民……。
例1 銀行員であり、地域ファシリテーターであり、クリエイターが集まる大学の客員教授であり……。
例2 一級建築士であり、ラジオ番組の企画・制作者であり、雑誌編集委員であり……。
例3 DJであり、イベントプロデューサーであり、旅館当主であり……。
例4 職業訓練センターの職員であり、アートイベントの主催者であり、コミュニティサロン主宰であり……。
例5 ミュージシャンであり、NPO法人理事であり、ホームヘルパー2級であり……、現役大学院生であり……。

内容(「BOOK」データベースより)

コミュニティ難民とは、現代日本における、創造的な漂泊の民である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 326ページ
  • 出版社: 木楽舎 (2014/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863240805
  • ISBN-13: 978-4863240803
  • 発売日: 2014/12/1
  • 商品パッケージの寸法: 2 x 13 x 18.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,528位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

本のカバーを取り外すと…
コンテンツのイラストマップみたいになっていて、モヤモヤが図形化されていてかなり面白い!
コミュニティを島とみたてて、相互に橋をかけるとか、渡す船になるとかいろいろメタファーはありますが、
アサダさんいわく「コミュニティ島同士が実は海の底でつながっていて、潜ってそれを見ているのが自分だ」というくだりにひどく共感しました。
 
もし別の文化圏(又は国)に行ったら、属さないということが「普通」だったりする場所もあるかもね。
 
アサダさんのテキトーなようでいて超柔軟な発想力こそ、今からの社会に必要!
お母さんとしては、小学生の子どもたちには、この本にある自己肯定と「わけわからんもの」を怖がらない柔らかさが、育ってくれたらなあと願っています。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
はじめに結論ありき、というよりも、著者自身も4人+著者本人の事例と出会い(紹介し)ながらコミュニティ難民の輪郭を探っていく、さながらロードムービーのような書かれ方の本です。理論(抽象的論理パート)と事例(具体的な現実)の構成が明確に分かれていないので読みやすい。ゴールのような最後の対談は、地縁血縁→会社→フェアやシェア、サードプレイス、コミュニティの重所属状態等々、近しい昨今の概念と橋渡しをするような、この先の展望の開けるものでした。

おそらくもの作りに関わる人には、日頃の社会の有り様に対する想いを言語化するきっかけになるような本だと思います。
帯が一体化したような装丁もとても美しいです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
コミュニティ難民という言葉からはマイナスなイメージを喚起させるが、
所属しない、横断的にスキルを身につける、などを通じた新しい生き方の提案。
ただ、著者の自伝的内容と一部の事例紹介にかなりページが割かれている上に文字が小さく読みづらい。
また、著者のようなスキルや生き方を、モデルケースとして示されても参考にはなりづらいかもしれない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ひとことで良いとか悪いとか言いにくいので、同書に関する往復書簡をウェブ上で友人と始めました。参考になればさいわいです。
[…]
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告