ポイント: 74pt  (2%)  詳細はこちら
無料配送 5月30日 月曜日詳細を見る
または 最も早いお届け日 配送 本日 5 時間 13 分以内にご注文の場合。 詳細を見る
残り1点(入荷予定あり)
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
コミュニタリアニズムのフロンティア がカートに入りました
配送料 ¥350 6月 1-3日詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 通常使用による多少の使用感はありますが、良好なコンディションです。当店の商品を複数ご注文される場合、店舗と倉庫の都合上、別々の発送となる場合があります。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

コミュニタリアニズムのフロンティア 単行本 – 2012/11/29


価格
新品 中古品
単行本
¥4,070
¥4,070 ¥2,423

【最大30%還元】本のポイントキャンペーン

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • コミュニタリアニズムのフロンティア
  • +
  • コミュニタリアニズムの世界
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちの1つが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

サンデルの政治哲学が、現代社会にもたらす新たな可能性とは何か?コミュニタリアニズムがさまざまな領域に与えた影響を論じ、そのフロンティアを開拓する。

著者について

小林正弥(こばやし まさや)
1963年生.東京大学法学部卒業.千葉大学大学院人文社会科学研究科教授.著書に,『政治的恩顧主義論――日本政治研究序説』(東京大学出版会,2000年),『日本版白熱教室――サンデルにならって正義を考えよう』(文春新書,2011年),『対話型講義原発と正義』(光文社新書,2012年)ほか.訳書に,M.J.サンデル『民主政の不満公共哲学を求めるアメリカ(上・下)』(勁草書房,2010-2011年)など.

菊池理夫(きくち まさお)
1948年生.慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了.南山大学法学部教授.著書に,『ユートピアの政治学――レトリック・トピカ・魔術』(新曜社,1987年),『現代のコミュニタリアニズムと第三の道』(風行社,2004年),『日本を甦らせる政治思想――現代コミュニタリアニズム入門』(講談社,2007年),『共通善の政治学――コミュニティをめぐる政治思想』(勁草書房,2011年)ほか.
訳書に,M.J.サンデル『リベラリズムと正義の限界原著第二版』(勁草書房,2009年)など.

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 勁草書房 (2012/11/29)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2012/11/29
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 371ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4326102233
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4326102235

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

【所属】 龍谷大学教授。博士(社会情報学・東京大学)。専門はジャーナリズム。

【略歴】 1961年大阪市生まれ。関西大学卒業後、毎日新聞記者、日経トレンディ編集記者、共同通信記者などを経て、東京大学大学院学際情報学府で博士号取得。

https://researchmap.jp/_hatanaka.tetsuo

【連絡先】 〒520-2194 滋賀県大津市瀬田大江町横谷1-5,龍谷大学社会学部,hata●soc.ryukoku.ac.jp / hatanaka.tetsuo●gmal.com (←●を@にして送信してください)

【作品】

『沖縄で新聞記者になる』......琉球新報と沖縄タイムス。那覇に本社がある2つの地方紙には、少数ながら本土出身者が記者として取材・編集に従事している。そんなヤマトンチュたちは、なぜ縁もゆかりもなかったウチナーで記者になったのか。彼ら彼女らの目に映ったジャーナリズムとは。

『ジャーナリズムの道徳的ジレンマ』......「同僚が取材先でセクハラ被害に遭ったら」「被災地に殺到する取材陣を追い返すべきか」「被害者が匿名報道を望むとき」「取材謝礼を要求されたら」など、報道倫理のグレーゾーンに潜む20の難問検討する新しいケースブック。

『地域ジャーナリズム』......過疎地の新聞社がNPOとともに地域とメディアの再生に成功した事例を考察。NPO論やコミュニタリアニズム哲学の議論を援用し、従来のジャーナリズム規範論が「地域」の視点を欠いていたことに反省を迫る一書。第5回内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞受賞。

『新聞再生』......巷間叫ばれる「新聞の危機」は「新聞業界の危機」に過ぎない。大手紙の視点からは見過ごされてきた周縁的な場所に「新聞なるもの」の本質と可能性が見いだされる。コミュニティからの挑戦と挫折、そして再生。地方紙の試みから新聞の可能性を探る。

『スレイヴ』......(たぶん)日本ではじめてのドネーションウェア(原稿料は寄付だけ)小説。著者はこのテキストを無料で公開しました。それをポット出版が編集・出版。定価に印税を含んでいないので、気に入ってくれた人は、直接、郵便振替などで寄付してください。

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません