¥ 4,320
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
コミュニケーションとしての身体 (叢書・身体と文化... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コミュニケーションとしての身体 (叢書・身体と文化) 単行本 – 1996/7/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 1996/7/1
¥ 4,320
¥ 4,320 ¥ 2,000
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • コミュニケーションとしての身体 (叢書・身体と文化)
  • +
  • 技術としての身体 (叢書・身体と文化)
  • +
  • 表象としての身体 (叢書・身体と文化)
総額: ¥12,960
ポイントの合計: 259pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

身体はたえず抽象化され、隠喩化されてきたために、何がその第一次的な機能かわからないほど豊かな意味の世界が見いだされる。この身体が、さまざまな文化のなかでどのように解釈され、表現されてきたか。そのありようを第一線の研究者たちが丹念にあぶり出す。「叢書・身体と文化」、10年の歳月をかけ、ついに完結! --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

身体相互間のたえまないコミュニケーションこそが人間のアイデンティティの核をなしている。身体は社会関係の真に実質的な基盤であるばかりでなく、制度や規範の雛形をもかたちづくる。日常生活を支配する不可視のポリティクスをとりえなおすためにも身体に脈打つ豊かな感覚=意味を回復することが切に求められている。本書では、身体の原初的な交感能力からはじまって、社会・文化的脈絡のなかで身体がおびる儀礼性・象徴性にいたるまで、コミュニケーションとしての身体の多彩なはたらきを描き出し、それらをつらぬく秩序と構造を解明する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 454ページ
  • 出版社: 大修館書店 (1996/7/1)
  • ISBN-10: 4469163422
  • ISBN-13: 978-4469163421
  • 発売日: 1996/7/1
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 3.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 245,502位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。昭和解体